どんど焼きの意味と由来。変な名前にはこんな秘密があった!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

どんど焼きの意味と由来

お正月気分がやっと抜けて、通常モードに入った1月の半ばにあちこちの神社や広場で大きなたき火をしているところを見たことがありますか?

これは「どんど焼き」という昔から行われてきた行事。

このどんど焼き、調べてみるとなかなか面白い行事だったんです1

正直に言うと変な名前ですよね?どうしてこんな妙なネーミングなんでしょう?

今回はどんど焼きの意味や由来などについてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんど焼きの由来

左義長の様子

「どんど焼き」は毎年1月に、北は北海道から南は鹿児島県まで全国で行われている日本の伝統行事です。

このどんど焼きの起源は「左義長(さぎちょう)」という平安時代から行われてきた神事

左義長とは「毬打(ぎっちょう)」という中世~近世に流行った球技の道具を3つ立てて行った宮中の火祭りであるところからそう呼ばれていました(「三毬杖」という書き方もします)

そうした由来があるものの現在では宗教的な意味合いは薄れて、「どんど焼き」単体のイベントとして神社以外の広場や河川敷でも行うことも増えてきました。

スポンサーリンク

どんど焼きとはどんな行事?

現在の「どんど焼き」はお正月に飾ったしめ縄や門松、神棚、またお正月にした書き初めなどを持ち寄って集め、神社、広場や河川敷などの広い場所に櫓(やぐら)を高く組んでいっせいに燃やす火祭りになっています。

盛大に燃やすことで、お正月にお迎えした歳神様が天に帰るところを見送るという意味や、書き初めを燃やすことで炎のように書道の腕が「上がる」ように願いを込めるという意味があると言われています。

なぜお餅や団子を焼いて食べるの?

どんど焼きでは「しめ縄・門松」などを燃やした炎でお餅や団子を焼いて食べる風習があります。

どうしてそんなことをするかというと、どんど焼きの炎で焼いた餅や団子を食べると一年間健康でいられるという言い伝えがあるため。

また、餅や団子をあえて食べなくてもどんど焼きの炎に当たったり、火が消えたあとの灰を持ち帰って家のまわりにまくと無病息災で一年を過ごせると信じられています。

こう聞くと是非とも参加したくなるイベントですね!

ただ、どんど焼きは行われている地域が限られていますので要注意。

茅ヶ崎のどんど焼きのくわしい開催場所や日程については、茅ヶ崎どんど焼きはいつ行われる?@厳島神社と里山公園という別記事にまとめています。

どんど焼きの意味

「どんど焼き」という一度聞いたら耳にこびりつくようなインパクトの強いこのネーミングにはどんな意味があるんでしょうか?

語源は諸説あり、その代表的なものとしては、

火が燃えるのを「尊(とうと)や尊(とうと)や」と声を出しながら見たことから「とうと」→「どんど」という流れで「なまった」という説
櫓(やぐら)を組んで高く燃やすため、どんどん高く燃えることからという説

などがあります。

【4K画質で撮影された鮮明などんど焼きの様子です】

地方によって名前は様々

「どんど焼き」の名前は地方によっていろいろな呼ばれ方があります。

東日本では「才の神焼き」と呼ばれていたり、西日本では起源である平安時代からの行事の名前そのまま「左義長(さぎちょう)」と呼ばれていたり。

その他にも「おんべ焼き」・「さいとう焼き」・「ほうじょり」などと呼ぶ地方もあります。

スポンサーリンク

まとめ

昔は神事として行われてきた「どんど焼き」。

ご存知の方は「毎年足を運んでいるよ」というイベントかもしれませんが、私がこの行事を知ったのは実は最近です。

その時期にあまり神社のようなどんど焼きを行う場所へ出向かなかったため、どんど焼きの存在自体あまり知りませんでした。

最近では宗教は関係なく、みんなの無病息災を祈って行う行事になっていることが分かりました。

お正月を最後まで楽しむ気持ちがこもったイベントですね?!

どんど焼きについて調べて行くと、河川敷や広場で行っているどんど焼きの場合、周りに出店が出ているようなスタイルのものも多いようです。

お祭り感覚で足を運べる気軽なイベントなので、今年は近所のどんど焼きをチェックして行ってみようと思います☆

年中行事
このブログをRSSに登録する
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

新しい季節

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました