新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

干支に猫に入れない理由(泣)超悲しいネズミにダマサれた話!

今年の干支はなにかな?と毎年思いますが、馴染みのある動物ばかりなのに何故か猫はいませんよね。

私は猫が大好きなので、猫年があったら嬉しいのに!といつも思うんですが。

今回は、猫が干支に入れなかった理由について、また海外の干支についても詳しく調べてみました!

スポンサーリンク


猫が干支に入れなかった理由とは?

日本の干支に猫がいないのには、有名な逸話があります。簡単にご紹介しますね!

【十二支のおはなし】

むかしむかし、神様がいつもけんかばかりしている動物たちに困り果てていました。

そこで、動物たちのリーダーを決めるため、元旦に先着順で挨拶に来た十二匹を、毎年入れ替わりでその年のリーダーにしてあげようとレースをさせたんです。

猫もそれに参加しようと、「元旦の朝に神様に挨拶に行けばいいの?」とネズミに質問しました。

でもネズミは「元旦じゃなくて二日の朝に挨拶に行くんだよ」をつきます。

そして、ずる賢いネズミは、早くに出発した牛の上に乗って行き、牛が到着すると飛び降りて一番のりしました。

猫はネズミに聞いたとおり、その翌日の二日の朝一番に神様の元を訪れたんですが、当然十二匹の動物はもう決まっていて入れませんでした。

騙された猫は、それ以来ネズミを追いかけるようになったと言われています。

もとは福島地方から広まった逸話なんですが、猫はネズミを信用しただけなのに、なんだか可哀相ですよね!

ジャンプする猫

干支の動物たちにはそれぞれ意味があるんです!

実は、干支の動物たちにはそれぞれ意味があるんです。ご紹介しておきますね!

・子(ネズミ)…子どもがすぐ増えることから子孫繁栄を意味します。

・丑(ウシ)…食料や農耕に利用され人間の生活に必要な動物で、忍耐強さ・誠実さの象徴と言われています。

・寅(トラ)…毛皮が美しいのは、天空で輝く星だったからと言われていて、決断力と知性の象徴とされています。

・卯(ウサギ)…穏やかさから家内安全、またぴょんぴょん飛び跳ねることから飛躍を表すと言われています。

・辰(タツ)…中国では古くから権力の象徴とされてきた伝説の生き物です。

・巳(ヘビ)…執念深いと言われる反面、義理堅く恩を忘れないとも言われています。脱皮を繰り替えすことから再生の象徴ともされています。

・午(ウマ)…牛と同じく、昔から人々の生活に必要とされてきた動物です。

・未(ヒツジ)…群れで仲睦まじく生活をすることから、家族安定を意味しています。

・申(サル)…聡明で、山の神の遣いであると言われています。

・酉(トリ)…「とりこむ」にかけて商売繁盛の縁起がいいとされています。

・戌(イヌ)…人懐こく温和で忠実、献身と安全の象徴とされています。

・亥(イノシシ)…猪の肉は病を防ぐと言われ、無病息災の象徴とされています。

と、このように動物たちに意味がこめられているんです。なんだか占いみたいですよね!

【一方、十二支に入れなかった猫は伊勢海老と対決していました・笑】

海外にも干支はあるの?

海外で干支は、主に中国や韓国、タイやベトナムなどアジアの国、その他ロシアやブルガリアなどでも使われていますが、十二支の動物は国によって少し異なっています。

例えば、中国ではイノシシではなく豚、ベトナムでは牛ではなく水牛、モンゴルではトラではなくヒョウになっていたり、その国でより馴染みのある動物になっていたりします。

そして日本と違い、タイやベトナムなどでは猫年が存在するんです!

では、世界の十二支をいくつかあげておきますね!

【世界の十二支】

・日本
鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪

・中国
鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪
※中国語では「猪」とは「豚」の意味

・台湾
鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪

・韓国
鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪

・モンゴル
鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪

・チベット
鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、豚

・タイ
鼠、牛、虎、猫、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、豚

・ベトナム
鼠、水牛、虎、猫、龍、蛇、馬、山羊、猿、鶏、犬、豚

・ベラルーシ
鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、豚

・ロシア
鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪

とこんな感じです。少しづつ日本とは違っているので、調べてみると面白いですよね!

※この干支の順番の覚え方は干支の順番の超カンタンな覚え方@この順番になった由来と物語も!を参考にしてくださいね。

日光東照宮の眠り猫は家康を守っている?

日本の干支には入れなかった猫ですが、招き猫は商売繁盛の縁起物ですよね!

それから、日光東照宮には、あの有名な三匹のサルの他に、猫も彫られています。

「眠り猫」と呼ばれるこの猫は、徳川家康を護るために眠っているふりをして、いつでも敵に飛びかかれるよう目を光らせていると言われています。

【おウチの猫ちゃんも十二支の動物に変身できますよ】

また「猫も寝るほどの平和」の象徴ともされています。

干支には入れなくても、猫は昔から大切にされているのかもしれませんね!

-雑学・トリビア