新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

入社式の髪色@男女で許される色は?各業種別にまとめてみた!

スポンサーリンク
 

この春、晴れて社会人一年生という方も多いのではないでしょうか(*^^*)

楽しかった学生生活も終わり、これからは社会人として規則があり、責任もある立場になるかと思います。

そんな社会人として新しい世界に踏み出す第一歩が入社式ですね。

入社式では第一印象が大切です!

最初のイメージを決めるのは服装はもちろん、やはり髪色や髪型ではないでしょうか?

これから一緒に働く先輩や上司の方々に好印象を持ってもらうには、どんな髪色がいいのか、どこまでなら許されるのか、ふさわしい髪型はどういったものなのか、各業種別にまとめてみましたよ。ぜひ参考にしてくださいね。



【これが基本】男女とも黒髪がベター

女性の髪
入社式という場は「これから仕事をがんばります!」という気持ちを表明する場でもありますよね。

そんな時に、明るい髪色や派手な髪型だと「仕事のことより見た目を気にしてる」なんて思われちゃいますよね。

年代によっては、髪の毛を染めるということ自体、あまりいい印象がない場合もあります。

そうならないためにも男女とも黒髪をおススメします。

黒髪で印象が悪くなると言うことはまずありませんから、誰から見ても好印象は間違いないと思います。

【セーフラインの判定方法】面接時の髪色なら大丈夫♪

とはいえ、黒髪の方がいいのは分かってるけど、プライベートもあるし、茶髪の方が似合うし、黒髪にしたくないから悩んでるっていうのが本音ですよね。

そんな場合は目安として、面接時の髪色で判断できます。

面接時に髪を染めた状態で合格しているなら、

その会社ではその髪色はオッケー

ということになります。

企業や業種によって基準となる髪色は違ってきますので、面接時の髪色というのはひとつの基準になりますね。

内定をもらった時のイメージとそう変わらない状態で入社するのがいいと思います。

【ユニクロの入社式の様子ですが、やはり髪の色は「黒一色」です】


※一部の女性は薄い茶髪がいるようにも見えます。

【お仕事・業種別】許される髪色まとめ

では、お仕事や業種別だと、許される髪色にはどのような違いがあるのでしょうか?

企業によって違ったり、店舗によって違うのは当然ですので、こちらはあくまでも一般的な傾向となります。

■黒(もしくは「ほぼ黒」が望ましい業種)

・営業職(男性)
・銀行
・公務員
・医療
・福祉系

 
 
■やや茶色でも大丈夫な業種

・営業職(女性)
・事務系
・接客業

 
 
■明るいめの色でも大丈夫な業種

・アパレル
・美容
・IT関係
・工場系

若者が多い会社や新しい企業などは自由な社風が多いので、茶色でも大丈夫な場合が多いと思います。

逆に大企業などは年齢層も幅広く保守的な傾向がありますので黒髪が無難ですね。

男女で分けると、一般的には男性は黒髪、女性は少し許容範囲があり、自然な茶色程度が望ましいとされています。

不安な場合は、実際に働く会社の人事に聞くというのがベストだと思います。

【もとの黒髪に戻すなら花王の「リーゼ」】

【髪の長さ&ヘアスタイル】入社式にふさわしい髪型は?

髪色も大切ですが、髪型も印象が変わりますよね。

入社式での髪型としては、男性は短く、ストレートで清潔感のある髪型がいいかと思います。

スポーツ刈りや七三分けはしなくていいですが、パーマやロングヘアーは避けた方がいいですね。

女性は、お辞儀をした時にサイドの髪の毛が顔にかからないようにするのが基本です。

女性会社員

ロングの場合は一つに束ねるのがいいですね。その際も、派手でないヘアアクセサリーを選びましょう。

入社式はパーティーではないので、巻き髪や、アップにするのはNGです。

仕事をする時に邪魔にならない髪型をイメージするのがいいと思います。

会社の一員としての身だしなみが大切

その会社で働くということは、その会社の看板を背負うということにもなりますよね。

周りの人たちから見れば、自分のイメージ=会社のイメージとなることもあります。

もちろん、個人の自由もあるのですが、会社の一員としての自覚も持ちながら、身だしなみには気をつけたいですよね。

入社式では黒髪にしても、会社に入ってから周りの様子を見て、徐々に変化していってもいいと思いますよ(*^^*)

まずは最初が肝心なので「真面目で、清潔感があり、爽やかな」イメージの身だしなみにするのがいいと思います。

-常識・マナー