送り火は何時ごろ?時間はいつやるのが正解?2019年版

2019/06/05

送り火を焚く皿

お盆になると、盆提灯を飾り、祖父母にロウソクとお線香を持たされてお墓にご先祖さまをお迎えに行った思い出があります。

意味も分からず、でもたまにしか会えない従兄弟たちとワイワイと農道を歩いてお墓に行ったことはよく覚えています。あれが迎え火だったんだなぁ……。

そして、お盆の終わりには玄関先で火を焚いて、その火が消えていくのをなんとなくさみしい思いで見つめていたものです。

それが送り火だったんですね。

誰が教えるわけででもなく、日本の風習はそうやって受け継がれていくものかもしれません。

けれども、祖父母が亡くなってからは、その風習も我が家では途切れがちに……。

そういうご家庭が多いと思いますので、ここでは

  • 送り火は何時ごろ、時間帯はいつなのか?
  • 送り火を行う日程
  • 必要な道具
  • 送り火の正式なやり方

など基本的な知識をまとめてみました!

スポンサーリンク


送り火は何時ごろに行うのが正解?

まず最初に「送り火って何時ごろに火をつければいいの?」っていう疑問ですが、実はこれには決まった時間はありません。

しかし、一般的には

⇒夕方(少し薄暗くなってから)

この時間帯から始めるのが普通となっているんですよ。

送り火って、ご先祖さまから見ると「子孫の家の目印」になるので、灯りが見えやすく、しかも私たち子孫が、

ご先祖さまを見送っている様子が良く見えるような時間帯

がベストなんですね。

送り火を行う頃、関東地方の日の入り(日没時間)はだいたい夕方6時半ごろ。

すると午後7時にはほぼ真っ暗になりますから、

18:30~19:00

これくらいがちょうど送り火を点火するのに適した時間帯だと思います。

2019年の送り火はいつやるの?

麻幹を燃やす様子

次に肝心な送り火を行う日の日程ですが

【2019年の送り火は何日なの?】
⇒8月16日(金曜日)

今年はこういう日程になります。

これはあくまで8月にお盆を行う地域の話です。

全国的には8月のお盆がほとんどですが、関東の一部地域は7月13日から16日、あと沖縄では旧暦の7月13日から16日がお盆の期間です。

地域によって「お盆」のシーズンが違うだなんて、びっくりですよね~~。

「送り火」の意味をおさらいしよう!

送り火

ここで送り火の意味をおさらいしておきましょう。

辞書で調べてみた正しい意味がコチラ。

おくり‐び【送り火】 の意味

盂蘭盆(うらぼん)の最終日、親族の霊を送るために門前などでたく火。門火(かどび)《季 秋》「送り火のあとは此世の蚊遣哉/也有」⇔迎え火。

引用:goo辞書

お盆に家に帰ってきたご先祖様の霊を送り出すために焚く火のことなんですね。

別名「門火」とも言うそうです。

昔の日本家屋には必ず「門」があり、その「門口(かどぐち)」や寺の「門前」で行うところから「門火」と呼ばれることもありました。

最近の新しい家では見かけませんが、たとえばサザエさん一家が住む家をイメージすると分かりやすいですね。

送り火に必要な道具は?

では続いて送り火の正式なやり方を説明していきますね。

用意しないといけない道具がこちらの4つです。

【用意するもの】

※麻幹はどのようなものか詳しい説明はこちら⇒麻幹(おがら)とは?【初盆・盂蘭盆】意味と使い方まとめ

※盆花についてくわしくはこちら⇒盆花の意味【飾り方や種類】造花でもOK?正しい処分の仕方は?

※精霊馬の作り方はこちら⇒きゅうりの馬・ナスの牛の作り方@超簡単3分でOK!動画付き

※焙烙とは、麻幹や松明を乗せて焚くための素焼きの皿のこと

送り火の正式なやり方

道具が用意できたら送り火を実際にやってみましょう。

とても簡単にまとめると、たったこれだけです。特に迷うようなところはありません。

火を使うので燃え尽きて消火するまでは、その場から離れないようにすることだけ気をつけてくださいね。
 
 
【くわしくはこちらの動画で手順をご覧ください】

おがらを使わない地域もあるし、住宅事情により火を使わない方法もあります。

安全な盆提灯を使って、電灯をともすだけ、という人も増えきているのも事実です。

ただ、覚えておきたい大切なことは、迎え火でご先祖さまをお迎えして、送り火で「ご先祖さまをお送りする」という、その気持ちなのです。

【宗派ごとの違い】浄土真宗には送り火はない??

京都の大文字焼き

送り火は、地域によって若干やり方や日にちが違うということは分かってきましたが、宗派によってはどうなのでしょう??

宗派ごとの送り火を「やるorやらない」を調べてみました。
 
 
【曹洞宗】・・・やります!

有名どころでは京都の大文字。

あれも送り火の一種なんです。

「五山の送り火」といわれ、京の夏の夜空を焦がす名物行事ですよね。

それから全国各地で行われる「灯篭流し」も送り火の一つです。

 
【浄土真宗】・・・やりません!

浄土真宗は、お盆に盆提灯を飾ったり、ご先祖さまのために迎え火や送り火を焚くというようなことは一切やりません。

それはどうしてかというと・・・

浄土真宗では「お盆にご先祖さまが帰ってくる」という考え方がそもそもないから。

極楽浄土で仏様となったご先祖さまは、この世にもどってくることはないそうです。

 
同じ仏教なのになぜ?と思ってしまいそうですが・・・そういうものですから納得しましょう。

まとめ:ご先祖さまを偲んで

送り火は何時ごろやるのが正しい風習なのか、お伝えしてきました。

最後に振り返ると

  • 送り火は薄暗くなる夕方ごろに火をつける
  • 毎年8月16日の夕方に行う

子供のころからのお盆の習慣が、家や地域で違っているだなんて、正直びっくり仰天!!

でもやっぱり、地域性や宗派によって考え方の違いや風習が異なれども、お盆になるとご先祖さまを供養する気持ちが自然とあふれてくるものです。

受け継がれてきたものは、大切にしていきたいなと、あらためて感じます。

そしてお盆の前には仏壇の掃除をしっかりして、気持ち良くご先祖さまをお迎えしたいものですね。

-風習・習慣