新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

五月晴れの正しい意味と読み方【その使い方はNG】いつ頃の晴れを指す?

みなさんは、「五月晴れ」という言葉を聞いて、どのような風景を思い浮かべますか?

多くの人は、春から夏へと変わりそうな時期の、青々とした雲一つない気持ちの良い空を思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし、それって本当に合っていますか?

今回は、五月晴れという言葉の正しい意味や、正しい使い方などをご紹介していきたいと思います。

あなたの五月晴れのイメージが、正解かどうかの答え合わせがてらお付き合いください♪

スポンサーリンク


【五月晴れは五月じゃない!】正しい時期と読み方とは?

晴れ渡る青空
まず「五月晴れ」の正しい読み方は「さつきばれ」です。

さて、この五月晴れには「五月」という言葉が入っているため、五月の晴れの事を指していると普通に思いますよね?

でも、実は「五月の晴れ」を指してはいません!

五月晴れが指す季節というのは「旧暦の5月」のことで、今でいう6月の梅雨の時期の事を指しているんです。

学生時代にも、現在の暦と微妙にずれている旧暦の表現には苦労したものですよね(笑)

五月晴れの他には、「五月雨(さみだれ)」や「五月闇(さつきやみ)」なども旧暦の五月の事を言っているんですよ。

五月晴れの正しい意味は?意外と知らない新事実!

青空を見上げる父娘
では、五月晴れという言葉が指す、正しい意味とはどのようなものなのでしょうか?

旧暦の5月(現在の6月の梅雨の時期)なので、

梅雨の時期に降る雨の「合間の晴れ」

という意味になります。

「五月の気持ちの良い晴れ」ではなく「梅雨の間の晴れ間」というのが正しい意味なんですね。

結構意外ですよね?

でも、私同様に「5月の気持ちの良い晴れ」という意味で捉えている人が多いようで、最近では「5月の晴天」という意味としても使われるようになってしまったんだそうです。

気象庁のホームページにも

「五月晴れ」は本来、陰暦の五月の梅雨時期の晴れ間の意味でしたが、今では5月のさわやかな晴天にぴったりの言葉として使われています。

出典:気象庁広報誌~こんにちは!気象庁です!平成25年4月号~

という記載があるほど、こちらの意味合いでの使われ方も浸透しているんですね!

ただし、

「さつきばれ」=「梅雨の間の晴れ間」
「ごがつばれ」=「5月の晴天」

と、読み方でこの2つの意味を区別するという情報もありましたので、そういう捉え方もあるという補足としてお伝えしておきますね(^-^)

【梅雨の晴れ間、まさに五月晴れの日の猫ちゃん】

恥をかかない為に知っておこう!五月晴れの正しい使い方!

最近では「5月の晴天」という意味で使われることがあるといっても、自分が使う際は正しい意味の方を使いたいですよね?

そんな人のために【こんな感じで「五月晴れ」を使ってみてはいかが?】というような使い方を書いてみたいと思います。

・今日は五月晴れだから、洗濯ものが乾いて嬉しい!
・今日は休日の五月晴れだぁー!久々に外に遊びに出かけよう!
・五月晴れだから、気分が晴れやかだ!

こんな感じでいかがでしょう?

物凄く、私の個人的な梅雨の時期の欲求が含まれているような気もしますが、それもまたご愛嬌という事で(笑)

でも、これを人前で言って「え?どういう意味?」なんて聞かれたら、正しい意味を得意げに言えるかもしれないので、梅雨の時期には是非使ってみてください♪

【まとめ】ちょっと賢くなった?正しい意味での五月晴れ!

五月晴れの正しい意味を知って、ちょっとだけ賢くなったような気がします(笑)

でも、本当の意味を知ってから言葉を発するのと、何も知らずに言葉を発するのでは大きく違いますよね?

【『となりのトトロ』のサツキとメイは5月を意味していますね】

正しい意味よりも、間違って浸透してしまった意味の方が一般的になりつつあるというのも寂しいですが、実はこうなんだよ!と豆知識として披露できる場もあるかもしれないので、五月晴れの正しい意味の方も覚えておいて損は無いと思いますよ(^-^)

ちなみに俳句の季語としては「夏」のものとなります。これも知っておいて損はありませんね。

-自然・科学