日本橋は何区?銀座と大阪の2箇所をマップ付きでご紹介!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

日本橋は何区?

「日本橋」といえば、東京と大阪の二箇所にある有名な地名。

世界中から多くの観光客を集める人気スポットのひとつです。

しかし、意外と「何区にあるか?」と訊かれたら、正確に答えられる人は少ないですよね。

そこで、この記事では

  • 銀座の日本橋は何区にある?
  • 大阪の日本橋は何区にある?
  • それぞれの日本橋はどのあたりにある?

こんな情報を地図を使って、普段から地図を眺めるのが好きで地理にはちょっと詳しいライターの私がご紹介していきましょう。

これを知っておけば、クイズでも観光案内でも恥をかかないで済みますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

銀座の日本橋は何区にある?

答えからいうと、銀座の日本橋は中央区にあります。

地図で中央区の位置を確認してみてください。

東京都中央区の位置

一般的に銀座の「日本橋」といえば、中央区を流れる日本橋川にかかる橋を指します。

GoogleMapで日本橋の位置を確認してみましょう。

まさに東京のど真ん中あり、日本のど真ん中!

「日本」という名前を冠するのに不足はありません。

中央区には「日本橋」という町名もある

中央区には日本橋にちなんで付けられた「日本橋」という町名もあります。

GoogleMapで確認するとこのあたり。

赤い線で囲われた一帯が東京中央区日本橋という地区。

商業地のため人口は少なく、約340名ほど。

東京駅の東側にあるごく狭い範囲です。

スポンサーリンク

大阪の日本橋は何区にある?

大阪の日本橋は、中央区と浪速区の2つの区にまたがっています。

割り振りはこの通り。

  • 日本橋一丁目と二丁目:中央区
  • 日本橋三丁目~五丁目:浪速区

地図で中央区と浪速区を確認してみましょう。

大阪市の中央区と浪速区

一般的に「大阪の日本橋」といえば、大阪市中央区と浪速区の町名か、その周辺地域を指します。

三丁目から五丁目にかけて「でんでんタウン」という名称の電気街が有名で、秋葉原と同様に近年ではゲームやアニメなどオタクグッズを求める人で賑わっています。

※銀座の日本橋は「にほんばし」と読みますが、大阪の日本橋は「にっぽんばし」と読みます。

道頓堀に架かる橋も日本橋と呼ぶ

地域名の他に大阪には日本橋という橋もあります。

それが道頓堀川に架かる堺筋の橋。

GoogleMapで位置を確認してみましょう。

読み方はもちろん「にっぽんばし」。

江戸幕府によって架けられた公儀橋(こうぎばし)です。

※公儀橋とは、江戸幕府の経費で作られ、維持された橋のこと。

銀座の日本橋の名前の由来

いわゆる「五街道」と呼ばれる日本を代表する道路の起点となるのが、この日本橋です。

五街道とは、この5つ。

  • 東海道
  • 日光街道
  • 奥州街道
  • 中山道
  • 甲州街道

日本橋の名前の由来は、江戸の中心のみならず、ここが街道の起点(=日本の中心地)という意味合いも含まれていたようです。

また、他にも

  • 当初は2本の木を渡した仮設橋(二本橋)であったから
  • 日本中から人が集められて架けられた橋だから
  • 朝日が昇る光景を眺められるから

という説もあるとか。

江戸幕府が開府された1603年に完成した日本橋。

現在の石造りの橋梁は1911年に架替えられた立派なものですが、首都高速道路が上を通っているため景観を損ねています。

そこで東京オリンピック・パラリンピック以後に首都高速を地下に移設し、本来の日本橋の景観を取り戻そうとする計画があります。

大阪の日本橋の名前の由来

日本は本来は「にっぽん」と読むのが正式でした。

大阪の日本橋は架設当初から「にっぽんばし」と名付けられ、「日本一の橋」というプライドがあったようです。

しかし、銀座の日本橋は江戸城を築城するために仮設された粗末な2本の橋なので、二本橋(にほんばし)。

それがのちに日本橋と変更されましたが、すでに大阪に「にっぽんばし」があっため、従来の呼び方である「にほんばし」が残ったとか。

  • 銀座の日本橋が架けられたのは1603年
  • 大阪の日本橋が架けられたのは1619年

古さでは銀座のほうが先輩ですが、先に名前を取られてしまったので、「にほんばし」の読み方が残ったと言われています。

スポンサーリンク

まとめ

日本橋は何区にあるかというと

  • 銀座の日本橋は東京都中央区
  • 大阪の日本橋は大阪市中央区と大阪市浪速区

これが正解です。

どちらも橋を中心とした地域という共通点がありますね。

子育て・教育
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をSNSに投稿する
新しい季節