新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

菜の花の花言葉@こんな意味や由来があったなんて意外!

「菜の花」と聞いて想像するのは…春、菜種油、お浸し、千葉県の県花…?

そう考えるのは私だけかもしれませんが、この花が咲きだすと春の訪れを感じさせますよね!

さて、ここでは花言葉の意味や由来、名所などを詳しくご紹介していきます!

実はこの菜の花、種類がやたら多く、ほうれん草も小松菜もキャベツもブロッコリーも大根も

全てアブラナ科、その総数を含めると…なんと3000種!

その一つ一つに花言葉があるようで、葉牡丹も菜の花とは…私も調べてビックリしました~!

スポンサーリンク


【前向き度100%】菜の花の花言葉は超ポジティブ!

この菜の花は春に咲き誇る花だけあって、実に明るい花言葉が付けられています。

その数、実に7種類もあります。ひとつの花にこれだけあるのは珍しいですよね。

それぞれの意味もあわせてご紹介していきましょう。

菜の花畑

■「愛」
意味はお互いにいつも笑って楽しく生き生きと過ごす、まさに春の花言葉ですね!
 
 
■「活発」
季節が暖かくなると何かを始めたくなる、意味は元気よく挑戦しよう!春にふさわしい花言葉です。
 
 
■「元気」
花言葉の意味はお子さんの元気な姿を菜の花になぞらえたもので、空に向かって咲き誇る姿はまさに元気な子供そのもの!

お子さんがいる家庭には名の花を活けるとよいでしょう。
 
 
■「財産」
黄金色に咲き誇る姿はまさに富の象徴

意味はもう見たまんま、菜の花畑は人の心をも豊かにしてくれます!
 
 
■「小さな幸せ」
陽だまりが心地よい春の訪れ、ふと立ち止まり咲き誇る菜の花を見て幸せな気持ちになる…。

意味は日常の小さなことでも幸せに感じることが大事、そういう意味が込められています。
 
 
■「快活」
春は希望をもって出発する時期。

どんなことがあっても快活に自分を信じて乗り越えよう、素晴らしい花言葉ですね!
 
 
■「競争」
大空に向かって競い合って咲き誇る姿は希望の現れ。

意味は志を高く、前を向いて学び、ともに励む

春のこれから頑張るぞ、という時期にぴったりの花言葉です。
 
 
土手に無造作に咲いている菜の花に、まさかこれだけの春らしい花言葉があったとは…!

春に元気をもらうならココ!おすすめ菜の花畑!

次に菜の花の名所をいくつかご紹介します。

私がお勧めするのはこの2か所!

■神奈川県二宮町:吾妻山公園の「菜の花ウォッチング」

ここは東海道線の二宮駅からほど近く、伊豆半島や富士山まで見渡せる隠れた絶景ポイントです!

菜の花をバックに富士山を拝む、いやぁ~なんとも贅沢ではありませんか!
 
 
■福岡県福岡市:のこのしまアイランドパーク

福岡県の博多湾に浮かぶ能古島(のこのしま)、ここも隠れた絶景ポイントとして有名です!

海をバックに、菜の花以外にも様々な春の花が楽しめ、15万平方メートルにも渡る一面の菜の花畑は圧巻!

もう菜の花畑というより「菜の花の海」、そう表現したくなるような見事さです!

あなたも機会があれば是非とも訪れてはいかがでしょうか?

【最高の春が自宅に!】庭に菜の花畑を作ってみては?

春に菜の花畑を眺めるのは至福のひとときです。

しかし、近所には「無い!」という場合は、プランターでミニ菜の花畑を作ってみてはいかがでしょうか?

【ミニ菜の花畑の作り方】

1. プランターに土を入れる(園芸用土か赤玉土7:腐葉土3を混ぜたもの)

2. 種を蒔いて1cmくらい土をかぶせます。

3. 水をあげて日当たりの良い場所へ置いておきます。

4. 本葉が2枚になったら、苗同士が約5cmくらいのスペースが空くように間引きをします。

5. ときどき化成肥料を与えながら日当たりの良い場所で育てます。

以上です。簡単でしょう?

【菜の花の種は数百円で買えます】

菜の花はわりと手抜きでも育つ丈夫な部類です。

水やりだけは必ず「土が乾いてからたっぷりとあげる」という鉄則を守ってくださいね。

スーパーで買える菜の花あれこれ

菜の花はそのほとんどが食用になるとか!

種類も豊富で主なものでも

・三重なばな
・花菜(かんざきなたね)
・かき菜
・鮎川菜
・のらぼう菜
・サイシン
・コウタイサイ
・青硬菜の菜ばな
・アスパラ菜
・チーマディラパ

引用サイト:食用菜の花/なばな/花菜:旬の野菜百科

いやぁ、菜の花と一言でいっても奥が深い!もっとも、食べる時は一口ですが…。

見て良し、食べて良しの菜の花でうららか春を楽しみましょう~~♪

-自然・科学