新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

寒中見舞いを出す時期※いつからいつまで出すのがマナー?

日本には大切な人を気遣う便りを四季に合わせて送る習慣があります。

メジャーなもので言うと夏の盛りに送る暑中お見舞いがその一つです。暑さ寒さが厳しい日本ならではの心遣いの文化ですよね。

夏に送る暑中見舞いは有名ですが、冬の寒い時期に送る「寒中見舞い」というものもあることをご存知ですか?

冬に送る便りは年賀状がありますが、この寒中見舞いは年賀状とは少し意味合いも出す時期も違います。

今回はこの寒中見舞いの出す時期やマナーについて調べてきました☆

スポンサーリンク


寒中見舞いとは?出す時期はいつからいつ?

寒中見舞いは

松の内(1月7日)から立春(2月4日)まで

の間に出すことがマナーです。

松の内以降の年賀状を頂いた方へのお返事や、喪中で年賀状の出せない方へのお便りとして使われる事が多いです。

しかし本来の寒中見舞いとは、新年を祝う年賀状とは違い、厳しい寒さの中で体調を崩されていないか?、元気でやっていますか?という気持ちを込めたお便りです。

ハガキで一言添えて送ることが多いですが、もちろん封書で送ってもいいですよ☆

寒中見舞いの書き出しのおすすめは

・寒中お見舞い申し上げます
・寒さの折いかがお過ごしでしょうか
・年改まって、寒気がひとしお募って参りました
・極寒の候いかがお過ごしでしょうか
・厳しい寒さが続きますが、みなさまお元気ですか

などが文面が美しくおすすめです。

全体の文例はこの3パターンを基本にするといいですね。

ハガキは冬の美しい風景の写真やイラストが書かれているハガキや便せんを選ぶとさらに気持ちが入りますよ?♪

寒中見舞いの時期を過ぎてしまったら?

雪だるまの小物
寒中見舞いの時期を過ぎてしまったけれど、お便りを出したい…

それなら「余寒見舞い(よかんみまい)」をだしてみてはいかがでしょうか?

余寒見舞いは立春がすぎたとはいえ、まだまだ寒さの厳しい2月の下旬頃まで出せますので、寒中見舞いを出し忘れていても十分相手に伝わるお便りを送ることができますよ☆

ちなみに余寒見舞いの書き出しも少しご紹介☆

・春寒のお伺いを申し上げます
・残寒のお見舞いを申し上げます
・まだまだ寒さが続きますがいかがお過ごしでしょうか

などで始めるとスマートで良いと思います。

ちなみに余寒見舞い以降は「○○見舞い」という文面でのお便りは「暑中見舞い」までありません。

もし余寒見舞い以降にお便りを出すなら、文頭に春の訪れを喜ぶ文章から始めてお便りを書くと良いですよ。

相手を気遣う気持ちをぜひ寒中見舞いにしてみてください

・松の内(1月7日)から立春(2月4日)までに出す
・相手の健康を気遣うためのお便り、ハガキでも、封書でも
・2月4日以降から2月下旬ごろまでなら余寒見舞いを

冬は特に体調を崩しやすい時期でもあります。
しかもお天気もすっきりしないので気持ちも滅入ってしまいます…。

そんなときに寒中見舞いがポストに舞い込んでくると、きっと温かい気持ちになって送られた方も元気が出てくると思います。

そんな元気を大切な人へ、是非届けてみてください☆

私も寒中見舞いは喪中の方へ年賀状代わりに出していたくらいの知識でしたので、今年はいつもお世話になっている人へ書いてみようと思います♪

※私みたいに年賀状と寒中見舞いの違いがよく分かっていない方は、年賀状と寒中見舞いの違い:両方送るべき?喪中の場合は?という記事にまとめていますのでチェックしてみてください。

さぁ、キレイな便せんでも探しに行こう☆

-常識・マナー