小学生の修学旅行の持ち物【男子&女子】持っていけばよかった物3選

小学生の修学旅行の持ち物子育て・教育
スポンサーリンク

小学生の修学旅行の持ち物

6年間小学校に無事に通い、最後の大イベントになる修学旅行。

子どもたちも、もちろん楽しみでドキドキに違いありません。

それと同じくらい、ご両親も我が子が家から離れて宿泊することにドキドキなのではないでしょうか?

そこで、今回はこんな特集をお届け!

  • 小学生(男子・女子)の修学旅行の持ち物
  • 修学旅行用のバッグや雨具を選ぶポイント
  • 「持っていけばよかった」と後悔する物

もらってきた「しおりの案内通り」に荷物を持たせることはもちろん必須ですが

海奈渡ナナ
海奈渡ナナ

さらにもう一声!これがあれば便利だったり、助かったりするアイテムをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【男子・女子共通】小学生の修学旅行に必須な持ち物

まずは、パンフレット(しおり)に書いてあるであろう持ち物をご紹介します。

基本的な持ち物は男子と女子で共通ですよ。

  • 両手が空くバッグ
  • お土産用バッグ(小さくたためるエコバッグ)
  • お金(大体3000円ぐらい)
  • 筆記用具
  • 修学旅行のしおり
  • 洗面用具
  • タオル
  • 下着
  • 靴下
  • 夜寝る時用の部屋着
  • 着替え
  • 雨具(折り畳み傘やレインコート)
  • おやつ
  • 水筒
  • カメラ(使い捨てカメラOKの学校は多い/中にはデジカメOKの学校も)
  • 乗り物酔い止めの薬
  • 時計(班長さんだけの学校が多いです)

こんなところが基本でしょうか。

スポンサーリンク

修学旅行用のバッグや雨具を選ぶ時のポイント

小学校の修学旅行
必須な持ち物でも、色々な工夫ができますよ。

たとえば、荷物全て入れなければならないバッグは、リュックサックが多いですが、こんなバッグも便利です。

  • ボストンバッグ(斜めがけできる)
  • スポーツバッグ(両手が開く上に取り出しやすい)

しかも、中学生になっても斜めがけバッグは部活動等にも使えるので、長く使う事ができてお得です。

さらに、雨具は、きちんとしたものを持たせてあげた方がいいです。

もちろん高価なものではなく、普通のクオリティで十分。

海奈渡ナナ
海奈渡ナナ

私の経験上、100円均一等のレインコートは雨をほとんと防いでくれません!かなり濡れます。

折り畳み傘もできるなら、軽量で強い素材のものを持たせてあげてください。

急な雨で濡れて風邪を引いてしまわないようにしてあげたいですね。

修学旅行に持っていけばよかった!便利グッズ3選

修学旅行に出かけた本人(小学生)、または親が

あれを持っていけばよかった(持たせればよかった)

と帰宅してから気づく便利グッズがこちらの3つです。

  • 常備薬
  • 小学生向けの防犯ブザー
  • 生理用品+生理用ショーツ(女子の場合)

常備薬

バスでの移動が多いため、酔い止めの薬はよく書かれています。

しかし、それ以外で忘れると困るのが常備薬。

  • 鼻炎がある子なら鼻炎薬
  • 胃腸が弱い子なら整腸剤
  • 肌が弱い子ならかゆみ止め

これらは必須です。

ただ、子ども同士で薬を分け合うと思わぬ事故に繋がることがあるので、持たせる際にキチンとお子様に

お薬はお友達に分けないようにね!

と、いい聞かせてから持たせるようにしてください。

防犯グッズ

悲しいことに修学旅行生を狙ったカツアゲや、犯罪に巻き込まれるケースが発生しています。

事情通
事情通

確実にお金(小遣い)を持っていて、腕力や土地勘が無い小学生はターゲットになりやすいんです。

万が一、犯罪に巻き込まれそうになったときのために防犯ブザー持たせてあげてください。

【小学生向けの防犯ブザー】

生理用品+生理用ショーツ(女子の場合)

修学旅行は大体6年生で行くので、子どもたちは12歳。

生理がいつ始まってもおかしくない時期でもあります。

まだ始まっていない子でも一通り持たせてあげておいた方が安心ですよ。

なお、子供さんの修学旅行時期は重なるものです。

高校生や中学生の兄や姉がいらっしゃるなら、一緒に旅行準備を整えると効率的ですよ。

修学旅行の持ち物リスト※中学生編:男子と女子で必須なモノ
修学旅行の持ち物リスト【高校生】女子と男子で必須な物は?

スポンサーリンク

まとめ

  • バッグは斜めがけボストンやスポーツバッグがオススメ
  • 雨具はしっかりしたものを
  • +αは常備薬、現金、防犯グッズと女子の場合は生理用品

修学旅行の他にも「お泊まりイベント」がある学校が多いですので、家から離れて宿泊することは初めてではないかもしれません。

それでも親元から離れて泊まるとなると、いろいろと心配ですよね…!

みんなと同じようにしおりに書いてある通りに持ってきてもいろいろ工夫はできます。

「工夫」と言っても、もちろん高価なものを持って行くということではありません。

我が子が安全に、そして心置きなく修学旅行を楽しめるようにという愛情いっぱいの荷物にするということですね。

それに+αの荷物まであれば完璧!

初めての修学旅行がステキな思い出いっぱいの楽しい旅になりますように。

子育て・教育
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をSNSに投稿する
新しい季節

コメント