新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

菖蒲湯の効能と由来【それは間違い】効果的な入り方がコレ!

スポンサーリンク
 

2017/02/24

端午の節句に行う習慣の一つとして知られる「菖蒲湯」ですが、みなさんはその由来や、正しい入り方などを知っていますか?

何となくは知っているけど、そう聞かれると自信が無いという人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなちょっとした疑問を解消すべく、菖蒲湯のあれこれについて書いてみたいと思います。



菖蒲湯に入る意味は?その由来が知りたい!

菖蒲を浮かべたバスタブ
まずは菖蒲湯の由来について書こうと思うのですが、若い人の中には、もしかしたら菖蒲湯自体を知らないという人もいるかもしれませんよね?

そんな方のために、菖蒲湯がどのようなものなのか?から書いていきたいと思います。

【菖蒲湯とは?】

菖蒲という植物を湯船に入れ、菖蒲の成分が出たお湯に浸かり、香りや効果を楽しむというものです。

続いて肝心の由来について。

【菖蒲湯の由来】

菖蒲は、古くから薬草として漢方などにも使われていた植物です。

香りが強いこともあり、中国では邪気を払う薬草として昔から親しまれていました。

そのため、季節の変わり目の時期である端午の日には、体調を崩しやすいその時期を無事に乗り切れるよう、無病息災を祈り、菖蒲の束を軒先に吊るしたり、菖蒲湯に入ったり、菖蒲酒を飲んだりということが行われていました。

そんな中国の習慣が日本にも伝わり、端午の節句に菖蒲は欠かせないものとなりました。

やがて菖蒲という言葉が「勝負」や「尚武」と同じ音であることから、男児の出生や出世への願いと結び付けられ、端午の節句と菖蒲の結びつきは固いものになったと言われています。

【菖蒲は自宅で育てることも出来るんですよ】

菖蒲湯ってどんな効果があるの?その効能が知りたい!

浴槽に浮かした菖蒲
菖蒲湯の効能としては、

・鎮痛
・血行促進の働き

この2つがメインで、それに付随して「リラックス効果」もあるとされています。

端午の節句の時期に菖蒲を購入すると「ヨモギ」が一本ついてくることがありますが、これも是非菖蒲と一緒に湯船に入れてください!

ヨモギには、血行促進に加え保湿効果もあるため、特に女性には入れてほしいと思います♪

ただし、ヨモギ湯には陣痛作用があるため、妊婦さんはヨモギを入れないように注意してくださいね(^-^)

端午の節句の日の行事なので、「赤ちゃんや小さい子どもを入れても大丈夫か心配!」という人もいるかもしれません。

しかし、その点は心配しなくても大丈夫です。

長時間の入浴でなければ、全く問題はありません。

小さいお子さんに長時間の入浴をさせる事もほとんど無いと思うので、普段通りに菖蒲湯を楽しんでください♪

【ビックリ!菖蒲ってこんな風に刈り取られて収穫されているんですね!】

昔の人は菖蒲湯にいつから入ってた?歴史が知りたい!

菖蒲湯の歴史についてですが、端午の節句に菖蒲湯に入るようになったのは「江戸時代」からです。

「勝負」や「尚武」という意味を重んじた事からも分るように、江戸時代の武家の間で、端午の節句には菖蒲湯に浸かるという習慣が始まったと言われています。

菖蒲湯自体は、戦国時代には宮廷で入られていたという記録(御湯殿上日記)もありますが、一般庶民が楽しむようになり、端午の節句の行事として取り入れるようになったのは江戸時代からだという認識で良いと思います。

菖蒲湯には何が必要?正しい入り方が知りたい!

では、菖蒲湯はどのようにして作るのでしょうか?
菖蒲湯につかる親子
調べてみると、入り方は様々で、どれが正解なのかが分かりませでした(^_^;)

ただ、端午の節句で菖蒲湯に入るという習慣の由来の一つとして「菖蒲の形が刀に似ている」という要因があるため、端午の節句の行事として楽しみたいという人は、そのままの形で使用すると雰囲気が出て良いかもしれません。

この場合は、以下のように用意してみてください。

【雰囲気重視の入り方】

① お湯を入れる前の浴槽に、10本ほど束ねた菖蒲を入れる
② そこに42~43℃くらいの少し熱めのお湯を入れる
③ 通常入る温度くらいまで冷ましてから入浴する

菖蒲をそのまま使う場合は、先が尖っているので、先端で怪我をしないように注意してください(^-^)

行事としての意味合いよりも、菖蒲の効能をしっかりと感じたい!という人は、菖蒲を細かくしてから使う方法を試してみてください。

【効能重視の入り方】

① 菖蒲を細かく刻み、布・タオル・綿の袋などに一つかみ程を包む
② それを洗面器などに入れ、42~43℃くらいの少し熱めのお湯を入れる
10分~15分程置いて、菖蒲の成分を抽出したら、それを湯船の中に入れる
※お好みで、菖蒲が入った袋を湯船に入れても大丈夫です!

菖蒲は、「花菖蒲」や「あやめ」と間違われやすいので、購入する際は間違えないように気を付けてくださいね♪

【まとめ】体にも良い菖蒲湯!ぜひお試しを!

今まで菖蒲湯については、何となくの知識しかなかったのですが、今回調べてみて、とても体に良く、端午の節句の時期にピッタリの習慣だという事を知ることができました。

血行促進や鎮痛作用だけじゃなく、リラックス効果まであるなんて、端午の節句だけと言わず、今すぐにでも試してみたいと思ってしまいますよね!

正直、「菖蒲湯なんて昔の人がやってた習慣で、私には関係ないし、ただの面倒な習慣」くらいにしか思ってませんでしたが、今ではそんな自分をぶん殴ってやりたいとさえ思います(笑)

やっぱり昔の人のやる事って、何かしらの意味があってのことなんだなと、改めて感じました。

次の端午の節句の時期には、節句の祝いと共に菖蒲湯も楽しみたいと思います!

-健康