新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

お年玉の意味と由来※正月にお金が貰えるワケとポチ袋の秘密とは?

みなさんにとってのお正月の思い出といえば何ですか?

おせち料理、初詣、凧揚げ、一人一人思い浮かべるものは違と思います。

でも、子どもの頃に一番「ワクワク」したお正月の恒例行事といえば「お年玉」ではありませんか?

私はそうでした(笑)

しかし、子どもの頃は嬉しいお年玉でも、大人になると嬉しくないと感じる人も多いのではないでしょうか?

格好良くサッと渡したい気持ちはあっても、先立つものがなければ・・・(笑)

そこで、大人になった今だからこそ、「お年玉」についての疑問やその由来について調べてみました。

スポンサーリンク


昔はお金じゃなく「お餅」だった?お年玉の意味と由来

私達には昔から「お正月にはお年玉があるのは当たり前」という感覚がありますが、このお年玉をお正月に渡す習慣というのはいつから始まったのでしょうか?

今では、お年玉にはお金を渡すのが主流ですが、

元々はお餅を渡していた

と言われています。(びっくりですね!)

そのお餅というのは、みなさんもよく知っている鏡餅の事を指します。

鏡餅にはその年の「神様の魂」が宿るとされ、その神様の御魂(みたま)が宿った餅玉を、家長が家族に配っていました。

これは、年神様からその魂を分けていただくことで、

一年分の力を授かることができる

と考えられていたためです。

そのお餅の事を「御年魂」と言っていたのですね。

「魂」の事を「玉」と言い換える場合もあったことから、

「御年魂」→「御年玉」

と変化していったようです。

お年玉ってお正月に貰える「お小遣い」だと思っていましたが、こんな深い意味があったんですね!

お年玉袋とコマ

お正月に子供にお年玉を渡すことは、いつ頃から始まったのかは定かではないようですが、江戸時代には庶民にもこの習慣が伝わったといわれており、その頃には、餅だけでなく、金品を渡すこともあったようです。

その習慣は後世にも受け継がれ、昭和の高度経済成長期頃からは、お金を渡すことが主流となり、それと共に、子どもにのみ渡すように変化していきました。これがお年玉の由来とされています。

子どもだけ貰えるのは間違いだった!?

一般的に、お年玉は子どもにだけ渡すものと認識されています。

しかし、お年玉の由来を見てもらったら分るように、決して子どもだけに渡すものではありません。

基本的な考え方としては目上から目下へ渡すものとされます。

・先輩から後輩へ
・師匠から弟子へ
・主人から使用人へ

このような場合は、大人でももらえることがあるんです。

よく芸人が話すエピソードで先輩芸人からお年玉を貰ったという話がありますが、あれは実はとても普通のことなんですよ♪

「ポチ袋」という妙な名前の由来は?

ここでもう一つすごく疑問に思っていることがあるのですが、お年玉を入れる袋を「ポチ袋」と呼ぶのはなぜなんでしょうか?

「お年玉」と「ポチ」という言葉は全く関係ないと思いませんか?

調べてみると、どうも語源は関西にあるようで、関西の方言では

「祝儀」の事を「ポチ」

と言っていたようです。

「ポチ」という言葉は

「ほんの僅か」という意味の「ぽちっと」

からきているという説が有力です。

関東の「これっぽっち」という方言が語源という説もありますが、どちらにせよ「僅か」という意味合いが含まれていますね!

お年玉は結婚式のご祝儀などに比べると少額なので、この名前が付いたと言われています。

私個人の意見としては「ほんの僅かですが」「心ばかりですが」という気持ちを表す意味合いも含まれているのかな?と思います。

【手作りのポチ袋、それもツルの折り紙風なんて素敵です☆】

いつまでお年玉はもらえるの?

大人になってもらう場合は年齢制限はありませんが、子どもがもらう場合は、大人になれば渡さないのが一般的です。

しかし、その「大人」の基準が難しく、家庭によってその基準は違いますよね。

・就職するまで
・20歳になるまで

このどちらかでお年玉を渡すのを終わるという場合が多いようです。

稀に一度ももらったことが無いという人や、大人になってももらっているという人もいるようですが(^_^;)

お年玉は金額よりも気持ち

今回こうやってお年玉について調べてみるまでは、正直、「お年玉」という名の「お小遣い」という認識でした。

でもそうではなく、家族の一年の息災を願って渡されていたという由来を知って、今までお年玉で一喜一憂していた自分を恥ずかしく感じました。

大人になってからは「出費が多くなるだけの行事」だと思っていましたが、これからは「大切な子どもたちの健康や笑顔を願って渡す贈り物」だと思って渡したいですね(^-^)

【忘れずに今からポチ袋を用意しておきましょう】

自分が子どもの頃を思い出してみても「お年玉」って最高にうれしいプレゼントでしたもんね♪

また来年のお正月も、子ども達に素敵な思い出ができるよう、私も少しばかりお手伝いをしたいと思います!

-風習・習慣