新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

土用の丑の日@うなぎ以外の食べ物オススメBEST5※安いもの限定

スポンサーリンク
 

今年の土用の丑の日は皆さん『うなぎ』食べますか?

さすがに家族が多いと、人数分買うのとかなりの高額ですよね(汗)

土用の丑の日は「う」の付く食べ物で夏バテ対策って事でうなぎを食べますが、だいたい丑の日って『うなぎ』じゃなきゃダメなんですかね~?

そこで他の代用品があるか調査してみたところ結構あったんです。

分かりやすくランキングでおすすめBEST5をご紹介しますので、土用の丑の日メニューに追加してみて下さい。



うなぎ以外の「う」の付く食べ物おすすめBEST5

ではでは、さっそく鰻以外で「う」が頭に付くおすすめの食べ物をBEST5まで紹介していきましょ~~~。レッツゴー。
 
 
■第5位 うどん
冷やしうどん
うどんは暑さで食欲の無いときでもあっさり食べれて、消化吸収も良く食べやすいです。
 
 
■第4位 胡瓜(きゅうり)
冷やしキュウリ
きゅうりは95%が水分なのでカロリーが低く、カリウムを多く含んでいるため利尿作用があり、むくみ解消に効果があります。
 
 
■第3位 南瓜(かぼちゃ)
かぼちゃスープ
食欲減退しやすい夏場に、ベータカロチンや食物繊維などの栄養素を補給するのに最適な食べ物です。
 
 
■第2位 西瓜(すいか)
半分に切ったスイカ
すいかは体を冷やす効果があり、水分量も多く抗酸化作用も高いので解毒作用があると言われています。

■第1位 梅干
白米と梅干し
梅干の代表的な夏バテに効く栄養素はクエン酸で、疲労回復に効くので夏バテ解消にはとても効果がある食品です。
 
 
以上、5品でした。

スイカもカボチャもキュウリも頭に「う」が付いてないじゃん!と思うかもしれませんが、これらはどれも「ウリ科」の野菜なので、一応「う」が付いているということでご理解ください(苦しいですか?)

どれも安い食材ばかりなので、これらを2つくらい組み合わせてもいいですね。

「梅干し+うどん」とか「かぼちゃ+うどん」などをクックパッドで検索すれば、レシピが見つかるはずですよ。

【YouTubeに梅干しとアボカドを使った冷やしうどんの作り方がありました♪】

【番外編】こんな食べ物もアリですよ!

以上、BEST5をご紹介しましたが、「ありがち感」は否めません(笑)

もっと違うのないの~~~?という方は、こんな食べ物はいかがでしょうか?

■ウコン
■うずらの卵
■ウニ
■海ぶどう
■うるち米
■ウド

ウコンなんて二日酔い防止の飲み物かと思いきや、今は八百屋で生ウコンが売っていて、料理の具材としても使えるそうです。

ウニは鰻と同様に高級食材なのでダメですね(^_^;)

だったら、海ぶどうなどいいかもしれません。

沖縄土産として定番ですが、たまにコストコなどでも買えるそうです。ネット通販ならいつでも買えますね。

プチプチした食感が癖になる食べ物で、意外にも食物繊維やミネラル&ビタミン豊富な低カロリー食材として優れています。

【豆知識】土用の丑の日に「う」が付く食べ物を食べる理由

江戸時代の町並みのミニチュア
土用の丑の日に「う」の付く物を食べる習わしが定着したのは江戸時代でした。

この頃はうなぎが高く一般庶民はなかなか食べることが出来なかったので、うなぎに替わる夏バテに効く丑(うし)の「う」の付く安価な食べ物を食べるようになったそうです。

そう、今と同じように江戸の時代も鰻は高価な食材だったのです。

そもそも夏の土用の時期は、暑い夏の始まりでもあり体力を付けたい時期になります。

本格的な暑さがくると食欲が減退し夏バテしてしまうので、滋養作用やあっさりと食べやすい物を選んで食べてたみたいですね。

一説には、「う」の付く食べ物を食べると病気にならないという迷信もあったようです。

「う」が付かない食べ物でもいいってホント?

土用の丑の日は何が何でも「う」が付く食べ物を食べなければならないわけじゃありません。

大切なのは食欲が落ちて夏バテしやすい真夏を乗り切るために必要な栄養が摂れる食べ物ならなんでもいいです。

昔からそういう発想があったようで、土用の丑の日に鰻の代用品として食べると良いとされているのが

■土用蜆(しじみ)
■土用卵(たまご)
■土用餅(おもち)

という、この3つ!

どれもどこでも手に入りやすくて庶民の懐事情にもやさしい食材ばかりです。

このなかで特にポピュラーだったのが「土用蜆」

「土用蜆は腹薬」と呼ばれていたほど江戸時代には土用の頃に食べられていたそうです。

この時期のシジミは栄養がたっぷりで

・ビタミンB12
・アミノ酸
・カルシウム
・鉄分
・ビタミンE
・ビタミンB2
・グリコーゲン

などなど、あの小さな貝に「どうしてこんな栄養が?」と不思議なほど体に良いのですよ。

ぜひぜひ、付け合せの味噌汁は「しじみ汁」にしましょう。

【まとめ】夏バテ対策には鰻以外でも全然OK!

調べてみると「う」の付く食べ物は結構ありましたねー。

2位から4位は全部ウリ科の食べ物になりましたが、水分が多くさっぱりしているのでどれも食べやすいですね(^^)

梅干は風邪を引いた時にも食べやすいし、夏バテの時の疲労回復効果は絶大です。

レシピを参考に今年の土用の丑の日にはうなぎと合わせてお試し下さい(*^_^*)

-