新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

節分にイワシの頭を飾る由来※イワシを食べる地域はどこ?

節分と言えば豆まき。

小さな子供のいる家では鬼役を決めたり、鬼のお面や豆を用意したりと準備もワクワクするものですね。

そして、最近では恵方巻きもすっかりと人気が定着し、デパートやスーパーでは定番のものから豪華なものまで取り揃えられています。

私は毎年家族の好みと予算を考えながら、今年はどれにしようかなと選んでいる時間がとっても楽しいです。

実は節分の準備はそれで終わりではありません。

もうひとつ大切なものがあります。

それは、節分のお飾り「柊鰯(ひいらぎいわし)」です。

柊鰯は「節分(せつぶんいわし)」とも、西日本では「焼嗅(やいかがし)」と呼ばれることもあります。

この柊鰯、とっても大切な役割があるのですが、最近では住宅事情の変化もあり飾ることのできない家も増えたため、若い人では知らない人も多いそうです。

それはなんだか寂しい。

そこで、この柊鰯について調べてみました。

スポンサーリンク


【知ってた?】これが柊鰯を飾る理由

柊鰯とは、柊の枝に焼いた鰯の頭を刺したものです。

これを節分に玄関に飾ると

鬼が家に侵入できない

と言われています。

でも柊の枝と焼いた鰯の頭でどうやって鬼を追い払うの?そもそも、どうして柊と鰯なの?

これかなり不思議だし疑問ですよね。

玄関に置いた柊鰯

どうしてイワシなの?その由来とは?

どうして数ある魚の中からあえて「イワシ」なのでしょうか?イワシが飾られるようになった由来を紐解いてみましょう。

まずは、なぜイワシで鬼を追い払えるか?という理由から。

鰯は塩焼きにするともうもうと煙が立ち上り、独特の臭いがしますよね?

この臭いが鬼を追い払うのです。

そして、それでも追い払えなかった鬼が来てしまった場合は柊(ひいらぎ)の出番!

鋭く尖った柊の葉のトゲが鬼の目に刺さり、鬼は逃げていく

と信じられているのです。

また、鬼は魚を焼く臭いが好きで寄ってくるのだという説もあります(どちらが正しいかは不明・・・・)

鰯を焼く臭いで鬼をおびき出し、近づいてきた鬼の目に柊の葉のトゲが刺さることで、鬼を退治できるという鬼退治説です。

【確かにこの組み合わせは魔除けの雰囲気がプンプンします】

本当のところは鬼に聞いてみないと分かりませんが、昔の人はなんとかして家の中に鬼を入れないように、家族に悪いことが起きないようにと願って柊鰯を玄関に飾ったのですね。

この想いは受け継ぎたいものです。

そして、そもそもどうして柊と鰯なのかというと、日本では古くから「臭いの強いもの」と「尖ったもの」魔除けになると信じられてきたからです。

今のようになんでもネットで注文すればなんでも手に入るという訳にはいかない時代。

昔の人がなんとかして鬼を追い払い退治しようと考え出した道具が葉にギザギザとトゲのある柊と、焼くと煙と強烈な臭いの出る鰯だったのです。

【節分鬼面飾りなら用意する手間が楽ですよ】

節分自体の由来については節分の由来や意味【簡単で分かりやすい!】子供向けの説明例という別記事がくわしいです。

節分に飾る鰯を食べる地域がある?

柊鰯を作るためには鰯を焼く必要がありますね。

ですがこの柊鰯を作るには「頭」しか使いません。頭だけ使って残った身は捨ててしまうという地域もありますが、

西日本ではこの鰯を食べる風習

が今も残っています。

今のように病院もお医者さんも簡単にはかかることの出来なかった時代。

家族が病気にならないようにという願いは切実でした。

特に小さな子供が病気で亡くなる確立は今よりもずっと高かったのです。

病気などの悪いことは鬼の仕業だと考えられていましたから、節分に家族で鬼の嫌いな鰯を食べて身体の中からも鬼を追い出そうと考えたのです。

鰯を食べる風習は家族が病気にならないように、ずっと元気でいられるようにと願って生まれたのですね。

家族がずっと健康でいられるように!

いかがでしたか?

豆まきや恵方巻きにくらべるとちょっと地味な印象のある柊鰯ですが、実は節分で大切な役割があるお飾りなのです。

今の住宅事情を考えると飾ることが難しい家も多いかもしれません。

それでも柊鰯を飾る意味を知って、家族で健康を願って鰯を食べることはとっても良いことだと思います。

イワシを飾る習慣を我が家では復活(というか初めて採用)してみようと思います♪

-