スポンサーリンク

ニゲラを植えてはいけない3つの理由!有毒の種を食べると?

プロモーションが含まれます

ニゲラを植えてはいけない3つの理由!有毒の種を食べると?

事情通
事情通

ニゲラを植えてはいけないと言われるのは、種に原因があります。ニゲラの種は有毒であり、子供やペットが誤食すると危険。また、こぼれ種で勝手に生えてしまう点を「ありがた迷惑」と感じる人もいるでしょう。

見栄えのする花が観賞用として愛好されるニゲラ。

日本では黒種草(クロタネソウ)とも呼ばれています。

しかし、いざ庭で育てようとすると「やめたほうがいい!」との反対意見も……。

そこで今回は

  • ニゲラを植えてはいけない理由
  • ニゲラを庭で育てるポイント
  • ニゲラを庭に植えるメリット

を解説します。

海奈渡ナナ
海奈渡ナナ

若い頃からガーデニングに親しんできた私にお任せください。

\あの草花や木も危ない!/ 庭に植えてはいけない植物ランキングを見る
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニゲラを植えてはいけない3つの理由

ニゲラを植えてはいけない理由が、この3つです。

  • 有毒性のある種がつく
  • こぼれ種で増えてしまう
  • アブラムシが発生する

有毒性のある種がつく

ニゲラを植えてはいけない理由の1つ目が「有毒性のある種がつく」ため。

「ニゲラ」と名が付く植物は、16品種もあります。

そのうち日本で一般的に園芸品種として育てられるのは「ニゲラ・ダマスケナ」。

このニゲラ・ダマスケナの種は「植物アルカロイド」という毒性を含みます。

もし大量に接種した場合、以下の中毒症状を引き起こす危険性があります。

  • 瞳孔拡大
  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 痙攣

大人は知識があるため平気ですが、小さな子供やペットが誤食するリスクはわずかながらあります。

そんな有毒性を重く捉えて

ニゲラは危険だから植えてはいけないよ

と考える人もいるのでしょう。

スパイスになるのはニゲラ・サティバのみ

種が「ブラッククミン」という名のスパイスに利用できるのは、「ニゲラ・サティバ」という品種のみです。

ニゲラ・サティバの種は「ブラッククミンシード」と呼ばれ、西洋ではスーパーフードと呼ばれているとか。

地域によってブラッククミンにはこんなにも別名があります。

  • ブラックシード
  • オニオンシード
  • ローマンコリアンダー
  • ブラックセサミ
  • カロンジ

たとえニゲラ・サティバの種を購入して育てたとしても、ほかの有毒の園芸品種と交雑するリスクもあるため、注意が必要です。

海奈渡ナナ
海奈渡ナナ

ちなみに「クミン」と名がつくものの、カレーなどに使う有名なクミンとは別物なんですって。

こぼれ種で増えてしまう

ニゲラを植えてはいけない理由の2つ目が「こぼれ種で増えてしまう」ため。

ニゲラは開花後に種をつけ、知らず知らずのうちに庭のあちこちに飛散します。

その種から翌年になると、勝手に芽が出てスクスクと成長し、花を咲かせます。

一回植えれば、こぼれ種で勝手に育ってラッキー!

と思う人はいいですが

他の植物の邪魔をする場所に勝手に生えてきてうっとうしい……

と思う人もいるでしょう。

また、隣家まで種が風に飛ばされて、その庭で勝手に芽生えるといった迷惑をかける恐れも……。

アブラムシが発生する

ニゲラを植えてはいけない理由の3つ目が「アブラムシが発生する」ため。

アブラムシは2~4mmしかない小さな緑色の虫。

茎や葉に大量にとりついて植物の汁を吸い、株を弱らせます。

海奈渡ナナ
海奈渡ナナ

さわるとベタベタするのが、とっても苦手……。

虫が苦手な女性は特に見た目だけで「ゾゾゾ~~~」と鳥肌がたつかも?

スポンサーリンク

ニゲラを庭で育てる2つのポイント

ニゲラを庭で育ててみたい方は、この2つのポイントだけは押さえておいてください。

  • 花がらを摘んで種をつけさせない
  • アブラムシ対策をする

花がらを摘んで種をつけさせない

ニゲラの種は以下の2つのリスクがあります。

  • 有毒性があるのに子供やペットが食べてしまう
  • こぼれ種のせいで毎年あちこちからニゲラが芽を出す

これらを未然に防ぐには、種をつけさせなければOK。

花が咲き終わってしおれた花(花がら)を早めにカットして捨ててしまいましょう。

こうすれば種が結実することはありません。

アブラムシ対策をする

ニゲラに限らず、アブラムシがつく植物は多め。

ガーデニングをやる上での最大の敵といってもいいかもしれません。

そんなわけで植物を育てるなら、アブラムシを駆除する方法は知っておいて損はないでしょう。

ニゲラはハーブ類や野菜のように食用にしないので、無農薬を徹底する必要はありません。

事情通
事情通

市販の駆除剤を使うのがもっとも楽ですよ。


ニゲラを庭に植える3つのメリット

ニゲラを庭に植えると、こんな3つのメリットがあります。

  • 花が咲く期間が長い
  • 花を切り花やドライフラワーに利用できる
  • 育てるのが初心者でも容易

花が咲く期間が長い

ニゲラの開花期間は4月下旬~7月上旬まで。

比較的長く花を楽しめる植物のひとつ。

しかも花の色は

  • ピンク

といった様々な色合いがあるため、長い期間、庭を美しく彩ってくれるでしょう。

花を切り花やドライフラワーに利用できる

ニゲラは切り花として1本200円ほどで販売されています。

花の美しさはもとより、茎が長い点も見栄えする理由のひとつ。

日持ちがしないため購入するのは不経済ですが、庭に生えていたらコストは0円です!

また、果実の部分は熟すと膨らみ風船のような見た目に。

この膨らんだ状態で摘み、可愛らしい見た目のドライフラワーに利用することができます。

海奈渡ナナ
海奈渡ナナ

「フウセンポピー」はこのニゲラの果実部分なんですよ。

育てるのが初心者でも容易

ニゲラは秋播きの一年草。

毎年秋に種まきをしますが、耐寒性が強いため冬越しが可能です。

日当たりと風通しが良い場所なら、土の質を選ばず丈夫に育ってくれます。

夏が来るころには枯れるのが普通なので、猛暑による影響も心配する必要がありません。

アブラムシが付くこともありますが、基本的に病害虫にも強いたイプ。

そのため、園芸初心者でも安心して育てられる植物なんですね。

スポンサーリンク

まとめ

ニゲラを植えてはいけないと言われるのは

  • 有毒性のある種がつく
  • こぼれ種で増えてしまう
  • アブラムシが発生する

以上の3つの理由からでした。

すべて種の扱いを適切にすればカバーできる、ささいな欠点です。

こぼれ種で増える点も、来年以降も勝手に咲いてくれるとポジティブな捉え方も可能。

一風変わった花と花後の風船のような果実も楽しめるニゲラ。

お庭でぜひ楽しんで育ててみてください。

\あの草花や木も危ない!/ 庭に植えてはいけない植物ランキングを見る
自然・科学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
新しい季節

コメント

error: