ハイビスカスを左耳につける意味|既婚・未婚を誤解される?

ハイビスカスを左耳につける意味
 
夏はすぐそこ!この時期、園芸品店にもよく出回るようになった南国の花、ハイビスカス。

奮発してハワイで挙式をあげたり新婚旅行で訪れた際にハイビスカスの髪飾りを左耳に飾ってもらった経験、ありませんか?

そして…ん? なぜ左耳か??って思ったことはありませんか???

もちろんハイビスカスを髪飾りとして左耳につけているローカルの女性を沢山見かけたけれども、右耳あたりにつけている人も沢山いたりしてなんだか意味深ですね。

そこで今回は

「ハイビスカスを左耳に飾るのはどうしてなのか?」

ということを中心に解明していき、その習慣となったルーツ、それに関連付けて、冠婚葬祭や普段使いに違いがあるのかなどを多岐にわたって詳しく解説をしていきます。

ハワイが大好き、またはフラを習っていて、ハイビスカスの髪飾りをつけることを身近に感じて、興味がある人などにももちろん、よりディープなハワイの伝統や習わしをこの記事を読むことで理解していただけたら嬉しいです。


スポンサーリンク


ハイビスカスを左耳につける意味とは?

それではハイビスカスと左耳にまつわる疑問にお答えしていきますね。

Q1 ハイビスカスを左耳につけるのはなぜ?

A 左耳に飾ることで「私は既婚者です。」ということを表すためです。

Q2 冠婚葬祭や普段のおしゃれなど使う場面によって意味が変わる?

A どの場面でも意味は同じです。

ハイビスカスを左耳に飾るのは、既婚者をあらわすためのサインだったのですね。

左耳が「既婚者」なら右耳は…やっぱり?

と思わせるような雰囲気になってきましたよね。

それではひとつずつ、見ていきましょう。

左耳に飾るのは既婚者を表すサイン

ハイビスカスを左耳に飾ると「既婚者」ということを表します。

まるで指輪の表す意味とよく似ていますよね。

お察しの通り、逆に右耳にハイビスカスを飾るのは「未婚」というサインなのです。

なぜこのような習慣ができたのでしょう?

それははるか昔に住んでいたハワイの先住民の習わしに関連しているようなのです。
 
 
もともとハワイは昔、文字を持たない信仰心の強い民族が暮らしいて、自分の行動や物のひとつひとつに意味を見出していたのです。

例えば、神々に捧げるために踊ったとされる舞はのちに「フラ」と名付けられ、現在でも人気の高い伝統舞踊になっていますよね。

このフラは豊かな自然とともに共存できている喜びや感謝の意を神々に伝える手段として踊るようになったのがはじまり。

振り付けによって波や風、はたまた愛を表すような可憐な動きがダンスとして表現されています。
 
 
フラを最初に踊ったとされるフラの祖、「女神ラカ」。

彼女が髪に飾っていたお気に入りのハイビスカスの生花も「身を清めて天から力を授かるためのもの」と信じられていました。

それが現在でも色濃く受け継がれていて、女性が当たり前のように髪飾りとしてハイビスカスを愛用しているのです。

結婚式当日に左耳にハイビスカスを飾ることで嫁入り前に身を清め、華々しい新婚生活にむけて神々から力を授かれるよう、縁起かつぎのような役割をはたしているのですね。

声に出して語らずとも、踊りや花のもつ意味で想いを感じ取る習慣、とてもロマンチックだと思いませんか?

普段使いでもつける位置の意味は一緒!

ハイビスカスの髪飾りは左耳が「既婚者」、右耳が「未婚」というサインを表すよ!ということをお伝えしました。

次に、この習慣が時と場合によって意味合いが違ってくるのかどうかについてなのですが、上記にある通り、指輪のような役割をはたしているため、その意味が時と場合によって覆ることはありません。

冠婚葬祭であろうと、普段のおしゃれとして使おうとも、「既婚なら左耳に、シングルなら右耳に」というのがローカルの暗黙のルールなのです。

簡単に言ってしまうと、ハイビスカスを左に飾るか、右に飾るかでステータスがバレてしまいますね。
 
 
1人旅大好き女子で1人の時間を有意義に過ごすことを第一に考えているアンチナンパ主義の独身のみなさん!

