新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

鏡餅の由来を子供向けに解説!みかんの意味は大人も知らない!

スポンサーリンク
 

お正月には必ず飾るであろう鏡餅って、どうしてあんな形をしているんでしょう?

簡易な形の鏡餅も多いですが、正式なお飾りってどんなお飾りがついているんでしょう?

そもそも、鏡もついていないのにどうして鏡餅って言うんでしょうか?

うーん…毎年疑問にも思わず何気なく飾っていましたが、疑問に思い出したらものすごく気になる!不思議なフォルムのお飾りですよね…。

そこでっ!今回は鏡餅の由来を子供でも分かりやすく簡単にまとめてみました?♪



そもそも鏡餅を飾る理由って?

お正月の行事は、すべて家に

新年の神様である「歳神様」をお迎えし、おもてなしをして見送る

それが目的の行事です。

その中で鏡餅はお迎えした神様が宿る場所、つまり「よりしろ」として飾られるお正月飾りです。

※よりしろとは、祭事の際に神霊がよりつくための対象物のことです。木や石や柱などがありますが、お正月の場合それが鏡餅になるわけですね。

みかんが載った鏡餅

飾る期間については鏡餅はいつからいつまで飾る?関東~関西~北海道まで全国編をお読みください。

「鏡餅」という名前の由来って?

鏡餅という名前の由来は、昔から「銅鏡」という丸い鏡がご神体としてあがめられていることが起源となっています。

新年の神様の歳神様が宿られる「ご神体」として

銅鏡を表すため餅を丸く作った

ことから鏡餅といわれるようになったんですよ。

鏡を模倣しているのなら、一段で十分のはずなのに、鏡餅は大小二つの丸いお餅が二段になっていますよね。

これにもいろいろな意味があるんですよ☆

大小二段重ねる事で「陰と陽」を表していたり、

・円満に歳を重ねられますように
・夫婦仲良くいられますように

などの願いがこめられていたりするんです。

【にゃんこのお正月風飾り付け笑】

それぞれの飾りの意味って??

鏡餅は正式には「三方」という白木でできたお供えの器の上に白い奉書紙か「四方紅」という四方が赤く塗られた和紙をしいて、紙垂・裏白を乗せます。

そして鏡餅を乗せ、昆布・柿・橙(「だいだい」と読みます。最近はかわりにみかんを乗せるお家も多いですが橙が正式です)を飾ります。

そうした飾りが意味するところを簡単にまとめました。

【四方紅、紙垂】
お餅の下に引く紙と、台の下に垂れ下がるように敷く紙。四方に繁栄するようにという願いを込められており、さらに赤い色は魔除けの意味もあります。

【裏白】
シダの一種で裏が白い葉っぱ。裏が白い事から後ろ暗くない、正しい心を表しています。また、新しい葉と古い葉が一緒に成長する事から、末永く仲良くいられるようにという願いも込められています。

【昆布】
よろ「こぶ」という語呂合わせ。また「子生」(こぶ)という意味にとらえて子宝に恵まれるようにという意味もあります。

【柿】
昔から幸せを「かき」集めるという語呂合わせで、縁起の良い長寿の木と言われています。また、通常10個の干し柿を棒に指して飾ります。干し柿を飾るのは、「見向きもされない渋い柿でも、修練すれば床の間の飾りにもなれる」という意味もあります。

【橙(だいだい)】
橙は、冬に熟しても落ちにくく、そのまま数年残ることもある果実で、一本の木に何代もの果実がなるため、家族が繁栄し「代々」(だいだい)家が続くことを表しています。

地域によっては勝ち栗や、扇、魚介類などの縁起物を飾るところもありますが、ここでは基本的なお飾りの意味を見てみました。

鏡餅は「三種の神器」を表しているんです!

鏡餅は鏡だけでなく、三種の神器を模しているんですよ。

三種の神器とは「鏡(銅鏡)」・「玉」・「剣」ですが、

■丸いお餅=「鏡」
■橙=「玉」
■串に刺した干し柿=「剣」

をそれぞれ表していて、鏡餅はとっても尊いものなんです!!

子供だけじゃなく大人も知らない鏡餅の意味

・鏡餅はお迎えした歳神様の宿る場所
・三種の神器である鏡を真似して作ったため鏡餅という
・飾りには全て意味がある
・飾りを全てつけると三種の神器になる

不思議な見た目の鏡餅。全ての飾りに意味がある、ありがたいお飾りだったんですね。

子供に説明するために調べたら、こんな大人ですら知らない意味や由来が隠されていました。汗

次に飾るときには一つ一つに願いを込めて飾って歳神様をお迎えしたいと思います☆

-年中行事