自然・科学

自然・科学

西洋ニンジンボクを植えてはいけない3つの理由|毒性が?

紫や白の花が美しく、さわやかな木の姿から人気がある西洋ニンジンボク。葉の形が朝鮮人参に似ているため、その名が付きました。(英語名は「チェストツリー」)庭に植える人も増えていますが、一方では「植えてはいけない」と反対する声も。そこで今回は【1】西洋ニンジンボクを植えてはいけない理由【2】西洋ニンジンボクを安全に育てるポイント【3】庭に植えるメリットを解説します。
自然・科学

オリーブを植えてはいけない11の理由|後悔する人が続出?

シンボルツリーとして大人気のオリーブ。しかし、実際に植えた人の話を聞くと「後悔している」とか「植えてはいけない木」といった悪評も。そこで今回は【1】オリーブを植えてはいけない理由【2】オリーブを安全に庭で育てる注意点を解説します。
自然・科学

【必読】ペニーロイヤルミントを植えてはいけない4つの理由

シソ科のハーブであるペニーロイヤルミント。地を這う「ほふく性」で、花も咲くのでグランドカバーとして人気があります。和名である「メグサハッカ」から想像がつくように、清涼な香りが心地よいのも魅力的。しかし「植えてはいけない」との声も聞こえてきませんか?そこで今回は【1】ペニーロイヤルミントを植えてはいけない理由【2】ペニーロイヤルミントを安全に育てるポイント【3】庭に植えるメリットを解説します。
自然・科学

グレコマを植えていけない3つの理由「500倍に増えた!」

安価なグランドカバーとして重宝されるグレコマ。しかし「植えてはいけない」とのウワサも聞こえてきます。そこで今回は【1】グレコマを植えてはいけない理由【2】グレコマの繁殖を抑えて栽培するコツ【3】庭に植えるメリットを解説します。
自然・科学

コシアブラを庭に植えてはいけない2つの理由|15mに?

新芽は「山菜の女王」とも呼ばれ、山野に分け入って収穫する人もいるコシアブラ。そんな熱意が高まって「自宅にコシアブラの木が欲しい」と思う人も多いですが、「庭に植えてはいけない」との声も。そこで今回は【1】コシアブラを植えてはいけない理由【2】コシアブラを庭で育てるコツ【3】入手方法にまつわるQ&Aを解説します。
自然・科学

カクトラノオを植えてはいけない2つの理由|大繁殖のリスク

北米が原産地の多年草(宿根草)であるカクトラノオ。シソ科なので小さな花がたくさん付いて華やかですが、一部の人からは「植えてはいけない」と警告される要注意な存在!そこで今回は【1】カクトラノオを植えてはいけない理由【2】カクトラノオを安全に庭で育てるコツ【3】植えるメリットを解説します。
自然・科学

カラミンサを植えてはいけない3つの理由|ハチの襲来と増殖

カラミンサはミント系の香りが爽やかなハーブの一種。「ネペタ」や「グランディフローラ」といった品種が人気です。しかし、一部では「植えてはいけない」とのストップをかける意見も!そこで今回は【1】カラミンサを植えてはいけない理由【2】カラミンサを植える際のQ&Aを解説します。
自然・科学

オキザリスを植えてはいけない5つの理由|庭が地獄絵図に?

事情通 オキザリスは繁殖力が強く、不要になっても駆除するのが難しいため、植えてはいけないとされています。 白やピンクの花が咲き、グランドカバーとしても人気のオキザリス。 しかし、花壇などに植えると大変なことになるというウワサが! そこで今回...
自然・科学

ベロニカオックスフォードブルーを植えてはいけない理由2選

小さな青い花がカーペット状に咲くベロニカオックスフォードブルー。グランドカバーの一種でとても人気がある品種です。しかし、「植えてはいけない」との批判的な声も聞こえてきます。そこで今回は【1】 ベロニカオックスフォードブルーを植えてはいけない理由【2】ベロニカオックスフォードブルーを丈夫に育てるポイント【3】庭に植えるメリットを解説します。
自然・科学

ムクゲを植えてはいけない3つの理由|短命を連想する凶木?

公園でよく見かけるムクゲ(木槿)。大きくて美しい花が咲くため、庭木として自宅で栽培する人もたくさんいらっしゃいます。しかし、一部では「植えてはいけない木」として、かたくなに避ける人も。そこで今回は【1】ムクゲを植えてはいけない理由【2】ムクゲを安全に庭で育てる注意点【3】植えるメリットを解説します。
error: