熊手の飾り方【2016年】方角や飾る場所(玄関等)の注意点

「熊手(くまで)」を会社で見かけたことはありませんか?または自宅にありませんか?

幸運や金運をかき集めるとされるのが熊手ですが、私も会社で見かけたことがあります。

または家に熊手があって、毎年方角を気にしたりしている方もいるのでは?

ひとつひとつ手作りの「熊手」ですが、今年の方角や、飾る場所などはどこがいいのでしょうか?

そこには、何か飾り方や注意点があるのではないかと思い「熊手」を飾る注意点も含め調べてみました!

また今年【2016年】の飾る方角についてもまとめています。

スポンサーリンク


「2016年」の熊手を飾る方角は?

2016年の熊手を飾る方角ですが

恵方が南南東

とされていますので、その方角が正解です。

※北に飾るのはNGです!

「熊手」を飾る位置や順位は?

ミニ熊手
熊手の飾り方については基本的には

自分の目線より高い位置に置くこと

がポイントです。

そして熊手を清潔にし、表向きに角度を保ちます。

熊手を飾る場所で良いとされる場所を順番に並べると

1. 神棚・仏壇

2. 玄関

3. 居間など人が多く集まるところ

4. 家の中心

5. 鴨居(かもい)=障子やふすまなど、建具を開口部に渡す溝の部分。

6. タンスの上

というこの順番が正解です。できれば縁起的に良いとされる場所に飾りたいですね。

神棚や仏壇がないお宅が多いとは思いますが(私の家がそうです)、そうであれば二番目に縁起が良い玄関にするといいですね。

【どんな家でも飾りやすい小型の熊手】

「熊手」を飾る注意点とは?

熊手を飾る際に気をつけることとしては

「熊手」は信仰対象ではありません

なので、拝んだりするものではなく、お守り的な存在です。

熊手自体には「願いを込める」という意味があるのです。

あくまで行動力や運気を上げる縁起グッズであり、自分への頑張りをアップさせるものなのです!

だからといって叶わない思いがあったとしても、今後の頑張りのために必要な応援グッズでもあるので、粗末にしてはいけません!

方角を守って慎重に綺麗に飾り、心を込めて作られたものですから大事に扱いましょう。

家や会社での「熊手」の取扱い注意点

いくら信仰対象になっていなくても、ゴミ箱の近くや、物に挟むように置いたりすることは、明らかに粗末な扱いですよね?

何でも大事に扱うことが大事ですし、願う想いがあるからこその「熊手」なので、大事に扱いましょう!

会社や自宅などで見かけたら、

方角を変えず、まず綺麗にしておく

といいでしょう。

私が会社で見かけた時には、まだ若かったので、方角があったことなどは知らなかったものです(^^;

その時、会社では想いを込めた熊手が飾ってあったんですね。

熊手のあの形には「幸運などをかき集める」意味が込めてあるとは、なかなか風習って凄いと思います(*^-^*)

さて。企業で、または個人でも、縁起物として購入し、綺麗に手作りで作られた熊手に関心を抱いたでしょうか?

ひとつひとつ心を込めて作られた熊手に、縁起物として、想いをよせてみてはいかがでしょうか?

-風習・習慣