新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

入社式に適したネクタイの選び方@色や柄はコレが好印象!

スポンサーリンク
 

この春から社会人一年生となる皆様、おめでとうございます(*^^*)

まず最初にやってくるのが入社式です。

入社式ではこれから一緒に働く同期や先輩、上司にお偉い方々まで勢揃いの場です。

ここで好印象を持ってもらえると、今後の仕事もスムーズにスタートが切れるというものです。

そのためには身だしなみを整えることが大切ですが、その中でも今回はネクタイをピックアップしたいと思います。

入社式にはどんな色のネクタイがいいのか、どんな柄がいいのか、間違いのないネクタイ選びをご紹介しますね。



【これが定番ネクタイ!】入社式におすすめの色や柄

スーツ姿の新入社員
入社式における好印象とは、どういったものでしょうか?

他よりも目立って、個性を出して、できる人をアピール?

残念ながら、それはオススメ出来ません。

「生意気だ」、「見た目ばかり気にしてる」なんてことを思われてしまうかもしれませんよ。

入社式で必要なものは「真面目、誠実、爽やかさ」だと言われています。

それをネクタイで表すと、やはり定番で無難で目立たないイメージがいいかと思います。

見た目は目立たなくても、仕事で目立つ方がいいですよね^^
 
 
(1)色はネイビー、柄はストライプがオススメ
やはり真面目で爽やかと言えばネイビーですね。

それに定番中の定番であるストライプ(レジメンタル)の柄だとバッチリです。

例えばこんな明るい色が入ると、爽やかさが引き立ちますね。

こちらは、ダークネイビーで細いストライプなので落ち着いた印象です。

こちらはちょっと変わったシルクの光沢で清潔感もアップですね。

 
 

(2)落ち着いたドット柄も好印象
大きなドットだと目立ち過ぎてNGですが、細かいドットだと無地に近い感じで落ち着いて見えますね。

色はやはりネイビーなどのダーク色がオススメですが、エンジなども定番です。

こちらも細かいドットで安心感があります。

こちらはシルクで高級感があって、後々も使えそうです。

 
 

(3)やはり無難と言えば無地ですね
爽やかな色の無地は無難な中にも新人らしいフレッシュ感がありますね。

無地だと素材感が出るので、光沢があるものをおススメします。

こちらは、失敗しないシャツとネクタイのセットです。

この3本はどれを選んでも間違いなしです!

【ネクタイ選びの注意点】これだけはNGなチョイス×5

どんなネクタイが好印象かお分かり頂けたかと思います(*^^*)

でも、会社によっては自由な社風もあってもう少し個性を出せる場合もありますよね。

そんな時でもこれだけは避けた方がいい!という注意点が5つありますので気をつけて下さいね。

■ピンクや黄色、鮮やかな赤などの派手な色
やはり派手すぎる色は目立ってしまいますよね。
■キャラクターや奇抜な柄物
これはさすがに選ぶ人はいないかな?
■剣幅が7センチ以下のネクタイ
一般的なネクタイの剣幅は8センチほどですが、7センチ以下の細いネクタイもあります。細いネクタイはパーティー感が強くなるので避けた方がいいですね。
■素材がニットや異素材のもの
くだけた感じが不向きですね。
■高級ブランドのネクタイ
目をつけられたり、生意気に見られることもあるので避けた方が無難でしょう。

【ひとりでネクタイが結べないよ~~という方はコチラ】


【まとめ】第一印象はすごく大事ですよ

入社式を目前に控えてワクワクドキドキと、期待や不安の入り交じった気持ちかと思います。

ネクタイ選びに慎重になる気持ちもわかります(汗)

激しい就職戦線を突破してホッとしたのもつかの間、これからは責任ある立場になるので気を引き締めなければいけませんよね。

入社式が終わると、次の日からは早速仕事が始まります。

最初は覚えることもたくさんあって、周りの人との関係を作っていく大切な時期です。

でも大丈夫。

最初の日にバッチリ印象を良くしておけば、あとは自然と本来の姿やがんばりが認められていくと思いますよ(*^^*)

つかみが肝心です!そしてもちろんその後も大事ですので、ぜひお仕事がんばって下さいね!

-ファッション