新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

トースターで餅を焼く時くっつかない秘訣※用意するのはコレ

お正月といえば、お餅!ですよね?海苔餅、あんこ餅、納豆餅にくるみ餅などなど…。

地方色も強く、各ご家庭での定番ものがありますよね。

種類が多くて悩むところですが、私は海苔餅が一番好きです!

香ばしい醤油にしっとりとした海苔があわさり、ついつい食べ過ぎて翌日大後悔です(笑)

実家にいたときは、時期を問わず食べたい時につくってもらっていたのですが、自分がつくる側となった今は…。

何が面倒かって、焼いた後の片付けです。

ひっくり返した時に、お餅がネバーっと網についてしまい、それをとるのに苦労します(汗)

一個だけ焼きたい時など、その一個のために網の大掃除をしている気分になります。

そうだ!アルミホイルだ!と思い敷いてみたこともありました。

結果は!!…アルミホイルにベターっとくっつきました…。

でも、ある「モノ」を使ったら、そんな悩みがいっぺんに解消されちゃいました(^^)

トースターを使って焼くときに、お餅が網にくっつかない方法をご紹介しますね。

スポンサーリンク


「クッキングシート」さえあれば網に餅がくっつかない!

オーブントースター

私が今年の冬から実践して成功した方法が

トースターにクッキングシートを敷く

という方法です!

ご存知のようにクッキングシートはクッキーなどお菓子を焼く時に使うシートです。

このクッキングシートを網の上に敷いて、餅をのせるだけです。

クッキングシートは表面がツルっとしているので、くっつきにくいんですね。

一切くっつかないで焼ける時と、少しだけくっついてしまう時もありますが、それもほんのわずかです。

まったく役立たずのアルミホイルとは段違いですよ。

お餅を一個だけ焼くときは少しだけ切って敷く、二個~三個まとめて焼くときは大きく切って敷く、などサイズも自由に使えるので無駄がありません♪

餅を焼く時のトースター専用シートがある?!

なんと、トースター専用の餅焼きシートというのがあるんです。

もし家にクッキングシートがない場合、最初からこちらを購入したほうがいいでしょう。(スーパーやインターネットで購入できます)

使い方は簡単で、トースターの網の上に敷いて、餅をのせるだけです!

かたくずれもなく、5分程度で出来上がりです。

このシートは洗って繰り返し使える(食器洗浄機NG)ので、お財布にも優しいですね(*^_^*)

お手入れも簡単で性能もよし!となれば、一度は試してみたい商品です!

アルミホイルが進化?!

今までアルミホイルを使ってお餅を焼くと、当然のごとくくっついていたのですが、今はくっつかないアルミホイルがあります。

アルミホイルの片面をくっつかないように加工したもので、通常のアルミホイルよりも価格は高いものの、くっつくストレスがなくなる優れものです!

餅焼きシートと異なり使い捨てにはなりますが、自分の好きな大きさにカットしたりフライパンで使用できるので、用途は広がりますね。

どうしても網で直接焼きたい!という方必見!

クッキングシートや餅焼きシートを敷くと、どうしてもトースターの熱を遮ってしまい、カリッと焼けないのは事実です。

これを気にしない人はいいですが、もし気になる人で「どうしても網に直接置いて焼きたい!」という方は、次のことをお試しください(^O^)

【方法1】・・・トースターと網をしっかり温めて(予熱して)からお餅をのせる。

【方法2】・・・網またはお餅に薄く油をぬる

この2つの方法で焼けば、いくらか網にくっつくのを防げます。

ただ、100%は防げませんし、【方法2】は油を使うので、それの片付けが生じます…(-_-;)

☆おまけ☆
YouTubeで見つけたこちらの裏技。お餅に一滴の醤油をたらすだけでくっつかなくなるとか。

今度試してみようと思います。

トースターで美味しいお餅の焼くための4つのポイント

せっかくお餅を焼くなら、なるべく美味しくしたいです!

どうすれば美味しいお餅が出来上がるでしょう?ポイントをまとめてみました。

■ポイント1・・・お餅を並べすぎない!

一度にまとめて焼いてしまいたいことろですが、置けば置くほど隣のお餅とくっついてしまいます。

購入した切り餅ならば、間隔をとって2~3個並べるとちょうどいいと思います。

■ポイント2・・・表面にこんがり焼き色が目安!

そわそわしてしまい(笑)一刻も早くトースターの扉を開けたいところですが、ちょっと我慢です。

表面がきつね色になってきたら、表面がぱりっとした目安です。焦げすぎにも注意しましょう…苦いお餅になります(汗)

■ポイント3・・・余熱を使おう!

焼けた瞬間取り出したいですね。でもここでもう一息!

トースターの電源は切って、扉は開けずに余熱で2分ほど待つことで、ふんわりしたお餅の出来上がりです。

■ポイント4・・・乾燥していないお餅を使おう!

市販されているお餅の場合は、ほぼ問題ないと思います。

しかし、購入してから時間がたってしまったお餅や、自分でついたお餅など…水分がとんでお餅にひびがある場合は注意しましょう!

水分を含んでいるほど、ふっくら焼き餅が出来上がります。

食べきれない量のお餅を手に入れた際は、水分がとぶ前に保存用の袋などにいれて冷凍庫へ!!

こんな形のお餅を知っていますか??

市販されているお餅は、地域によって四角だったり丸型だったりしますよね。

今では、切れ目の入ったお餅も一般的になりました。

料理に使いやすいようにと、薄く切られたスライス餅も浸透してきているようですね。

先日私は初めての形状を発見しました!それがスティック餅です!!

細長い形なので、料理にはもちろん、あんこなどをディップして食べることができます。

お子様やご高齢の方も食べやすいかもしれないですね。もちろん個人差があるので、食べる場合は十分ご注意ください!!!

ストレスフリーで、いろいろな味を!

ついついトースターでの餅焼きが面倒で、自宅でお餅を食べる機会が減っていました(汗)

シートなどを利用することで、簡単にパリ!ふわ~のお餅や焼けるなんて嬉しい限りです(^O^)

私の住む地域では、枝豆を使ったずんだ(づんだ)餅というお餅があります。

さっそくスティック餅をトースターで焼いて、ずんだをつけて食べてみようと思います!

-フード・ドリンク