スポンサーリンク

【サックサク!】マックのアップルパイの温め方のコツとは?

プロモーションが含まれます

【サックサク!】マックのアップルパイの温め方のコツとは?

この記事では、マックのアップルパイを美味しく温める方法を紹介します。

上手に温めれば、アップルパイの中のフィリングがとろりとした食感になったり、クリスピーなパイ生地がサクサクとした食感に復活します。

しかし、温め方を間違えると、アップルパイの中のフィリングが飛び出してしまったり、パイ生地が焦げてしまったりすることもあるため、注意が必要。

マックのアップルパイは、温め方によってその食感や味わいが大きく変わるため、正しい温め方を知ることはとても重要です。

そこで今回は、

  • マックのアップルパイのNGな温め方
  • 正しい温め方のポイント
  • アップルパイの味や食感が引き立つアレンジレシピ

を紹介します。

この記事を読むことで、あなたはマックのアップルパイを美味しく温めるコツを学び、自宅で手軽に美味しいアップルパイを楽しむことができます。

マックのアップルパイをより美味しく楽しむためのコツを身につけましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マックのアップルパイのNGな温め方

マックのアップルパイを温めるとき、よくやってしまうNGな温め方がこの2つです。

  • 電子レンジで長時間温めてしまう
  • トースターで長時間焼いてしまう

どうしてダメなのか、問題点をまず頭に入れておいてください。

電子レンジで長時間温めてしまう

マックのアップルパイを電子レンジで長時間温めると、アップルパイの外側のパイ生地が湿気てしまい、サクサク感が失われ、柔らかくなってしまいます。

また、内側のアップルフィリングが過熱されるため、水分が抜けてしまい、かわいたり、ねっとりとした食感になってしまいます。

その結果、本来の美味しさが損なわれてしまいます。

トースターで長時間焼いてしまう

マックのアップルパイをトースターで温めると、外側が焦げてしまったり、中が温まらずに冷たい部分が残ってしまったりすることがあります。

また、トースターは加熱が強く、温めすぎるとアップルパイが乾燥してしまうこともあります。

それにアップルパイの中に入っているアップルやソースも、過度の加熱で固くなってしまい、食感が損なわれてしまうこともあるんですよ。

マックのアップルパイの正しい2つの温め方

マックのアップルパイを出来立てのサックサクに温めるには、この2つが正しい方法です。

  • (1)電子レンジとトースターでリレー方式で温める
  • (2)低温のオーブンでじっくり温める

時短でサクッと済ませたいなら(1)、時間がかかっても美味しく完璧に温めたいなら(2)の方法をお勧めします。

それでは、それぞれのやり方をくわしく解説していきましょう。

電子レンジとトースターでリレー方式で温める

手っ取り早くマックのアップルパイをしっかり温めたい場合は、電子レンジとトースターをリレー方式で使うのが正しいやり方です。

どちらか一方だけに頼ると、中まで温まらないとか、しんなりするなど失敗作に……。

レンジとトースターの特性を活かして、それぞれ「適度」に使うのがコツですよ。

この方法なら5分以内に温めが完了します。

600Wの電子レンジで1分温める

まずアップルパイの中の餡(フィリング)を温めるため、低出力にした電子レンジでチンします。

こうすることで「外は熱いのに中は冷たい」という失敗を回避できます。

  1. アップルパイにフォークで数カ所、穴を開けます
  2. アップルパイをお皿に載せて電子レンジに入れます
  3. 600Wの中程度で1分ほど加熱します

アップルパイを加熱する時間は、個数によって異なります。

1個の場合は、約1分から1分30秒程度が目安。

2個の場合は、約2分程度が目安です。

トースターで2~3分焼く

電子レンジで軽く温めたら、次にトースターで焼いていきます。

  1. トースターを中火に設定し、約1分間予熱します
  2. アルミホイルをトースターの天板に敷きます
  3. アップルパイをアルミホイルの上に置きます
  4. アップルパイをトースターに入れ、2分から3分程度加熱します

温める時間はトースターの種類やアップルパイの大きさによって異なりますので、温め過ぎには注意してください。

注意:トースターで温める場合は、アルミホイルを使用することでアップルパイが焦げ付くのを防ぎます。また、トースターの火力や温度によって温め方が異なる場合があるため、適宜加熱時間や火力を調整してください。
スポンサーリンク

低温のオーブンでじっくり温める

時間がかかってもいいから完璧に温めたい場合は、オーブンレンジの「オーブン」機能を使います。

トースターは食材の表面を焼くことに向いた機械ですが、オーブンは熱気や水蒸気で食材のなかまでしっかりと温めることに向いた機械。

ですから、マックのアップルパイを温めるにはオーブンが最適です(そもそもアップルパイ自体、オーブンで焼くものですから)。

オーブンでマックのアップルパイを焼く手順がこちらです。

  1. オーブンを170°Cに予熱します
  2. ホットアップルパイを袋から取り出し、パイの上部に3か所程度フォークで穴を開けます
  3. ホットアップルパイを耐熱皿に置きます
  4. 耐熱皿をオーブン中段に置き、約7分間加熱します

オーブンから取り出したら、ホットアップルパイを1分間冷ましてからお召し上がりください。

これでサックサクの食感がよみがえりますよ。

マックのホットアップルパイの味や食感が引き立つアレンジレシピ

ここからはマックのホットアップルパイが冷めてしまったときの「温めずに」美味しく食べる方法を2つご紹介します。

冷蔵庫で冷やしてクールアップルパイ

マックのホットアップルパイは冷蔵庫で冷やしても美味しいんですよ。

ホットアップルパイならぬ「クールアップルパイ」。

温かいホットアップルパイより冷やしたほうが好きって人も一定数います。

マクドナルドのアップルパイを冷蔵庫で冷やすと美味しい理由は、以下の2つが考えられます。

1.風味の向上

アップルパイは冷たくなると、パイ生地がしっとりとして、中のアップルフィリングの甘味が引き立ちます。

また、冷たい状態で食べることで、パイ生地の食感がより軽やかに感じられ、新鮮なフルーツの風味をより楽しむことができます。

2.保存性の向上

アップルパイを冷蔵庫で冷やすことで、その日のうちに食べきれなかった場合でも、より長く保存することができます。

パイ生地が乾燥することを防ぎ、アップルフィリングの風味も保ちやすくなります。

以上のように、マクドナルドのアップルパイを冷蔵庫で冷やすことで、風味の向上や保存性の向上など、さまざまなメリットがあるため、おすすめの方法と言えます。

冷凍庫で凍らせてアイスアップルパイ

すっかり冷え切ったホットアップルパイをさらに冷凍庫にいれてカチカチにしても美味しいんですよ。

さながらアイスアップルパイですね。

この方のようにアイスをそえると、それだけでレストランの立派なデザート風になります。

マクドナルドのアップルパイを冷凍庫で凍らせると、以下の2つの理由で美味しくなる可能性があります。

1.食感の向上

アップルパイを冷凍することで、パイ生地がさらにサクサクとした食感になり、より軽やかでプリプリとした食感を楽しむことができます。

また、アイスクリームとの相性も良くなり、夏場には冷たいデザートとしても楽しめます。

2.保存性の向上

アップルパイを冷凍することで、長期保存が可能になります。

常温や冷蔵庫で保存するよりも、より長期間美味しく食べることができます。

アップルパイを凍らせる際には、袋や容器に密閉してから凍らせ、食べる前にしっかりと解凍する必要があります。また、解凍後の再加熱は、オーブンで温めることがおすすめです。
スポンサーリンク

まとめ

マックのホットアップルパイの温め方をご紹介してきました。

失敗しない上手なコツは

  • 電子レンジとトースターでリレー方式で温める
  • オーブンでゆっくり温め直す

この2つです。

ただ、あえて温めなくても冷蔵庫で冷やしたり、冷凍庫で冷凍して食べるのもアリですね。

フード・ドリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
新しい季節

コメント

error: