新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

履歴書の写真はどんな服装で?【女性パートの場合】好印象なシャツは?

2017/03/01

丁寧に書き上げた履歴書の最後の仕上げは、やっぱり写真。

子育てが一段落してパートで仕事を始める方が多い女性の30代~40代

この30代や40代の女性にとって、若々しい印象を与えることは現実的で大切なことです。

「身は体を表す」(「名は体を表す」から派生しました)という言葉は、まさしく履歴書における写真の重要性を表しています。

いくら経歴や資格に自信があっても「見た目」の第一印象はとっても大事です。

それもメイクや髪型だけでなく、着ている洋服によっても相手に与える印象はずいぶん違いますから。

ここでは、どんな服装が好印象を与えるのか、また絶対NGの服装も合わせてご紹介しますね。

スポンサーリンク


履歴書の写真で好印象を与える服装(ジャケットとインナー)の選び方

履歴書に貼った写真
6秒で決まってしまうと言われる人の印象。

サービス業の場合は特にですが、採用者があなたに「好印象を持つかどうか」と、お客様が「あなたをどう思うか」は通じているので、写真は重視されます。

女性にとって特に重視される身だしなみでは、清潔感と誠実さが伝わるようにしたいですね。

では採用者に良い印象を持ってもらうには、どんな服装が良いでしょうか。

【履歴書の写真を撮る際の望ましい服装の一例】

■ジャケットを選ぶ時のチェックポイント

ジャケットは、あなたを落ち着いた女性に見せる

・グレー
・紺

などが安心です。これらのダークカラーは相手に信頼感を与えますし、あなたをきりっと引き締めて見せてくれます。

ジャケットのボタンは1つでも3つでも構いませんが、ストライプや柄は避け、無地の方が良いです。
 
 
■インナーを選ぶ時のチェックポイント

インナーの色は

・白
・淡いピンク
・クリーム

といった明るめの色で、無地のシャツかカットソーが良いでしょう。ジャケットとメリハリがつき明るい印象を与えます。明るめの色は派手な色という意味ではないので、注意してください。

インナーは少しくらいのフリルやレースは良いですが、派手すぎたり、カジュアルすぎない程度にしましょう。

絶対選んではいけない履歴書写真の服装×4

面接を受ける女性
ついつい自分の個性を主張したくなったり、手持ちの服で何とかしようと考えてしまうのが、30代40代の悲しい性。

ですが、こんな服装はNGなので、気を付けてくださいね。

【絶対NGな履歴書写真の服装】

1.流行や個性の強い柄物などデザイン性の高い服や、派手な色は避けましょう。

2.当たり前のようですが、体型にあっていない服はNGです。服が大きいより、自分の体が大きくなってジャケットが小さくなってしまっていることの方が多いと思いますが、いずれ面接に行くことも考えて、今の自分に合っているサイズを用意してください。

3.インナーがカジュアルすぎたり露出度が高いものはやめましょう。フリルやレースが強調された派手なのもNGです。

4.大きなアクセサリー(ネックレス・イヤリング・ピアス)は外しましょう。これくらいなら大丈夫と思って写真を撮ってみたところ、想像より目立っていると感じたら迷わず取り直してくださいね!

履歴書の写真を上手く撮る6つのコツ!


少しでも好印象になるよう、スピード写真を何度も撮った経験から、次のアドバイスを贈ります。

1.体にフィットしているジャケットを着ているときは、一番下のボタンを外して、少しゆとりを作ると良いでしょう。ボタン1つのジャケットは、外すとだらしなくなるので留めたままで!

2.脇を締めて背筋を伸ばし、軽く胸を張りましょう。反り返りすぎないように注意!

3.清潔な印象を与えるメイクを心がけましょう。派手な色目のメイクはNGです。撮影前に、油紙で顔のてかりを抑えるのを忘れずに!

4.額には前髪がかからない方が好印象です。髪が長い場合は後ろで結ぶか、または耳を出すように後ろへ流して撮影しましょう。

5.歯が見えないように気を付けながら、少し口角を挙げて写真をとりましょう。目を少し大きく見開くのも、写真を撮る前に自撮りで練習しておくと良いですよ。

6.髪の色は、黒か自然な茶色にしましょう。

あなたを採用したいと思わせる!

どんなに言葉をごまかしても、年齢が上がるにつれ女性の再就職は厳しくなるのが現実です。

だからこそ、あなたという人を伝える写真は大切になります。

低コストで自分の時間があるときに撮れるスピード写真は魅力的ですが、なかなか良く撮ることができないですよね。

顔がのっぺりとしがちな上に、一般の人はその場で良い表情を作ろうと注意しても顔の筋肉が動きません。

事前にスマホ等で自撮りをして、何度も何度も顔の表情を作る練習をすると、全く写真の出来が異なるので、やってみてくださいね。

では、あなたの就職活動がきっと上手くいきますように!

-ファッション