新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

文化の日とは?子どもに説明するときの模範解答がコレ!

スポンサーリンク
 

「文化の日」、何となく休日だから遊びに行こうか、などと思っていませんか?

でもいきなり聞かれたら、何月何日だっただろう?いつだったかな?

みたいに「えっと…」と思うことがあるのではないでしょうか?

私は恥ずかしながら、いつだったかを急に聞かれると、分からなかったです(^^;

そもそも祝日の「文化の日」ですが、子供に「文化の日ってなあに?」、「文化ってなあに?」と聞かれたら慌てますよね!

そんな窮地におちいらないように(笑)、子供に「文化の日」を説明するときの模範解答を予習しておきましょう(^^)



「文化の日」とは?

11月3日が毎年固定の「文化の日」ですが、なんのための祝日かというと、こんな意味合いがあったのです。

・1946年(昭和21年)11月3日に、日本国憲法が公布され「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」となりました。

・1947年(昭和22年)までは、明治天皇の誕生日であることから「明治節」という祝日でした。

・1948年(昭和23年)には日本国憲法が平和と文化を重視されていることから名づけられ「祝日」となりました。

こういう経緯があって、11月3日が「文化の日」と呼ばれ、祝日になったのです。

そもそも「文化」とは?

秋の美術館
何気なく「文化」と言いますが、何を指して「文化」というのかをまとめておきます。

文化とは?
技術・学問・道徳・芸術・宗教など生きている以上、必要な衣食住において、

人間が自然に手を加えてきた成果

のことを文化と言います。

戦乱の時代などではなく、政治体制が整った平和の時代にこそ、栄えるのが文化と言えるでしょう。

子供に「文化の日」を説明する時の模範解答はコレ!

子供に「文化の日ってなぁに?」と聞かれた場合の折り目正しい模範解答がコチラです。

「文化の日」の文化って、食べたり、服を着たり、家に住んだりする、人が作ってきたことを言うの。

日本の国では、その文化と幸せに暮らせるようにって言う「平和」を大切にする日、なんだよ?

だから11月3日に、みんなで「平和」を大事にしていくために作られた日なんだよ?

いつまでも「文化」と「平和」をみんなで大事にしよう!ということを忘れないようにお祝いしていこうね(^^)

完璧ではないでしょうか?(笑)

「文化の日」という祝日がある意味を知って

とりたてて特徴が無い祝日だと思っていた文化の日には、こんなに深い意味があったのか・・・・・と思いませんでしたか?

戦乱の時にはあり得ない文化は平和な今だからこそ、子供たちにも忘れないように教えるべきなんだなと思います。

そして、自分でも平和に、そして築き上げた文化にも感謝しないといけない大切な時と感じました。

また、子供たちの今後も「平和を愛する心」を大事にして、この文化の日をこれからも、その心を忘れない日として守らないといけません。

「文化」と「平和」は毎日必要ですが、あえて一年に一回こうして記念日として作られた11月3日の「文化の日」を、いつまでも大事にしたいですね(^^)

-