新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

桃の節句の意味と由来※甘酒・菱餅・ちらし寿司をなぜ食べるの?

3月3日といえば、ひな祭りですね♪

「桃の節句」、もしくは「上巳」とも言いますが、女の子がいる家庭ではひな人形を出して御馳走を食べたり、とにかく楽しい思い出が多い行事です。

でもどうして「桃の節句」と言うんでしょうか?絶対にひなまつりに桃を食べたりはしませんよね。

気になったので、桃の節句の由来や、甘酒・菱餅・ちらし寿司などをなぜ食べるのか調べてみました!!

スポンサーリンク


【桃との関係】桃の節句の意味って?どんな由来があるの?

雛人形とちらし寿司
何故3月3日を桃の節句と言うようになったのでしょうか?

調べてみると意外と歴史はかなり古くて

・平安時代以前より貴族社会では原型があった
・室町時代に3月3日をお祝いする風習が定着
・江戸時代になってこれが庶民の間で広まり現在の形になった

と考えられています。

新暦を使う今は3月3日だとまだ寒くて桃の花が咲きませんが、この時代は「旧暦」を使っていたのでので、

3月3日はすでに桃の花が咲く季節

だったんですね。

当時3月3日は桃の花が咲く季節であったことと、桃には魔よけの力があり節句をお祝いするのに相応しいということで、桃の節句と呼ぶようになったようです。

だからひな祭りを「桃の節句」と呼ぶ由来というのは「桃の花」にあり、決して桃の実には関係ありません。

旧暦でも桃を食べるにはまだちょっと早い季節ですから(^_^;)

※旧暦とは明治6年まで使われていた暦で、新暦とは明治7年以降に採用された新しい暦のことです。
※桃の花は新暦の今では毎年3月下旬から4月下旬に花を咲かせます。

【こちらがその桃の花です】
桃の花

【基本的な疑問】桃の節句の「節句」って何?

ひな祭りと「桃」がどういう関係があるのかは分かりました。

では桃の下に付いている「節句」のほうがどうでしょうか?分かりませんよね?

この「節句」というのは

一年の「節目になる日」を指す言葉

なんですって。

しかもこの節句は桃の節句の1回だけじゃなく

・1月7日の「七草の節句」
3月3日の「桃の節句」
・5月5日の「菖蒲の節句」(端午の節句)
・7月7日の「七夕」
・9月9日の「菊の節句」(重陽の節句)

という風に1年に5回もあるんです。

七夕も桃の節句と同じ節目の行事とは知らなかったですね(汗)

どうして?桃の節句で「甘酒」「菱餅」「ちらし寿司」を食べる理由

ひな祭りでは甘酒・菱餅・ちらし寿司などを食べることが多いですよね。女の子が好きそうな食べ物ですが、それぞれちゃんとした由来があります♪

【甘酒】
もともとは桃の花びらを入れたお酒が飲まれていたものが甘酒に取って代わりました。

桃の花びらには「魔よけの力がある」と考えられていたため、「邪気を払う」という意味から桃の花びらが入ったお酒が飲まれていました。

しかし子供はお酒が飲めないので、アルコール分の入っていない甘酒が代わりに飲まれるようになったんですね。

女の子にとって、ひな祭りに飲む甘酒はちょっと大人になったような気分で嬉しいですよね♪
 
 
【菱餅】
菱餅は緑・白・ピンクの3色からなりますが、この色に深い意味があるんです。

・緑=大地
・白=雪
・ピンク=桃の花

を意味しています。

草が生えた大地(緑の菱餅)の上に、(白の菱餅)が降り積もり、その中に咲く桃の花(ピンクの菱餅)という情景をイメージして、ひな祭りには必ず用意されるわけです。

昔はこれら菱餅のそれぞれのカラーは、

・緑は「よもぎ」
・白は「ひしの実」
・ピンクは「クチナシ」

で色をつけていました。

また菱餅の形(菱形)は「心臓」を表しており、厄除けの願いが込められています。

昔から娘の健康を願う親心で娘に食べさせてきたんですよね~。今は家庭で作ることもあまりないかと思いますが、いつか手作りの菱餅を子供のために作ってあげたいです!
 

【いまは菱餅型のかまぼこもあるんですね】

 
【ちらし寿司】
ちらし寿司に入れる具材には

・えび=長寿
・れんこん=先の見通し
・豆=健康

などそれぞれ縁起が良いとされる意味があります。

このちらし寿司は何も桃の節句だけに限らず、日本の年中行事において、おめでたい時に付き物の食べ物です。

錦糸卵、三つ葉、人参、いくらなどで彩りを加えると非常に華やかですし、味もおいしいですよね。

【手まり寿司が可愛いので女の子は喜ぶと思います】

ちなみに最近ではちらし寿司に代えて手巻き寿司を食べることも増えているようです。セルフサービスで準備が楽ですし、わいわいと盛り上がるので楽しいですよね!

【まとめ】ひな祭りの思い出

ひな祭りで桃の節句という言葉は良く聞いていたのですが、そういえば桃を食べたことはないな~と思って調べてみました!

ひな祭りの季節は寒い冬が終わりに近づき、学校でもクラス替えや卒業を間近に控えた時期で、話も盛り上がりました。女子だけで集まって、今思えば女子会!という感じでしたね。

そんなはしゃぐ姿を暖かい親心で見守ってくれてたんだなぁと思うといまさらながら親に感謝です♪

-年中行事