義理チョコはいくらぐらい?お返しの相場は何円か徹底調査!

2019/11/19

義理チョコはいくらぐらい?

バレンタインデーの日に女性からもらった義理チョコ、そのお返しとしてホワイトデーでいくらぐらいの商品を返せばよいか迷いますよね?

あんまり高いものを返しても相手に負担になるけど、かといってあんまり安いと軽蔑されそうで……。

そもそも女性が周囲の男性に配る義理チョコっていくらぐらいかご存知でしょうか?

そこでここでは、義理チョコの相場と、そのお返しはいくらぐらいが常識なのか、またお返しで喜ばれる品物、逆に困るもの、それらの実情をデータをくわしくご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


義理チョコはいくらぐらい?

職場の女性から渡される義理チョコはいくらぐらいの商品なのでしょうか?

男性からすると商品を見ただけでは値段を推測するのって難しいですよね……。

私が独自に調査したところによると、世間の女性が義理チョコの予算として考えているのは500円~1000円という回答が最も多く見られました。

500円と1000円では値段が倍も違いますが、この「値段の差」というのは「相手との関係性」で決まってきます。

つまり自分(女性自身)にとって義理チョコを渡す男性が、目上(上司など)か、同期の社員や後輩なのかによって差をつけているわけですね。

ですから

  • 目上の男性(上司など)⇒1000円
  • 同期や後輩⇒500円

これが義理チョコの相場額になります。

今年あなたはどんな関係性の女性にもらったでしょうか?

後輩の女性からならば1000円前後の高めのチョコでしょうし、同期の女性からならば500円以下の安いチョコだと推測できますよ。

ホワイトデーのお返しの相場

バレンタインデーで女性から頂いた義理チョコへのお返し、その相場はいくらぐらいが適当なのでしょうか?

データを調べてみると、お返しの金額はおよそ500円~2,000円ぐらいが平均相場です。

女性から頂いた品物よりも、少しだけ高い品物をお返しすると喜ばれるようですね。(メンツ的にも少し高いモノのほうがベスト!)

統計データを調べてみましたが、

【義理チョコへのお返しの平均予算額】

■500円未満・・・27.9%
■500円以上~1,000円以下・・・24.4が%、
■1,000円以上~1,500円以下・・・21.2%、
■1,500円以上・・・17.1%
■2,000円以上・・・4.3%

という結果が出ています。このデータをよ~~~く観察すると約7割の人が1,500円以下という低予算で済ましていることが分かります。(笑)

義理チョコに対するお返しですから、皆さんそれほどお金をかけていないようですね。

最近は義理チョコへのお返しをしない男性も増えているとか…。

私などは3千円ぐらいで買ったチョコの大箱をそのまま女子の集まる休憩室へ置く…そんな節操のない事をしていましたが、やはり手渡しでちゃんとお礼を伝えるべきですね。

※お返しをどんなタイミングで渡せばいいかはホワイトデーはいつ?お返しを渡すのは何時がベスト?をご覧ください。

女性が喜ぶ失敗しないホワイトデーのお返し品

ホワイトデーのお返し品

義理チョコへのお返しとしてホワイトデーに贈る女性が喜ぶものと言えばなんでしょうか?

これも統計データを調べてみました。

【お返しで喜ばれるものベスト3】

■1位:期間限定の新作スィーツ・・・42.3%
■2位:チョコレート・・・36.8%
■3位:ショートケーキ・・・36.7%

やはり「消え物」が多いようですね。女性のバッグに入る小さいサイズのものが特に喜ばれますよ。

その他で多いお返しで喜ばれる品物としては、ブランド物のハンカチ、クッキー、有名なお菓子などが喜ばれます。

逆にもらって困るもの、嬉しくないものについても調べてみました。

【もらって嬉しくないものワースト3】

■1位:手作りの置物
■2位:花束
■3位:大きな物

手作りの置物については、茶わんやマグカップ、中にはその女性の似顔絵などもあるようで、これは引きますよね…。

2位の花束は意外でした。もらって困る理由は「キモイ」からだとか。

あくまで「義理」と言うことを考えると花束はあり得ないようです。

大きな物では「10000ピースのパズル」をもらった女性がいたそうで、社内で頂いた男性から「もう出来た?」などと聞かれて困ったという逸話も…。

他に困ったお返しとして、生ズワイガニ、ハムスターなどがあり、いやはや、世の中には凄いお返しがあるものですね!

ホワイトデーの予算はいくら?世代別の相場アラカルト

年代別でお返しする品物にも違いがあるようです。

その統計も調べてみました。

【中学生】
■1位:500円未満のチョコレート 42.7%
■2位:500円未満のお菓子 30.9%
■3位:返さない 21.2%

【高校生】
■1位:500円未満のチョコレート 40.4%
■2位:500円未満のお菓子 32.3%
■3位:返さない 19.0%

【街頭インタビューをしてみた結果がこちら】

【社会人・20代】
■1位:500円未満のチョコレート 50.5%
■2位:1,000円未満のチョコレート 21.7%
■3位:返さない 11.8%

【社会人・30代】
■1位:500円未満のチョコレート 46.3%
■2位:1,000円未満のスィーツ 22.3%
■3位:1,000円未満のお菓子 20.6%

【社会人・40代】
■1位:500円未満のチョコレート 40.2%
■2位:1,000円未満のスィーツ 20.6%
■3位:1,000円未満のお菓子 19.5%

【社会人・50代】
■1位:1,000円未満のチョコレート 40.4%
■2位:2,000円未満のチョコレート 23.1%
■3位:2,000円未満のお菓子 16.6%

以上のような統計が出ています。こうしてみると50代の社会人以外のほぼ全世代の男性(男子)は500円未満という安い予算で済ませていますね。みなさんしっかりしています(^^)

まとめ

義理チョコのお返しで本命の彼女へのお返しがおろそかになるのは変な話ですよね。

あくまで義理のお返しですから、相手に失礼が無ければそれでよいのです。

期間限定の新作スィーツやチョコならおおむね、大丈夫でしょう。

さて、もらって嬉しい義理チョコ、逆に義理でガッカリ…なんて経験をした方も多いはず。

最近はバレンタインの日に「チョコやお菓子を男性にあげてはいけない」という決まりがある職場が増えてきました。

その理由は「女性の負担が大きい」ことが原因のようで、本命の彼氏にだけ渡す女性が増えているようです。

ホワイトデーに関しても同じことが言えます。

本命の彼女にだけあげる今後はそんな風潮になるのかもしれません。

でも男性としては気になるのがバレンタインデーであり、ホワイトデーのお返しですよね!

ここでの統計をご参考に、失敗のないお返しをしてくださいね!

-年中行事