立春2017年はいつ?この日の意味と用意する食べ物は何?

「今日は立春、暦の上ではもう春ですよ」なんて言葉をテレビのニュースや天気予報などで聞いたことはありませんか?

この言葉を聞くころはまだ日本のほとんどの地域で暖房器具が活躍中だろうと思われます。

コタツに入りながら「今日から春です」と言われても嘘だとしか思えません。

「暦の上」っていったい何のこと(・・?と思われたことでしょう。私もそうです。

そんな疑問を解決したくて、「立春」とはどんな日なのか調べてみました。

スポンサーリンク


2017年の立春はいつ?

2017年の立春は

2月4日(土曜日)です。

そもそも立春というのは旧暦では「1年の始まり」とされていて、二十四節気の開始点になっています。

【ワンポイント!】
二十四節気とは、古代中国で考案されたもので、1年を「24」に分割し、それぞれに季節にあった名称がついています。

現在では天気予報で耳にしたり、改まった手紙の最初の挨拶などでみかけることが多いですね。(春分や夏至もそのひとつです)

梅と鶯

【おさらいしよう!】立春とはどんな日でどんな意味?

江戸時代に出版された暦の解説書「暦便覧」によると、立春は「春の気たつを以って也」とあります。

これを現代の私たちに通じる言葉に直すと

「初めて春の気配が現れて来る」

ということです。

立春とは冬の寒さに向かっていく季節は終わり、これからは春の暖かさに向かっていくという始まりの日です。

まだまだ寒さは残っているけど、これから来る春を思うとなんだか心は一足早くほっこりと温かくなってきますね(*^_^*)

また、春夏秋冬というように春は季節の始まりです。

特に旧暦の時代には立春は1年の始まりとされ、お正月のようにお祝いをしました。

【立春は「一番寒い日」って言い切っちゃってますね(味噌なのに)】

華丸大吉ではなく「立春大吉」をご存知ですか?

いくつかある仏教の宗派の一つである禅寺では立春に「立春大吉」と書いたお札」玄関に貼る風習があります。

この「立春大吉」の文字は縦書きし、真ん中で折ると左右の文字がピタリと字がくっつくように、左右対称になっています。

これが大変縁起の良い言葉で、厄除けになります。

次の立春には皆さんもぜひ玄関に「立春大吉」のお札を貼ってご家族に1年間悪いことが起きませんようにと願いをこめてはいかがでしょうか?

【美味しそう!】立春の日に食べるもの&飲むもの

立春の日には特別に食べる「行事食」とも言うべきものがあります。

そのひとつが「立春朝搾り」!

立春の日の朝に搾った日本酒を飲むと

1年を無病息災に過ごすことができる

といわれています。

日本酒の蔵元は立春に酒屋さんに「立春朝搾り」を届けるため、前日から夜なべ仕事でこの人気の日本酒の用意をしているそうですよ。

お子様やお酒の嫌いな人にはこちら「立春生菓子」という美味しい和菓子もあります。

立春の朝に作った生菓子を

その日のうちに食べ切ると縁起がよい

とされています。

【上新粉がその材料になります】

繊細な和菓子は職人さんでなければ作ることが難しそうですが、桜餅・うぐいす餅ならご自宅でも挑戦できそうですね(^^♪

暦の上では春ですがまだまだ寒い

いかがでしたか?

四季のある日本では季節の変わり目は4回ありますが、季節がこれから春に向かっていくと思うと1番ワクワクするのは私だけでしょうか?

しかし、暦の上では春になったとはいえ、まだまだ寒い2月。

私はもう少しだけコタツでみかんでも食べながらのんびりと過ごす冬の楽しみを味わっていたいなあとも思ってしまいます(*^。^*)

-