新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

2017年の夏土用の丑の日:いつだっけ?鰻を食べる日と意味をおさらいしよう!

暑くなってくると夏バテしないか心配になってきますよね~。

私もスタミナの付く食べ物が食べたくて、スーパーをウロウロしていたら鰻発見!

そう言えばこの時期『夏土用の丑の日』って書いてあるコーナーが設置してあり、鰻がずらり並んでいますよね。

そこで今年2017年の夏土用の丑の日はいつなんだろう?と思い調べてみましたよ~!

あまり知られていない夏土用の丑の日に鰻を食べる風習ができた由来なども紹介します。

スポンサーリンク


2017年はいつ?今年の夏土用の丑の日

丑の日のうなぎの露天商
2017年の土用の丑の日がいつなのか気になりますね~(^^)

なぜ気になるかというと鰻をいつ食べるか、今からスケジュールを決めたいからなんですけどね(^_^;)

それで、2017年の夏の土用の丑の日調べてみたところ

7月25日(火曜日)
8月6日(日曜日)

という2日間でした。今年はなんと2回もあるんですよ!

なぜ2回もあるかというと、土用の期間中に「丑」に当たる日が2回来るためなんですね。

ちなみに、この2回目の丑の日を「二の丑」と言います。(1回目の丑の日は「一の丑」です)

つまり2017年は

7月25日(一の丑)
8月6日(二の丑)

という風に二回も鰻を食べる機会があるわけですね。

そもそも土用とは、四季の中にある「立春・立夏・立秋・立冬」の直前18日間をそう呼びます。

この土用の18日間のなかで「丑に当たる日」を『土用の丑の日』と言います。

この日を覚えておけば土用の丑の日の話題をいち早く発信できちゃいますね!

知らなかった!鰻を食べるのに一番良い日は?

うなぎの蒲焼
現在鰻が最も食べられている日は、夏の土用の丑の日です。

じゃあ鰻の旬は夏なのね~と思うかも知れませんが、コレは違うんです。

本当の鰻の「旬」というのは

秋から冬にかけての時期

であり、この時期に捕れる鰻は正真正銘の天然物なのだそう。

逆に私たちが夏場の丑の日に大量に食べている鰻は養殖モノだったんですよ。

だから夏土用に高いお金を出して鰻を買っても本当に美味しいのが食べられるかというと、「う~~~ん・・・・(沈黙)」と疑問なんですよね(養殖がすべて不味いわけではありませんが)

また天然物の鰻はなかなか流通に出回らないようで、目にする機会も少ないですよね。

【浜名湖の天然うなぎなんて最高ですね♪】

天然鰻の旬である秋から冬にかけて通販などでお取り寄せも出来るのでチェックしてみて下さい(^^)

知ってるつもり?夏土用の丑の日に鰻を食べる意味をおさらい

もうご存知かもしれませんが、あらためて夏土用の丑の日に「うなぎ」を食べる意味を今一度おさらいしておきませんか?

『夏土用の丑の日』に鰻を食べるような習慣が出来たのは江戸時代の頃でした。

夏場に鰻の売れ行きが悪くなり困っていた鰻屋さんが、平賀源内(発明家)に相談しました。

平賀源内は、鰻が売れるように『本日、土用の丑の日、うなぎ食うべし』と言うキャッチコピーを考え、看板を鰻屋の店先に置かせました。

このキャッチコピーが功を奏し、夏の暑い時期に鰻を食べると夏バテしないという風習が定着して鰻屋は大盛況したそうです。

この事をきっかけに、ほかの鰻屋もこぞって使ったそうで今も風習として残っているのだそうです。

【こちらの動画を見ると分かりやすいですよ】

今でこそ、こういうキャッチコピーは当たり前ですが、江戸時代にこういう売り方をしたのは当時の人にとっては新鮮だったでしょうね。

今の時代に通じる「売れるキャッチコピー」です(^^)

【まとめ】夏バテしなければ、なんでも良し!

古くから夏場の暑い時期に「う」の付くモノを食べると、夏バテしないと言う風習に上手く乗っかった形で定着した土用の丑の日。

梅干や瓜・うどん等を抜いて夏バテに効く食べ物として鰻が一番有名になりました。

これだけ広く知られることになったのも、平賀源内のお陰でもありますね(笑)

でも夏に売れ行きが落ちる鰻を逆転の発想で、売れるようにしたのですから、別にどうしても鰻でなくてもいいんですよね。

ただ、長年の習慣で夏土用=鰻とインプットされてしまいました。スタミナどうこうより食べたくて仕方ない、というか。

そんなわけで私も土用の日用にしっかり鰻を予約してきました(^^)

皆さんも2017年夏の土用の丑の日には鰻を是非ご賞味あれ(*^_^*)

-