保険証を紛失!悪用防止のための手続き※まず警察に届け出よう

久しぶりに風邪をひいて病院にかかるとき、診察券と一緒に保険証を出そうとしたとき。

あれ?おかしいな。いつもここに入れているはず…財布はもちろんかばんを探ってもどこにも無い!?

その日はとりあえず全額自己負担で支払って、自宅に帰って思い当たるところを探すも見つからず!

いつからなかったんだろう?どこで落としたんだろう?…想像するだけで血の気が引きます(汗)

保険証って落としてしまうとどうなってしまうんでしょうか。まず、落としたときにするべき行動は何なんでしょうか。

分かりやすく簡潔にお知らせします。

スポンサーリンク


【2ステップ】保険証を紛失した!と気づいたときにやること

保険証を失くしてしまったことに気づいたら、まずやることはこの3つです。

この2ステップを順番ごとに、なるべく早く行動しましょう。

1)警察に届け出る

まず、紛失したと気づいたら、警察に届け出ます。

警察署でなくても、近所の交番で構いません。

そこで遺失届を提出し紛失証明書をもらいます。

こうしておけばもし保険証が見つかった場合にすぐに連絡をもらうことができます。

また、警察に届け出ておくことで悪用を未然に防ぐこともできます。

 

2)個人信用情報機関へ連絡

個人情報信用機関とはクレジットカードの使用履歴や借金があるかどうかなどの個人の信用を管理する機関です。

登録にはお金がかかりますが、ここへ連絡しておくと、万が一悪用されそうになったとき、悪用される前に防ぐ事ができます。

保険証をなくしたら再発行の手続きよりも、まず、紛失したことをまず警察に届け出ることが最も大切です。

紛失したことをしっかりと届け出て一旦落ち着いたら、そこでようやく再発行の手続きに移りましょう。

再発行の手続きについてのくわしい方法は保険証を紛失!再発行の手続きが1分で分かるカンタン解説をご覧ください。

健康保険証

ただ、落としたらヤバそうだなぁとおもう健康保険証ですが、それを使っての悪用って、いまいちピンときませんよね…

悪用の例も調べてみました。

【3パターン】保険証はどんな悪用をされるのか?

保険証を落としてしまい、それが悪意を持った人に拾われた場合、この3パターンの悪用の恐れがあります。

■なりすましによる医療機関への受診

保険証をもっていない人が、保険証の本人になりすまして受診するという立派な詐欺行為。

もし、本人が同じ病院にかかる事になった場合、医療事故に繋がることもあるので危険です。

また、この保険証を悪用する場合は信用調査機関や警察とは関わりがないため、防ぐことがきわめて困難になるケースです。

念のため、初めて受診する病院は初診であることを確認しましょう。

■金融機関でお金を借りられてしまう

保険証だけで融資を受けられる金融機関もあります。

そこでなりすましてお金を借りられてしまうケースもあります。

■口座開設される恐れがある

口座開設には保険証と、公共料金の領収書があれば開設できます。

もし保険証が悪用目的で盗まれた場合、振込詐欺用の口座を開設され、警察に凍結されてしまった場合、その銀行では口座が開設できなくなってしまいます。

【健康保険証の「ある番号」で所持者の情報がバレてしまうそうです】

まずは落ち着いて警察に連絡!

必要以上におびえることは無いとは思いますが、いくつか悪用の例を挙げたように、悪用される可能性はゼロではありません。

紛失してしまったことに気づいたら、まず落ち着いて、

警察に連絡!ですよ!

無事見つかったり、残念ながら見つからず再発行になったあとは、二度と失くさないように紛失防止グッズをサイフにつけておきましょう。

これがあるとサイフを落としてもスマホでどこにあるか分かるんです!

-雑学・トリビア