海奈渡ナナ

自然・科学

木蓮を庭に植えてはいけない3つの理由|死を連想させる?

春になると白や紫の大きな花が咲く木蓮。蕾が膨らむ時期には「白い鳥が木に留まっている」と勘違いするほど、見栄えのする花木です。しかし、一部の人からは「庭には植えてはいけない」と否定的な意見もチラホラ……。そこで今回は【1】木蓮を庭に植えてはいけない理由【2】木蓮を庭で育てるポイント【3】植えるメリットを解説します。
自然・科学

アロエを庭に植えてはいけない3つの理由|増えすぎ注意報!

薬用や食用として昔からおなじみのアロエ。根強い人気があり、街を歩けば民家のあちこちで見かける植物です。しかし、「庭に植えてはいけない」との悪い評判も聞こえてきます。【1】そこで今回はアロエを庭に植えてはいけない理由【2】アロエを庭で育てる注意点【3】庭に植えるメリットを解説します。
自然・科学

西洋ニンジンボクを植えてはいけない3つの理由|毒性が?

紫や白の花が美しく、さわやかな木の姿から人気がある西洋ニンジンボク。葉の形が朝鮮人参に似ているため、その名が付きました。(英語名は「チェストツリー」)庭に植える人も増えていますが、一方では「植えてはいけない」と反対する声も。そこで今回は【1】西洋ニンジンボクを植えてはいけない理由【2】西洋ニンジンボクを安全に育てるポイント【3】庭に植えるメリットを解説します。
自然・科学

オリーブを植えてはいけない11の理由|後悔する人が続出?

シンボルツリーとして大人気のオリーブ。しかし、実際に植えた人の話を聞くと「後悔している」とか「植えてはいけない木」といった悪評も。そこで今回は【1】オリーブを植えてはいけない理由【2】オリーブを安全に庭で育てる注意点を解説します。
自然・科学

【必読】ペニーロイヤルミントを植えてはいけない4つの理由

シソ科のハーブであるペニーロイヤルミント。地を這う「ほふく性」で、花も咲くのでグランドカバーとして人気があります。和名である「メグサハッカ」から想像がつくように、清涼な香りが心地よいのも魅力的。しかし「植えてはいけない」との声も聞こえてきませんか?そこで今回は【1】ペニーロイヤルミントを植えてはいけない理由【2】ペニーロイヤルミントを安全に育てるポイント【3】庭に植えるメリットを解説します。
自然・科学

グレコマを植えていけない3つの理由「500倍に増えた!」

安価なグランドカバーとして重宝されるグレコマ。しかし「植えてはいけない」とのウワサも聞こえてきます。そこで今回は【1】グレコマを植えてはいけない理由【2】グレコマの繁殖を抑えて栽培するコツ【3】庭に植えるメリットを解説します。
自然・科学

コシアブラを庭に植えてはいけない2つの理由|15mに?

新芽は「山菜の女王」とも呼ばれ、山野に分け入って収穫する人もいるコシアブラ。そんな熱意が高まって「自宅にコシアブラの木が欲しい」と思う人も多いですが、「庭に植えてはいけない」との声も。そこで今回は【1】コシアブラを植えてはいけない理由【2】コシアブラを庭で育てるコツ【3】入手方法にまつわるQ&Aを解説します。
フード・ドリンク

賞味期限&消費期限まとめ!期限切れはいつまで食べられる?

冷蔵庫やストック場所で「あっ、食べ忘れてた!」と気づいて慌てることがありませんか?そんなとき「いつまで食べられるんだろう?」、「賞味期限が切れてるけど平気かな?」と不安に思うはず。そこでここでは、各種食品の賞味期限や消費期限の目安と、賞味期限切れや消費期限切れから食べられる限度について一覧にしてまとめました。
自然・科学

カクトラノオを植えてはいけない2つの理由|大繁殖のリスク

北米が原産地の多年草(宿根草)であるカクトラノオ。シソ科なので小さな花がたくさん付いて華やかですが、一部の人からは「植えてはいけない」と警告される要注意な存在!そこで今回は【1】カクトラノオを植えてはいけない理由【2】カクトラノオを安全に庭で育てるコツ【3】植えるメリットを解説します。
自然・科学

カラミンサを植えてはいけない3つの理由|ハチの襲来と増殖

カラミンサはミント系の香りが爽やかなハーブの一種。「ネペタ」や「グランディフローラ」といった品種が人気です。しかし、一部では「植えてはいけない」とのストップをかける意見も!そこで今回は【1】カラミンサを植えてはいけない理由【2】カラミンサを植える際のQ&Aを解説します。
error: