新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

降水量1mmはどれくらい?運動会・ゴルフ・釣りは出来る?雪の量は?

外出するときや予定があるときに気になるのが天気ですよね。

天気予報で確認したときに「降水量1mm」だったら、雨か~って気分がものすごく落ちてしまいますし、もしかしたら中止になるのかな?と不安になりますよね。

でも降水量1mmって実際どの程度の雨かご存じでしょうか?

傘は必要なのか、スポーツは行えるのかなど気になりますよね。

今回は降水量1mmについて、決められた基準や野外活動する際の影響についてまとめてみたのでチェックしてくださいね。

スポンサーリンク


【傘は不要!?】降水量1mmとはどれくらい?

雨を確認する女性
そもそも降水量1mmとは

1時間に1.0mm~1.9mm降る雨

のことです。(気象庁で決められた基準です)

これをイメージしやすいように具体的に説明しますと、

「1m×1mの箱」に「1時間」で「1リットルの雨」が溜まる

程度の量を示します。

短い時間なら大したことはないですが、ある程度の時間を傘をささずに外にいると濡れてしまいます。

窓から外を見ると「傘を差す人」と「差していない人」の両方の人を見かけるときがありますよね。

それがこの降水量1mmのレベルになります。

まれにですが降水量0mmなのに雨の予報の時がありますよね。

これは1時間に~0.9mmまでの雨が降る可能性があることを示すことになるので、0mmだから降らないってことではないんです。

【中止になる?】スポーツや外出への影響

雨が降ったグラウンド
具体的に降水量1mmの程度がわかりましたが野外活動などにどう影響するのか気になると思います。

いくつか例をあげてご紹介するのでぜひ参考にどうぞ!
 
 
■運動会
降水量1mmの予報が発表されていても、途中から雨が降った場合は続行することが多いと思いますが、開始の前から降り出していると1mmの雨でもグラウンドに影響が出てしまうので中止になる可能性が高いです。

【結論】降水量1mmの雨⇒中止の可能性が高い
 
 
■ゴルフ
ゴルフは1mm程度なら移動のときだけ傘をさすくらいでラウンドが中止になることはほとんどありません。

しかし、芝が濡れていてボールが滑ったりすることはあるのでプレーには影響が出てしまいますね。

【結論】降水量1mmの雨⇒プレーは可能
 
 
■釣り
レインコートなど雨を防いでくれるグッズがあれば釣りも行うことができます。

気圧が低くなると晴れの日より魚が活発になるので効果的ですが、台風など風が強い日は非常に危険ですからおとなしく控えましょう。

【結論】降水量1mmの雨⇒出来るが風が強いと危険!
 
 
■草野球
野球は比較的雨が降っても行えますが、一緒にプレーする仲間と相談して決めるのがオススメです。

冬場は体が冷えるので外野の守備につく人からは文句が出る可能性が高いでしょう。

【結論】降水量1mmの雨⇒仲間の気持ち次第
 
 
■登山
登山は登るほど気圧も変わってきますので天気も不安定です。

レインコートを着てもビショビショになることもありますし、降水量1mmでもあまりオススメしません。

【結論】降水量1mmの雨⇒安全のため中止すべき
 
 
■ディズニーランド
レインコートを着れば問題はありませんが、雨だと気分が落ちますし待ち時間も長くなってケンカに繋がるのは気をつけましょう(笑)

ただ、雨の日は来園者が減るのでいつもコミコミで待ち時間が2時間くらいあるアトラクションも楽に乗れる可能性もあります。

【結論】降水量1mmの雨⇒雨の中でも並ぶガッツがあれば
 
 
■自転車に乗る
サイクリングなど長い距離を走行するならレインコートは必須になります。

地面も雨で塗れていて滑りやすいので注意が必要です。

【結論】降水量1mmの雨⇒排水口などが滑りやすいので要注意

 
 
■花火大会
これは運営によって変わりますが、運営側もお金を費やしているのでなるべく中止にはしたくありませんし、1mm程度なら問題なく行われます。

花火大会が中止になるのは大雨・落雷警報が出ている場合といわれています。

【結論】降水量1mmの雨⇒意外にも中止にはなりません

【降水量って何?】意外と知らない雨のこと

普段、何気なく天気予報を見て分かった気になっていますが「雨」に関係した気象用語って意外と知らなかったりしますよね?

まず、基本用語である「降水量」ですが、これは

1時間に降った雨を貯めた高さ

のことを指します。その降った雨が流れずにそのまま溜まった場合の高さ(深さ)を計ったものなんですね。

この降水量というものを計るのには

転倒ます型雨量計

という機械が使われています。

【自宅で雨量で計れるこんな簡易雨量計もありますよ】

また、それぞれの雨量の目安は以下の通りです。

5mmの雨・・・夕立くらいの雨(傘が絶対必要な雨量)
20mmの雨・・・いわゆる「土砂降り」と形容する雨
35mmの雨・・・大雨注意報レベルの雨
50mmの雨・・・傘が役に立たず河川が氾濫する恐れがある雨
80mm~の雨・・・大規模な土砂災害が発生する恐れがある雨

ちなみにこれまで日本国内での最大降水量は1982年に長崎で記録した187mmだそうです。

【最大雨量187mmを再現したらこうなります・・・すごい!】

【積もる?積もらない?】雪の場合の降水量1mm

雨だけではなく雪の場合も降水量として表現します。

雪の降水量1mmは気温によって変化していきます。

2~3℃なら雨を含んだ雪なので積もることはありません。

0℃前後なら1時間に1cmほど積もるといわれています。

【まとめ】降水量1mmは大したことはない!

私は小中学生のころ野球をしていました。

大量の雨が降るとグラウンドが水びたしにって中止になるので前日天気予報で雨だと喜んでいましたが、降水量1mm程度なんて実際影響が大したことはありませんでした(笑)

大雨レベル以外は中止の連絡がなかったのでスポーツをするなら問題なくプレイできると個人的には思えます!

サッカーとかテニスなどイギリス生まれのスポーツは雨が降るのが当たり前の気候の国で発達したので、1mm程度の雨はどうってことありませんよね。(Jリーグも土砂降りのなかやってますし)

ゴルフもイギリス生まれなのでプレーには支障が出ませんが、傘を差しながらのプレーが楽しいかというと・・・・疑問ではあります(^_^;)

-自然・科学