卒業式に袴で電車に乗って行くのは危険?レンタル方法Q&A

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

卒業式に袴で電車に乗って行くのは危険?

大学の卒業式、袴で参加している女の子が多いですよね。

昔は袴が女学生の制服だったので、その名残から、卒業式では女性が袴を着る風習が定着しています。(可愛いから憧れます♪)

でも普段着ることがないので初めてだといろいろ分からないこともありますよね?

特に袴で電車に乗っても大丈夫なのかということ。

そこでここでは、卒業式に袴を着る方のために様々な疑問について回答していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

卒業式に袴で電車に乗って大丈夫?

山手線の車両

家から卒業式会場までが遠いと、袴姿のままで電車に乗っていいのか気になるところですよね。

レンタルの場合は当然借り物なので、なるべく汚さないようにするべきだと思いますが、実際に袴姿で電車に乗っている人が多いですし、卒業シーズンで周囲の人も理解してくれますから、そんなに気にしなくて良いと思います♪

けっして周囲から浮いて見えたり、軽蔑の目で見られる心配はありません。

ただ、朝のラッシュアワーなどの満員電車に乗ってしまうと、袴にシワがよったり、色んな人と体を接触することになるので思わぬ汚れがついてしまう心配も……。(髪型だってそれで崩れる危険性もあるでしょう)

なので混み合う電車には袴で乗らないほうが無難ですよ。

卒業式の時間は他の学生や会社員が通勤通学する時間より少し遅いので、混雑は避けられるかもしれません。

しかし遠方から大学の卒業式の会場へ向かう場合は満員電車に乗り合わせる可能性もありますよね?

そんなときは大学から徒歩圏内の美容院で袴の着付けをしてもらうといいでしょう。(なかには卒業式の前日からホテルに泊る人もいます)

もしも友人と誘い合わせて行く場合は電車は諦めてタクシーに乗り合いしていくのがベスト。(タクシー料金も折半すれば安くなりますから)

袴で電車に乗る際に気をつけたいのは、歩き慣れていない恰好だということ。

履きなれない草履はつまづきやすく、袴は俊敏に動ける格好ではありません。

つまづいて駅の階段から落ちたり、ホームから転落しないように気を付けて下さいね!

卒業式に着る袴のレンタルQ&A

卒業証書を持った袴姿の女学生

おそらくほとんどの女性が人生で初めて袴を着ることになるのが大学の卒業式。

袴については分からないことだらけでしょうから、最低限知っておきたい知識をQ&Aでお答えしていきます。

袴のレンタル料金はどれぐらい?

袴のレンタル料金はモノによってピンキリですが、一般的には小物などフルセットで2万円から5万円ぐらいが相場価格になっています。

中にはレンタル料で100万円!という高級袴もありますが、5万円前後のものをレンタルすれば、ある程度ちゃんとしたものが借りられますよ。

ですから借りる時の目安は5万円と思っておいてください。

インターネットで格安のレンタル品もありますが、安いものは素材が悪かったりするので要注意です!

ただ品質とは関係なく、柄も好き嫌いがあるでしょうから、予算と相談しながら時間をかけて気に入ったものを選ぶと良いと思います!

袴以外に必要な物

卒業式用に袴をレンタルするのであれば、基本的に必要な物をセットで貸してくれるので、おうちでいろいろ揃っている場合以外はフルセットでレンタルするのが安心です。

フルセットには振袖(着物)や袴の他に

  • 肌着
  • 長襦袢
  • 帯(半巾帯)
  • 草履
  • 足袋

など袴姿に必要なものが全部揃っていると思いますが、借りる時に「何が含まれていて、自分で何か準備しなければいけない物があるかどうか?」はきちんと確認した方が良いでしょう。

単品で借りてもそんなに安くならないことが多いので、フルセットで借りた方がお得ですよ。

また、これらフルセット含まれないものとして

  • ブーツ
  • 巾着
  • 金襴帯
  • 刺繍衿
  • 髪飾り

などがあります。必要に応じて借りるといいでしょう(それぞれ1,000円~3,000円くらいで好きなものだけ借りることが出来ます)

袴に合う髪型やバック

巾着

袴姿にはショートでもロングでも大丈夫ですし、派手な髪飾りをしたり巻き髪にしたりしても似合うので、その人に似合う髪型にするといいと思います!

せっかくなのでちょっと派手にと当日美容室で派手に装飾する人も多いと思いますが、黒髪ストレートで清楚な感じにするのもいいと思いますし、自分らしい髪型にしたいですよね。

ただ和服なので、あまり盛り過ぎないように注意しましょう♪

バッグはやはり和柄のがま口や巾着が無難ですが、今風にクラッチバッグなど合わせるのもいいですよね。

普段使いのものと合わせるのは難しいので、当日着る袴の柄に合わせて買うのが良いと思います。

巾着は定番で値段そんなに高くないですし、種類も多いのでおすすめです!

衣装と柄の近いものを選ぶと統一感が出てお洒落に見えますよ♩

袴はどうやって着る?ひとりで着れる?

袴の着付けは自分でやる人もいますが、やはり簡単ではないので馴染みがない場合はプロに頼んだ方が良いと思います。

せっかく高いお金を出してレンタルしたのにうまく着れていないと台無しですし、卒業式は時間が長いので、最初は良くても後から着崩れてしまうこともあります。

どこにお願いするかについては美容院でやって貰う人が多いと思いますが、個人で着付けをやっていたり、着付け教室などでも着付けしてくれるサービスがあったりします。

いきつけの美容院に親しい美容師さんがいるようであれば、まずはそちらに聞いてみるのがいいんじゃないでしょうか。

所要時間は30分ぐらい、相場は1万円前後が多いかと思います。

袴のレンタルはいつ予約する?

袴のレンタルは卒業式の直前でも出来ますが、柄やショップを選ぶ選択肢が狭まってしまいますので、なるべく早めに予約したいですよね♪

一番早い人でも11月に予約するぐらいなので、柄にどうしてもこだわりたい方は遅くとも12月初旬までに予約するのがおすすめです!

実際に1月に予約する人が一番多いので、12月中であればそれなりの選択肢はあると思います。

年明けに思いがけず卒業出来ることになってしまった!という人はとにかく急いで予約しましょう♪

スポンサーリンク

まとめ

大学の卒業式に着る袴姿のまま電車に乗っても平気なのかお伝えしてきました。

空いている電車ならば全然ダイジョウブですが、満員電車に乗り合わせると袴が汚れたりシワがよるので避けたほうがいいでしょう。

大学の卒業式と言えば女性は袴姿が定番になっていますが、その他に袴を着る機会はまずありません。

せっかくの機会ですから、早めに準備して自分の好きな柄を選んで、卒業式をいい思い出にして下さい!

特に大学では、それほど親しくない友人など、後から振り返ってみると最後に会ったのは卒業式だったなぁという人は意外に多くなると思います。

素敵な袴姿を印象に残して貰えたら嬉しいですよね♪

イベント
このブログをRSSに登録する
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

新しい季節

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました