新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

忘年会の予約はいつ頃に?予約が埋まる時期の前に済まそう!

「忘年会の予約」については、幹事であれば何かと頭を悩ますところです(>_<)

予約を取るにしても、人数が大人数か、少人数かで変わってくることも多々ありますから、まさに年末を感じます!

大人数じゃないから…と思っていたら、予約が取れなかった!なんてことがあったら大変です。

慌てないで行動が大事ですが、いざ「幹事をお願い」となった時のために、予約はいつ頃がいいのか?

予約が埋まる時期の前に済ませよう!と思い、まとめてみました(^^)

スポンサーリンク


忘年会の予約はいつ頃に?

忘年会の予約はいつ頃すればいいかというと、忘年会に参加する人数によって時期が異なります。

50人以下なら1ヶ月前

に済ませるのがいいとされています。

50人以上の場合は2ヶ月前

には済ませないと、大きな会場などは取れないということがあります。

居酒屋

参加人数が多いとそれだけ早く会場が埋まってしまいます。人数が少なくても、オシャレなお店などでも早めの予約が必要になります。

忘年会の予約が埋まる時期は?

忘年会シーズンの1ヶ月前には、みんなが予約をし始めますから、オシャレなお店はだんだん埋まっていきます、

ですから、11月半ばに人数確認したら、予約をしてしまいましょう。

大きな会場は企業の予約でどんどん埋まっていくので、10月半ば(2ヶ月前)には人数確認をしたら、予約は早めにしましょう。

また、幹事を突然お願いされた場合は、その時点で空きのある場所(希望通りとは言えないお店・会場)になることを、急に決まったことを理由にして周りに説明しておくことも大事です。

【忘年会シーズンを前に用意しておきたいウコンの力(顆粒)】
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

忘年会の突然の変更やキャンセルは?

人数の変更があったり突然のキャンセルが発生することもありますが、キャンセルするにはキャンセル料が記載されていなくても、

キャンセル料を取られるケースがほとんど

です!

忘年会は大きなイベントなため、居酒屋やその他の会場は用意が整うように、事前に支度がしてあります。

それは年末だからこそ用意が確実にできるよう事前に発注してあるためなのですが、人数が変更になって、増えたり減ったりしたらすぐに連絡をしておきましょう。

そして、事前にキャンセルにはキャンセル料が発生する旨を周りに知らせておくことが大事になります。

忘年会の予約での幹事の役割

もちろん出席か欠席かの確認は、幹事にとっては大切になりますが、予約の段階で、どういった場所でどんな料理が出るか、なども大事です。

そして、車ではほとんど行かないと思いますが、アルコール類のある場合に備えて、運転代行の手配や、電車やタクシーなど交通の便が良い場所を選ぶ必要があります。

または、時間の都合などで遅れてくる人に対しての場所の説明も大事になりますから、幹事の役割は予約段階でやることいっぱいです。

幹事は誰よりも早く行動しなければならないので、ゲームの準備なども含め、アルコールが入って騒ぎにならないように、お店との連携も大事になります。

※忘年会で盛り上がるゲームについては、忘年会のゲーム【簡単&大人数】で盛り上がるものベスト3をご覧ください。

私は幹事のお手伝いをしたことがありますが、手伝ってくれる人に最終確認を一緒にするなど、幹事の役割はとにかく「確認作業」が大事だと思いますよ(^^)

-イベント