三寒四温の意味とは?時期や使い方も超カンタンに説明します

「三寒四温」という言葉知っていますか?

何度か耳にした言葉のような気はするのだけど(・・?

どんな意味かと聞かれると、ちょっと説明に自信がなくなってしまいます。そんなことってよくありますよね。

会話の中でさらっと「こんな意味ですけど~」などと説明できると格好いいです。しかし、意味があやふやで使ってはいけません。誰かから突っ込まれて動揺してしまうと急に格好悪くなってしまいますよ(^^)/

こんな四文字熟語を正しい時期にさらっと使って、みんなから格好いいと一目置かれるような存在を目指したいあなた!

それでは三寒四温について言葉の意味や使う時期、またどんな風に使ったらよいのか例文を交えて紹介していきましょー!

スポンサーリンク


【これさえ知ってればOK】三寒四温の意味をカンタンに

「三寒四温」とは

季節が春に向かう頃、「3日間」くらい寒い日が続いた後、「4日間」くらい暖かい日が続く、そんな気温の変化が繰り返されること

こういった気候を指す言葉です。

この言葉を実感するのは、暖かい日が続いて「そろそろ春かな?」と油断したところに、ドーンと寒さが戻って「寒い、寒い」と鼻風邪を引いたりするときです(笑)

季節の変わり目は気温の変化に身体がついていかず、体調を崩し易いものですよね。三寒四温の季節には花粉も飛び交い、アレルギーのある方には特に辛い時期ですから。

こんな時には温かいハーブティーでも飲んでリラックスしましょう。花粉症などのアレルギー症状を抑えるハーブティーもありますよ。

開きかけた桜の花

ちょうど桜が咲きかける頃ですね。

日本と中国ではで三寒四温を使う時期が違うワケ

「三寒四温」という言葉は、

毎年3月~4月頃、
冬の厳しい寒さが緩み、季節が春に向かっていく時期

に使われます。

皆さんもこの時期に天気予報などで「三寒四温の季節になりました」などと耳にすることが多いのではないでしょうか?

実はこの三寒四温という言葉、本来は冬に使われる言葉だったのです(゜o゜)

冬に三寒四温!?なんだかピンときませんね。

それもそのはず、三寒四温は元々「中国のことわざ」でした。

中国では冬の間、寒気が7日間くらいの周期で強まったり弱まったりを繰り返しています。

三寒四温とは本来その様子を表す言葉なのです。

その後、三寒四温という言葉が日本に伝わりましたが、日本の冬は中国とは違い、そのような現象はおきません。

そこで日本では春先に寒い日が続いたり暖かい日が続いたりを繰り返しながら徐々に春になっていくことから、三寒四温はこの時期をさす言葉として使われるようになりました。

中国から輸入した言葉をちゃっかり自国流にアレンジするとは日本人もなかなか強かですね(^^)/

このようにある言葉が本来の意味とは違って定着してしまうことはよくあることです。

【三寒四温の寒さと暖かさに猫も大忙しですね】

【こんな風に使おう!】三寒四温の例文教えます!

春を待ち望む気持ちの詰まった三寒四温の言葉。残念ながら会話の中ではあまり使われることのない言葉ですね。

現在では時候の挨拶と言うかしこまった手紙の最初の部分に使われることがほとんどです。

例えば、拝啓の後に続く挨拶として

「三寒四温のうちに、季節は冬から春へと移りつつあるようです~」

というような使うことができます。

または手紙の最後に

三寒四温の季節柄、くれぐれもお体にお気をつけください。

と締めくくる時にも使うことができます。

ただし、手紙に使う場合は実際の三寒四温の季節より少し早い2月に使うことがルールです。

普段の会話でもし使うとしたら、季節の変わり目は体調を崩し易いものですから、相手の体調を気遣って

「三寒四温というように寒かったり暖かくなったりと気候が変わりやすいので、くれぐれも体調には十分ご注意ください」

などと使うといいでしょう。

あなたの優しい気持ちは十分に伝わると思いますよ(^^)/

行ったり来たりと待ち遠しい春

厳しい寒さを耐え、みなが待ち望んだ春。

しばらく暖かい日が続きようやく春になったと喜んでいると、急に寒さがぶり返してくる。

日本の春はなかなか素直にやって来てはくれません。

今度こそ春が来た!と思っても裏切られる(>_<)それを何度か繰り返しながら、気がつくと春爛漫の季節。

あれ!?何時の間に??と毎年のように驚かされます。

【プロの書道家が書いてくれる漢字Tシャツ】

そして、日本では春は出会いと別れの季節。新しい生活のスタート地点であることが多いですよね。

私は毎年春が来る度に今まで経験した出会いや別れを思い出します。そして、不安でいっぱいで新しいスタートを切ったあの日のことも(*^_^*)

私にとって春は、そんなことを思い出しながら、また新たな気持ちで頑張ろうと決意する季節なのです。

-自然・科学