新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

高校生のお年玉の相場【2017年】甥や姪にあげる金額は?

年越しの時期が近づくと、大人が頭を悩ませる問題といえば「お年玉の金額」ですよね。

特に高校生になった親戚の子どもがいる人なんかは、いくら包めばケチだと思われないだろうか?など、色々と考えてしまいますよね(笑)

自分が高校生だった頃なんかとは全く違う時代だからこそ、今の時代の常識にあった金額を渡したいと思うものです。

そこで2017年現在の高校生のお年玉の相場額を調べてみました。

スポンサーリンク


【2017年:最新版】高校生のお年玉の平均額

高校生にもなると、自分でアルバイトをしている子も多く、お金に対する意識が中学生までとは違うという場合も多いのではないでしょうか?

それに、やっぱり中学の頃よりは多めに渡さないといけないような気もしますし、自分の懐事情との相談も中々大変ですよね(^_^;)

では、一般的には高校生のお年玉の金額はいくらが妥当なのでしょうか?

2017年現在の高校生のお年玉の金額の相場は

「5,000円~10,000円」

と言われています。

やはり高校生にもなると、5,000円以下はあげられないと考える人が多いようですね。

2万円のお年玉

甥や姪にあげる場合は?金額って変わるの?

高校生にあげるお年玉の相場が5,000円以上というのは、相手とどんな関係性かなどは関係なく、どの立場でも5,000円程度は渡すのが一般的です。

しかし、例外があります。

それが、甥や姪など、とても近い子どもに渡す時です。

自分の甥や姪に渡す時は、

10,000円を渡すという人が圧倒的に多い

ということは知っておく必要があります。

もちろん5,000円しか渡さないという人もいますが、それは少数派だと言えます。

高校生になるともう大人と見なしている部分もありますし、中学の頃よりも多く渡すと考えると、自然と近しい子どもには10,000円を渡す人が多いようです。

しかし、これはあくまで一般的な意見なので、その家の方針などを考えて、親や他の親戚と話し合って金額を決めるのが一番いいのかもしれません。

【こんな可愛いポチ袋で貰ったら感激すること間違い無し!】

【衝撃】今どき高校生のお年玉の使い道

突然ですが、今どきの高校生のお年玉の使い道って気になりませんか?

高校生にもなると、もらったお年玉は全額自分の懐に入ってくるという人も多いはずです。

そこで、今の高校生がどんなことにお年玉を使っているのか?を調べてみました。

・ファッション関係(洋服、アクセサリーなど)
・交際費・旅行代
・貯金

この3つが、お年玉の使い道としては多いようですね。

こうしてみると、意外と昔も今も変わらないのかな?という感じもします。

でも、その内容を見てみると、ちょっと驚いた部分もありました。

・お正月は家族と過ごさず、友達と洋服の福袋を買うために並び、そこでお年玉を使いはたす
・お小遣いとお年玉を足して、友達と旅行する

こんな意見にはちょっとジェネレーションギャップを感じました。

私が田舎育ちだからでしょうか?お正月は家族で過ごすもの、遠出の旅行は高校卒業してからなんて考えを持っていたので、その辺りはびっくりしましたね(笑)

高校生はもう大人?まだ子ども?

高校生のお年玉事情について色々と調べてみましたが、今どきの高校生も意外と昔の高校生と変わらないのかな?と感じる部分も多くありました。

【高校生にはこんな変わり種のポチ袋がいいかも?】

SNSなどの発言を見ていると、お年玉の額に一喜一憂したり、お年玉を何に使ったかを報告しあっていたり、昔私たちがやっていたようなことを今の高校生もやっているようですね(^-^)

お年玉として渡す金額は大人の金額ですが、高校生はまだまだ社会に出たことが無い子どもです。

大きい金額を貰って、つい羽目を外しすぎないように、周りの大人がきちんと見てあげててほしいなと思いました。

-風習・習慣