ロコボーイたちの熱い視線やアピール攻撃を受けないためにも左耳にハイビスカスを飾って、予防線を引いてみるのはいかがでしょう?

心置きなく1人旅を楽しめることでしょう。

逆もまたしかりで、結婚生活に飽きが来て、少し刺激的な旅にしたい奥様がた!

旦那様に内緒で自己責任で右耳にハイビスカスをつけて夜の街に繰り出してみるのもありかな??

火遊びを推奨しているわけではありませんので、ご理解くださいね。笑

ハイビスカスでもプルメリアでも意味は同じ

プルメリアの花

これがプルメリアの花です。

ここからはちょっとしたプラスアルファ情報としてハワイではハイビスカスと同じぐらい認知度が高い「プルメリア」の花についても軽く触れていきます。

まず最初に、ハイビスカスであろうとプルメリアの花であろうと、髪飾りとして用いる際の意味は一緒です。

プルメリアはハイビスカスと同じぐらい人気を誇るハワイならではの白いお花ですが、髪飾りとしてよりかはむしろ、「レイ」と呼ばれる首飾りとして用いられることが多いですね。
 
 
反対にハイビスカスはハワイの州花としての強い肩書もあるせいか、片耳に大きな花を一輪飾るだけで圧倒的な存在感を見せつけてきます。

ハイビスカスとプルメリア、ご自身の好みやその日の服に合うものを選ぶ楽しみにもなりますね。

大胆に元気いっぱいに過ごしたい日はビタミンカラーのハイビスカス。

おしとやかに慎ましく過ごしたい気分の時には気品漂う白いプルメリア。

今日のあなたはどちらの気分ですか?

ここで差が出る本場ハワイアンの髪飾りのつけ方

こちらでもちょっとディープに、ローカル女性に近づけるようなハイビスカスの髪飾りのつけ方についてご紹介します。

ハワイアンレディーたちは自分たちの生まれ育った国、ハワイをとても大事にし、伝統に重みを感じ、誇りをもって生きています。

生粋のハワイアンレディーたちは州花であるハイビスカス、とくに黄色のハイビスカスに強いこだわりをもって耳に飾っています。
 
 
さらに言うと、どこにでも売っているような造花のハイビスカスではなく、新鮮な生花をきちんと髪飾りとしてつけているのです。

フラダンサーがかけていたり、地元のホテルにチェックインをした際にウェルカムジュースと一緒に首にかけてもらえる「レイ」は基本つけません。

「ハイビスカスを片耳に!」の一択なのです、プルメリアも選びません。

彼女たちがハワイを心から愛する気持ちがすごく伝わってきますよね。

ですので、私たちもハワイをこよなく愛するイチ観光客として、ハワイを敬愛する意味も込め、黄色いハイビスカスの生花を一輪、耳に飾り、言葉なしで想いを伝えてみませんか?

まとめ

以上、「ハイビスカスを左耳につけるのはなぜ?」という素朴な疑問からいろいろな情報を紹介させていただきました。

要約するとこの記事でお伝えしたことはこんな感じです。

  • ハイビスカスを左耳に飾るのは「既婚者」を表すサイン
  • 指輪と同じ役割をはたしている
  • 冠婚葬祭でも普段のおしゃれでも、どんな時でもつける位置の意味は一緒。
  • プルメリアの花の髪飾りでも意味は同じ
  • プルメリアは髪飾りよりもレイ(首飾り)として大活躍の花
  • 黄色いハイビスカスの生花を一輪、耳に飾るスタイルが生粋のハワイアンレディーのこだわり

となりました。

最後に一つだけ注意勧告です!

ハイビスカスの髪飾りをつける際は絶対に後頭部にはつけないでください!

なんでかっていうと、後頭部につけるのはよくない意味を表すからなんです。

ハイビスカスは後頭部につけないことだけは必ず守ってくださいね。

-風習・習慣