サンタさんの正体をいつばらす?子供に正体は親だと告白する方法

サンタさんの正体をいつばらす?子育て・教育
スポンサーリンク

サンタさんの正体をいつばらす?

クリスマスが近くなると、お子さんのいるご家庭では、クリスマスプレゼントの準備に追われる時期になってきます。

親がクリスマスプレゼントを用意するうえで大変なのは、サンタの正体を隠さないといけないこと!

小学校低学年くらいまでは、サンタクロースを信じている子どもがたくさんいますから。

サンタを信じる事ができるのは、子どもの特権ですよね。

しかし、いつかはその正体を伝えなくてはいけない時が来ます。

そんな時に、親は「いつ」・「どういうばらし方をするべきなのか」を子供を持つ私なりの考え方をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サンタの正体をばらすのは何歳が常識?

袋を背負ったサンタクロース

よく「子どもにサンタの正体をばらすのは何歳がいいのか?」なんて疑問を耳にしますが、なぜ子どもにサンタの正体をばらす必要があるのでしょうか?

それは、大人になるために必要なことだからですよね。

大人である我々はみんな「サンタが親であるという事」を知っていますから。

周りの友達がサンタの正体に気付き始めたときや、ある程度大人と認識される中学生になるまでが、サンタを信じる限界ではないでしょうか?

そのため、世間一般では小学校高学年の子どもには「サンタの正体は親」だと伝えるべきと考える人が多いようです。

あまり長い期間サンタの正体をばらさずにいると、逆に子どもがバカにされたりする原因となるので、その辺りの見極めは大切ですね。

ですから中学校に上がる前には最低限、気付かせておくべきですね。

サンタの正体を知る平均的な年齢

こちらの動画を見ると「サンタを信じていたのは12歳まで」という日本人が多いですね。

中学に上がる前までにはサンタの正体をばらすべきだと書きましたが、やっぱり小学校を卒業する頃までには親から知らされるか、自然と自分で気づくかして「真実」を知るみたいです。

ただ、私が独自に調べたデータによると、サンタの正体を知る平均な年齢は小学校4年生(9~10歳)でした。

だいたいの子どもは、4年生にもなると、周りの友達から教えてもらったり、親の言動を怪しいと感じ始めるのだとか。

そのため、子どもの方から「サンタの正体はお父さん、お母さんじゃないの?」という質問をしてくるケースも少なくないようです。

小学校4年生はちょうど10歳になる年なので、区切りの年という事で伝える人もいます。

スポンサーリンク

年齢に合わせたサンタの正体のソフトな伝え方

小学生の間には伝えた方が良いと書きましたが「小学校1年生になったらすぐに伝える!」というのは、あまりに早すぎるし、残酷すぎます……。

それにサンタの正体をばらす方法も年齢によって違ってきます。

ここでは、学年別にどのように伝えるべきかをまとめてみましょう。

  • 低学年(1~2年生)→まだまだ夢を見ていてほしい(まだ内緒)
  • 中学年(3~4年生)→本人が気づいたら、それとなく伝える
  • 高学年(5~6年生)→本人がまだ気づいていなかったら、サンタの正体を伝える

このような感じで「秘密」を告白するのが良いと思います。

小学校の中学年(3~4年生)の場合は、本人が気づいた時だけ

  • 「サンタさんは忙しいから、パパとママがプレゼントを預かっておいたんだよ」
  • 「サンタさんはとっても忙しいから、代わりにお母さんがプレゼントをあげるね」

など、遠回しに伝えてあげるのがいいかもしれません。

まだグレーゾーンぐらいにしていても良い年齢かとは思います(笑)

高学年になったら、率直にサンタはもう来ないという事をハッキリ伝えて良いと思います。

でも、いきなりだとショックを受ける子もいると思うので、

「あなたはもう高学年だから、サンタさんにはもっと小さい子ども達にプレゼントを渡してもらいましょう!今年からはパパとママがプレゼントをあげるね♪」

など上手に言って、徐々に現実を受け入れてもらう方法をとるのもありですね。

スポンサーリンク

【まとめ】サンタの正体を知っても、傷つくのは一瞬!

子どもにサンタの正体を伝えるのは、とても可哀想だと思ってしまいますよね。

1ミリも疑っていない子どもなら尚更です。

いつまでも「サンタを信じる子どものままではいられない」という事実を突きつけるのは親としても辛いですよね(泣)

でも、自分が子どもの頃を振り返ってみると、サンタの正体を理解した瞬間はとてもショックでしたが、なんかちょっと大人になった気持ちもしませんでしたか?

私の場合は「もう今年からはサンタさん来ないからね。だからお母さんがプレゼント買ってあげる」とデパートのゲーム売り場で言われました。

その時はあまり理解せず、お目当てのゲームをプレゼントとして買ってもらったのですが、数日経ってから、何となくそういうことなのかと分ってきました。

知ってから半日くらいは辛かったですが、その後は、自分が知らなかった世界を知って、大人の仲間入りをしたような誇らしい気持ちになった事を覚えています。

子どもってそういうものです(笑)

これも大人になる為の通過儀礼だと思って、必要な時が来たら、しっかりと子どもに真実を伝えてあげてくださいね♪

子育て・教育
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をSNSに投稿する
新しい季節

コメント