新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

焼き芋のホクホク美味しい保存方法※冷凍できる?安納芋は?

2017/04/25

秋になるとスーパーや直売所でサツマイモをよく見かけるようになります。

サツマイモの芋掘りも子供たちの学校行事で行われています(^_^)

焼き芋にするとホクホクして、甘くて美味しいですよね♪

でも焼き芋を食べるとすぐにお腹いっぱいになってしまうので、家族4人で食べても少し残ったりすることがあります。

そんな時のために、美味しく焼き芋を保存する方法を調べてみました☆

スポンサーリンク


残ってしまった焼き芋は保存しておけるの?

皮を剥いた焼き芋
そもそも、残った焼き芋を保存することってできるのでしょうか?

サツマイモは、暖かい気候の土地で栽培されるため、寒さに弱く、生の状態では冷蔵保存するのは不向きで、常温で保存するのがベストです。

しかし、サツマイモを焼き芋にすると、中の水分がなくなって傷みにくくなるので、

というすべての方法で保存が可能になります。

翌日すぐに食べるという場合や小腹が空いた時の非常食として保存する場合で、保存方法を変えると良いですね!

美味しく保存するなら冷蔵と冷凍、どちらが良い?

さて、焼き芋は、冷蔵と冷凍の場合では、どちらが美味しく保存できるのでしょうか?

結論から言うと焼き芋は“冷凍保存”するのがオススメです。

冷凍の方が、焼いた時の甘さそのままで保存することができます。

冷凍する時の保存方法ですが、こんな簡単な3ステップでできちゃいますよ♪

【焼き芋の冷凍方法】

このとき水分をよく取らないまま冷凍すると、味や食感が悪くなります。

水分を拭き取ってから「食べやすい大きさ」に切って、それからラップに包んでも良いですね。

食べる時の解凍方法は、自然解凍か、もしくはレンジで加熱すると良いです。

あまり手間暇かからず、保存して食べることができるのが良いですね♪

※もし冷凍ではなく冷蔵保存する場合は、1.と2.の順番の後、冷蔵庫に入れます。

焼き芋の保存期間はどのくらい?

焼き芋を食べる女の子
さて、保存方法は分かったけど、保存期間はそれぞれどのくらいなのでしょうか?

【焼き芋の通常の保存期間】

常温で保存する場合は空気に触れていますし、冷蔵保存の場合はサツマイモがあまり寒さに強くないことから早めに食べた方が良いです。

もし、すぐ食べるか分からないという場合は、冷凍保存していた方が無難です。

どんな食べ物にも当てはまるのですが、焼き芋の場合も、保存したものを食べる時は、食べる前に色や匂いを確認して食べた方が良いですね!

何も確認せずに食べて「変な味」となるとテンション下がります(^^;)

甘~い安納芋の保存方法は?

ちなみに、サツマイモの種類に安納芋という品種があります。

とても甘くて、最近では、安納芋のタルトやソフトクリームなどお菓子によく使われています。

安納芋は、一般的なサツマイモと比べると糖度が高いので、常温や冷蔵だと傷むのが早いです。

そのため、安納芋の焼き芋を保存する場合は、冷凍庫で保存するのが最適です。

同じサツマイモでも品種や甘さで保存方法に注意する必要があるんですね!


焼き芋はダイエット中のおやつに最適

焼き芋は、食物繊維が多いので、ダイエットにもぴったりの食べ物です。

甘さがあるので、おやつを我慢しないといけなくても、焼き芋で満足できます。

腹持ちも良いので、満腹中枢も満たされて、空腹時にイライラすることもないので助かります(^^;)

冷凍保存が最適なので、スーパーで安売りされている時にまとめ買いして、焼き芋にして、冷凍保存しておくと便利ですね♪


-フード・ドリンク