ゆでうどんを冷凍するとまずい理由!賞味期限はいつまで?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約8分で読めます。

ゆでうどんを冷凍するとまずい理由
最近はうどんもブームなのか、うどん専門店が増えてきました。

でも、やっぱり食べる機会が一番多いのが、スーパーで買ったゆでうどん!

たぬき、きつね、あとはカレーうどんなど我が家でも週に一回くらいは食べています。

だから、スーパーで安売りしていると、ついまとめ買いしちゃうんですよね。

知らない人もいるかもしれませんが、ゆでうどんは冷凍保存ができるんですよ。

しかも、けっこう長持ちするので、買いだめをオススメしたいですね。

ただ、いつまで食べられるか不安に思う人や、一部では冷凍するとまずくなるというウワサもささやかれます……。

というわけで、この記事では

  • ゆでうどんを冷凍したときの賞味期限
  • ゆでうどんを冷凍するとまずいと感じる原因
  • ゆでうどんの冷凍&解凍方法

などなど、冷凍フリークのワタシがゆでうどんをどうやって冷凍しているか、コツなどをまとめてご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゆでうどんを冷凍した場合の賞味期限!いつまで食べられる?

ゆでうどんを冷凍した場合の賞味期限は、1ヶ月間です。

つまり冷凍した日から1ヶ月以内に食べきればOK。

意外と長いと思いませんか?

ゆでうどんの賞味期限は2~3日なので、約10倍まで伸びる計算です!

食感やニオイ移りを気にしなければ、3ヶ月間くらい冷凍しても食べられますが、いちおう「おいしく食べられる限度」でいえば、1ヶ月を目安にしましょう。

※ゆでうどんを冷凍した場合の賞味期限は2~3週間だと紹介する記事もありますが、私の実体験からいうと余裕で1ヶ月は平気ですよ。

生うどんを冷凍した場合の賞味期限は?

生うどんは、製麺した状態のまま、一切茹でられていない麺です。

さわると微細な粉が指につくようなタイプですね。

この生うどんは含まれている水分が少ないため、賞味期限は2ヶ月と長めです。

一度茹でたうどんでも冷凍できる?

ビニールパックに入って売られている「ゆでうどん」は、生産過程ですでに茹でられています。

それを家庭で食べる場合も、軽く茹でるのが普通ですが、そうして自分で一度茹でたあとのうどんも冷凍するのはまったく問題ありません!

ちなみに一度茹でたうどんでも賞味期限の目安は1ヶ月です。

※冷凍したうどんを「ざるうどん」として食べる場合には、冷凍前に茹でておいたほうがおいしく食べられると思います。

ゆでうどんを冷凍すると「まずい」と感じる3つの理由

ゆでうどんを冷凍すると「まずい」と主張する意見も聞かれます。

しかし、それは冷凍や解凍の方法を誤っているためですよ。

まずいと感じる理由がこの3つにあります。

  • 冷凍する時間が長すぎるため
  • 冷凍方法に問題があるため
  • 解凍方法に問題があるため

冷凍する時間が長すぎるため

先ほども書いたように、ゆでうどんを冷凍した場合の賞味期限は最大で1ヶ月間です。

これ以上、冷凍するとどうしても「冷凍焼け」を起こし、ボソボソした食感になってしまいます……。

できるだけおいしく食べるなら、1ヶ月より3週間以内、3週間より2週間以内と「なるべく早く」を心がけることが大切ですよ。

※冷凍焼けとは、食品の水分が抜けたり、油が酸化してしまう変化のこと。

冷凍方法に問題があるため

ゆでうどんを冷凍する際に、ちゃんと密封された容器に入れないと、どんどんと水分が抜けてしまい冷凍焼けが進みます。

冷凍庫内の空気に触れやすい状態に置くと、食感がボソボソになる(冷凍焼け)以外にも、冷凍庫独特の匂いが移ることも。

いわゆる「ニオイ移り」が起こり、うどんを食べるときに冷凍庫の匂いが鼻をついて著しく風味を残ってしまいます……。

食感の低下と匂い移りから、まずいと感じるのは必然ですね。

※正しい冷凍方法はこのあとご紹介します。

解凍方法に問題があるため

冷凍したゆでうどんを解凍するときに、「自然解凍」を選ぶと、確実にまずくなります。

自然解凍とは、常温の部屋や冷蔵庫に移して、自然に解凍をされるのをじっと待つ方法。

なぜ自然解凍がまずいかというと、解凍時にうどんから水分が滲み出し、コシのない柔らかい食感になってしまうため。

たかが解凍とあなどらず、正しい解凍方法を知っておくべきですね。

※解凍方法はこのあとご紹介します。

ゆでうどんの冷凍方法

では、ゆでうどんを実際に冷凍する際の正しいやり方を解説していきます。

容量や茹でる前/茹でた後で多少やりかたが違うので、ご注意下さい。

1玉ずつの小袋の場合

1玉30円くらいで売ってるような小袋のゆでうどんの場合は、その袋のまま冷凍庫に入れてしまえばOKです。

もし小さな穴でも開いていたら……と心配性の方は、袋から取り出してラップで包んでから、フリーザーバッグ(ジップロック等)に入れて冷凍しましょう。

2~3玉ずつ入った大袋の場合

2~3玉が入ったお徳用の大袋のうどんの場合は、小分けにして冷凍するのがベスト。

  1. 大袋から1玉(一食分)を取り出す
  2. 1玉を1枚のラップに包む
  3. フリーザーバッグ(ジップロック等)に入れる
  4. 中の空気を抜いて袋を閉め、冷凍庫に入れる

