新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

氷砂糖と砂糖の違い:代用はムリ!梅酒の味が落ちる理由

スポンサーリンク
 

先日、母お手製の梅酒が実家から送られてきました。

我が家では昔から、育てている梅が収穫できると、梅干しや梅酒を作っているのですが、それがもう本当に絶品で。

嫁いでから毎年母の梅酒を楽しみに待っているのですが、梅酒づくりでは欠かせないのが氷砂糖

子供の頃は「どうしてあんなに硬い氷砂糖を使うのかな、白いお砂糖の方が早く溶けるのに。」と不思議に思ったものです。

そこで、氷砂糖と砂糖の違いや用途について調べてみることにしました。



【どこがどう違う?】氷砂糖と砂糖の違いって??

並べた氷砂糖の粒
ますは氷砂糖と砂糖との違いを一言でいうと…。

→溶けるスピードの違い

ここがもっとも大きな違いです。

【溶けるスピードはどう違うの?】

●氷砂糖・・・ゆっくり溶ける
●砂糖・・・早く溶ける

水に入れた砂糖はすぐに溶けますが、梅酒の瓶に入れた氷砂糖はじっくり時間をかけて溶けていきます。

このようになかなか溶けないという特長があるからこそ、氷砂糖は梅酒や梅干しづくりに向いているんです!!

【これが理由】おいしい梅酒には氷砂糖じゃないと!

2つの梅酒瓶
「氷砂糖は溶けにくい」これが一番の特長と言う事が分かりました。

結晶が大きいため、じっくり時間をかけて溶けていく氷砂糖。

ゆっくりゆっくり溶けながら、食材へ甘味を浸透させてくれるからこそ、漬け込む調理方法に適しているわけですね。

徐々に浸透圧が高くなるために、食材の旨みやエキスを引き出しやすくなるので、おいしい梅酒ができるんです。

【梅シロップもやっぱり氷砂糖を使って作ります】

【もし梅酒に砂糖を使うとどうなるの?】

→とても残念な出来具合になります。

しかも、梅の実がしっかり殺菌されなくなるという問題も発生したり、ビンの中で梅がポッカリと浮いてしまうことも・・・・・・。

これではうまく漬かりっこないですよね。

砂糖はあっという間に溶けて浸透圧が一気に高くなってしまうので、旨みがうまく引き出せません。

なので「なんだかイマイチ?」な出来になってしまうのです。

以前、氷砂糖よりも安い上白糖で母が梅を漬けてみたことがあります。

「こりゃ、飲めたもんじゃない(>_<)」とうい仕上がりなったのは言うまでもありません。 梅を漬けるなら氷砂糖!これがテッパンです(^_-) 逆に普段の煮込み料理などには、すぐに溶ける普通の砂糖が最適です。

氷砂糖って一体どういうものなの?

氷砂糖というと、私は乾パンの缶の中に入っているものと、そして母が梅酒を漬け時に使うもの。

この二つの用途しか知りませんが、そもそも氷砂糖ってどういう砂糖なのでしょう。

【氷砂糖って何?】

氷砂糖も砂糖も、実は主成分は同じ「ショ糖」と呼ばれるものです。

そして氷砂糖は砂糖類の中でもっとも「純度が高い砂糖」で、ショ糖の大きな結晶です。

この純度が高い砂糖をゆっくりと溶かして水分を蒸発させて結晶にすると氷砂糖となります。

ちなみに氷砂糖という名前は見た目が「氷」に似ているところから付けられたんですよ。

【氷砂糖に種類はあるの?】

・ロック氷糖
・クリスタル氷糖

「ロック氷糖」は、かち割氷のような形をしていて、大きさも形もバラバラな氷砂糖です。

漬け込み時間の短い梅シロップなどに最適です。

「クリスタル氷糖」は、四角または八角形の結晶で、ほぼ同じ大きさをしています。

溶けにくいので、漬け込み時間の長い梅酒にもってこいです。

【カロリー比較】氷砂糖と砂糖の差は?

使い道の違う、氷砂糖と砂糖。

気になるカロリーを比べてみると

●氷砂糖・・・100グラムあたり387kcal

●上白糖・・・100グラムあたり384kcal

このようにほぼ差はありません。

だいたい1グラム4キロカロリーといえますね。1粒あたりはだいたい15キロカロリーと覚えておくとよさそうです。

【まとめ】氷砂糖で自然な風合いの甘さを楽しむ

梅酒もいいですが、氷砂糖でいろいろな果物のシロップ漬けを楽しんでみるのもいいですね。

レモンとか、ゆずとか。季節ごとに楽しめそう。

そのまま食べたり、シロップは炭酸水や焼酎でわったり。

煮詰めればジャムにも早変わり(^_-)

余分な添加物がいっさい入っていない、手作り感あふれる優しい味が楽しめそうですね。

来年は、実家で実った梅をおすそ分けしてもらって、自分で漬けてみようと思います。氷砂糖でね♪

-フード・ドリンク