新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

潮干狩りの持ち物リスト【超便利!】絶対持っていくべき道具9選

2016/11/23

海で遊ぶと言っても、泳ぐだけが全てではありませんよね?

釣りをしたり、景色を楽しんだり、砂浜で遊んだりと、様々な遊び方があります。

そんな数ある海遊びの中から、今回は「潮干狩り」について特集します。

サッと行って、サッと帰れる印象のある潮干狩りですが、意外と準備が必要なんですよ。

ここでは、そんな潮干狩りの「必須アイテム」や持っておくと「便利なアイテム」をご紹介しちゃいます。

スポンサーリンク


【絶対必要!】潮干狩りの持ち物リスト7選

潮干狩りをする大勢の人々
「潮干狩りなんて、ただ海に行って貝を掘るだけでしょ?」なんて思っている人はいませんか?

それは大きな間違いです。

潮干狩りをするためには、潮の満ち引きの状態や、天候の確認などを初め、様々な準備が必要となります。

そんな中でも、絶対に潮干狩りには欠かせないアイテムというのがいくつかあるんです。

【潮干狩りに絶対必須な持ち物リスト】

・熊手(スコップ)
・バケツ
・網
・着替え
・タオル
・帽子
・長靴
・日焼け止め
・飲み物

これらは絶対に欠かせないアイテムですね!

熊手は砂を掘って貝を見つけるため、バケツは掘った貝を一時的に入れるため、網は持ち帰るときに貝を入れるために必要です。

【ひとり一個ずつ必要な「熊手」はまとめて買うとお得♪】

その他に着替えやタオルは、洋服が汚れたときに着替えたり、日焼け防止に首に巻いたり、羽織ったりと必要になるので、多めに準備すると便利です

強い日差しの中で長時間作業をするので、日焼け対策、熱中症対策に必要なモノは必ず準備するようにしてください。

飲み物はもちろん、お菓子などの軽食も準備しておくのがおすすめです。意外と体力勝負ですから(^_^;)

【潮干狩りで狙うポイントは「障害物のそば」だそうです】

【持っておけば安心!】意外と知らない超便利アイテム!

潮干狩りの必須アイテムを紹介しましたが、潮干狩りをさらに安心して楽しむために持っておいた方が良いアイテムもあるんです。

【あったら便利なアイテム×8】

・手袋
・ビニール袋
・マリンシューズ
・タンク
・ペットボトル
・クーラーボックス
・保冷剤
・救急箱

これらは一部ですが、あるととても重宝します。

手袋は、手で砂を掘るときなどに、けがの予防や爪に砂が入り込むのを防ぐことができます。

手袋の中でもビニール手袋がおすすめで、作業用の薄手の手袋などが一番作業しやすいと思います。

汚れた衣服を入れるのに、ビニール袋があると、周りを汚すことなく持ち帰ることができるので、いいですよ♪

靴は長靴がいいですが、真夏の場合はサンダルや裸足になると思います。すると脱げたり怪我をしやすいので、簡単には脱げない「マリンシューズ」を利用するのがおすすめです。

【こちらがその「マリンシューズ」カラーも各種あります

だいたい1000円~2000円前後で買えますので、チェックしてみてください!

タンクやペットボトルは、家から水を入れて持っていけば、飲み水として飲めたり、汚れたときに体を洗うことができるので、用意しておくととても便利です。

クーラーボックスと保冷剤は、行きは飲み物や食べ物の保存用として使用し、帰りは掘った貝を入れるのに利用します。

潮干狩りは、思わぬ怪我をしやすいので、応急処置用の道具を持ってくるようにすると、安心して潮干狩りを楽しむことができますよね♪

【子連れの場合】子どもには特別に何が必要?

4人家族
潮干狩りって、友達はもちろんですが、家族で行くことも多いですよね?

特にお子さんを連れて、家族で潮干狩りを楽しむ人の姿を多く見かけます。

そんな子連れで潮干狩りに行く人に、子どものために是非持っておいてほしいアイテムも書いておきますね(^-^)

【子供連れで行く場合に持っていく物リスト】

・多めの着替え
・水着
・レインコート
・レジャーシート
・折りたたみ椅子

子どもはとにかくはしゃぎます!

その結果、「雨上がりの砂場で泥んこ遊びをした後かのような汚れ」を携えて戻ってくるのは覚悟しておく必要がありますよね(笑)

そこで、何があってもいいように多めに着替えを準備しておきましょう。

それに加え、下着が濡れるのを防ぐために、初めから下着代わりに水着を着せておくと、水に濡れる心配をしなくても良くなるのでおすすめです♪

もし雨が降った時や、寒い時などに防寒具として使えるレインコートも持っておくと安心です。

子どもが疲れたときに休める場所と、荷物を置く場所を確保するためにも、レジャーシートを持参しておくと、とても便利です。

子どもは、自分の限界を超えても遊ぼうとするので、きちんと子どもの状態を見守ってあげることも忘れないようにしてくださいね(^-^)

【まとめ】大人も子ども楽しめる潮干狩りを目指そう!

私が子どもの頃は、近くの海に勝手に行って、勝手に潮干狩りをしていたものですが、その後は必ずと言っていいほど親に怒られました(笑)

「体中泥まみれ」「服の泥汚れは落ちない」「日焼けが痛いと騒いでうるさい」「何より危険」など、散々怒られました。

今考えると、私が親の立場なら、同じことを子どもに言うと思うので、本当に申し訳ない事をしていたなと反省します(^_^;)

でも、潮干狩り自体はとても楽しいレジャーですので、しっかりと準備をし、後始末などの負担を最小限に抑え、なおかつ安全な楽しみ方をしてほしいと思います。

潮干狩りは、大人も子どもも平等に楽しめるので、機会があれば是非チャレンジしてみてください♪

-自然・科学