赤口の結婚式が良くないワケ※時間帯を午後にすればOK?

今度、友人が結婚式を挙げるのですが、予定日が赤口に当たるとかで、迷っていると相談されました。

なぜ赤口(しゃっこう/しゃっく)に結婚式を挙げるといけないのでしょうか?

縁起が悪いから午後から挙げることも考えているそうなのですが、午前ではなく午後にすればOKなのでしょうか?

それらの理由を早速調べてみました!

スポンサーリンク


結婚式を挙げるのに、赤口の日は良くない!?なんで?

結婚式と言えば、おめでたいことこの上ない人生の大イベントですよね!(*^▽^*)

もちろん大安に挙げたい!でも、それは皆も同じなわけで(-_-;)

赤口の結婚式はどうして良くないかというと、赤口では、縁起の良いとされる時間帯が

午前11時~午後1時までの間のみ吉、それ以外は凶

となっているからなんです。

ただ、法事には良い日なんですって!完全に結婚式とは真逆ですね!

その日は万事において凶とされ、新しいことを始めるべきではないとありました。

「赤口」には「赤」という字が付くことから火や刃物に気をつける日とされています(-_-;)

結婚式においては、火はキャンドル、刃物はウエディングケーキの入刀に欠かせない物なので、それを避ける意味も入っているのかもしれませんね(-_-;)

何だか仏滅よりも良くなさそうな気がするのは、私だけでしょうか?(-_-;)

結婚式とは新郎新婦が2人で新しい生活を始める・積み重ねていくスタ-トラインの日なわけですから、なるほど、まさにふさわしくない日と言うのもわかります。

新郎と新婦

赤口に結婚式を挙げる場合、時間をずらせば大丈夫なの?

こんなおどろおどろしい(!?)日に結婚式を挙げたくはないのですが、どうしてもその日しか都合がつかないなどの場合、

午前11時~午後1時の吉な時間帯に合わせてなら大丈夫

だそうですよ(*^▽^*)

でも、この時間帯はむしろちょうど良い時間帯ではないでしょうか?

だって、11時から始まるのなら式場のセッティングなどの準備の時間も十分ありますし、新郎新婦の準備・列席してくださる方々も余裕を持って式場に来ることができ、お昼の時間も挟むので食事の時間も上手に取れます(笑)

【結婚式の舞台裏はこんな大勢の人が動いているんですね・・・・】

仏滅に結婚式を挙げる人が増えている?

大安は予約が詰まっている、赤口もよろしくない、ならば次は?と考えた時、何と仏滅に結婚式を挙げる方もいらっしゃるそうです!Σ(・□・;)

理由としては、

・費用が安くなるから
・確実に予約が入れられるから

だそうですが、やっぱり仏滅は意味も響きも結婚式には似つかわしくないので、できれば避けたいと言うのが本音です(T_T)

時間をずらせば怖くない!?赤口に結婚式を挙げる時のまとめ

ここまで、赤口についての短所とともに、時間帯が合えば良い方法も挙げてきました。

2時間と限られた時間帯ではありますが、結婚式や披露宴を挙げるにはちょうど良い時間帯であることも一理ありますね(*^▽^*)

ただ、赤口の日だけに限らず、火と刃物の取り扱いにはくれぐれもお気をつけくださいね(-_-;)

最終手段としましては、火も刃物も使わない結婚式にするのはどうでしょう?

そうすれば、時間帯も合わせれば、もう赤口も怖くない!はずです・・・(-_-;)

【結婚前にお金の準備もしっかりと!】

とは言え、縁起だけが新郎新婦の未来を決めるものではないはずです!

2人で良い時も悪い時も、ともに積み重ねていけたら、それが何よりだと私は思います(*^▽^*)

最後にもう1度言います。

赤口に結婚式を挙げる場合は、時間帯は午前11時~午後1時が吉です!

今までは単純に結婚式と言えば大安!と思っていた私ですが、今回赤口について調べたおかげで、良い勉強になりました(*^▽^*)

これだけは私も忘れないようにしておきます(笑)

-常識・マナー