フリーザーバッグが大きめなら、それぞれラップに包んだ2~3玉のゆでうどんをまとめて入れてしまってもいいでしょう。

※なるべく早く冷凍させるため、うどんを平らに広げて冷凍庫に寝かせ、できれば急速冷凍モードを使うといいでしょう。

一度茹でたうどんの場合

茹ですぎて食べきれずに残ってしまった場合。

そんなときは、うどんを冷ましてから水気をしっかり切り、冷凍しましょう。

この場合も、1玉ずつ個別にラップに包んだ後、フリーザーバッグに詰め込んで冷凍庫に入れればOKです。

小分けにして食べる場合の冷凍方法

1玉のゆでうどんでも、ひとりで食べるには多すぎると感じる少食の方もいらっしゃるはず。

そういう方は、1玉のうどんが入ったビニールパックを真ん中半分で折り、2パートに分断させてから冷凍するといいですよ。

こうすると、1玉の半分だけを食べて、残りをそのまま冷凍しておくことが可能です。

ゆでうどんの解凍方法

次に冷凍しておいたゆでうどんを解凍して食べるときの方法です。

温かいうどんor冷たいうどん、どちらで食べるかで解凍方法が変わってきますよ。

温かいうどん(かけうどん)として食べる場合

きつねうどん、たぬきうどん、カレーうどんなど温かい「かけうどん」として食べる場合は、解凍する必要はありません!

凍ったままのゆでうどんをそのまま汁に入れて、茹でてしまえばOK。

熱い汁で数分煮込めば、カチカチの麺も溶けて、おいしく召し上がれます。

冷たいうどん(ざるうどん)として食べる場合

夏などに冷たい「ざるうどん」として食べる場合は、電子レンジで解凍します。

電子レンジでの解凍方法がコチラ。

  1. 凍ったゆでうどんを冷凍庫から取り出す
  2. 電子レンジに入れて600Wで1分加熱する
  3. 電子レンジを開けてゆでうどんを上下ひっくり返す
  4. 600Wでさらに1分ほど加熱する
  5. 電子レンジから取り出し、冷水で冷やす

1分加熱したら上下をひっくり返すことで、全体にムラ無く熱が入り、上手に解凍ができます。

解凍とは言え、全体が温まってしまうので、食べる前に冷水で冷やしてくださいね。

※電子レンジでの加熱時間は、機種によってパワーが違うため、様子を見ながら加減してください。(1000Wなら半分の30秒でいいかも)

ゆでうどんと冷凍うどんの違い

同じメーカー製のうどんなのに、ゆでうどんと冷凍うどんでは微妙に違うと感じていませんか?

では、具体的にどのへんに違いがあるのか、表にしてまとめてみました。

うどんの種類 生地の種類と茹で方 麺の食感 向いた料理
ゆでうどん 同じ コシがなく柔らかい 煮込みうどん・焼きうどん
冷凍うどん 同じ コシがあり弾力がある ざるうどん

そう、実は両者とも生地や茹で方は一緒なんです。

でも、食感や向いた料理には大きな違いが!

ゆでうどんは、茹で上がったあとにそのまま袋に詰められるので、熱が中心まで浸透し、麺全体がやわらかくコシがなくなってしまいます。

一方の冷凍うどんは、茹で上がったあと、急速冷凍されるため麺の中心部は硬いまま。

そのため、コシがあり弾力がある食感になるんですね。

ただ、必ずしも冷凍うどんが美味しいというわけではなく、それぞれ向いた料理があるため、使い分けするのが賢い選択ですよ。

※私は鍋のシメに冷凍うどんを入れて食べてましたが、いくら煮ても味が染み込まないのが不思議でした。そういうときはゆでうどんが向いてるんですね。

冷凍したゆでうどんを使ったアレンジレシピ

最後に冷凍しておいたゆでうどんをおいしく頂くための一風変わったレシピをご紹介します。

冷凍してもうすぐ1ヶ月になるけど、どうやって食べたらいいか思いつかないときに試してみてください。

油そば風うどん

冷凍したゆでうどんを電子レンジで解凍し、どの家にもありそうな調味料だけで作る油そば風のうどん。

それこそ解凍から、調味料を和えるまで合計10分もかからずに仕上がりますよ。

ナポリタン風うどん

ナポリタンスパゲティの麺をうどんに置き換えたアレンジレシピ。

フライパンを使わず、耐熱容器と電子レンジで加熱して混ぜるだけで完成します。

失敗無しで、お子さんもきっと喜ぶ味に!

釜玉塩バターうどん

丸亀製麺やはなまるうどんの定番メニュー「釜玉うどん」のアレンジ版。

ネギを刻んで生卵と混ぜて、塩コショウするだけの簡単レシピです。

まとめ

ゆでうどんの冷凍についてお伝えしてきました。

あらためて要点をおさらいしましょう。

  • ゆでうどんは冷凍すると1ヶ月間が賞味期限
  • 一度ゆでたうどんでも冷凍して大丈夫
  • 冷凍しすぎ・冷凍方法が雑・解凍方法に誤りがあるとまずくなる
  • 1玉ずつの小袋はそのまま冷凍すれば良い
  • 大袋入りは1玉ずつラップにくるみフリーザーバッグにいれて冷凍する
  • 温かいうどんとして食べる場合は汁に入れて煮れば良い
  • 冷たいうどんとして食べる場合は電子レンジでチンする

賞味期限が迫っているため安売りしているゆでうどんを買い占めて、帰宅後、すぐに冷凍すれば1ヶ月は保ちます。

時間がなくて料理をする余裕がないときに、最後にご紹介したアレンジレシピで手抜きうどんを試してみてはいかがでしょうか。

フード・ドリンク
このブログをRSSに登録する
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

新しい季節

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました