新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

喪中はがきの切手:郵便局以外の買える場所とベターな柄

喪中はがきの切手はどこで買えるのでしょうか?

コンビニで買えたら便利ですが、やっぱり郵便局に行かないとダメなのでしょうか?

「喪中はがき」を使う機会はない方がいいのですが、不幸は突然くるものだったりもします。

その際「切手」はどのように購入したらいいのか、普通分からないですよね・・・・・。

喪中用のはがきは用意できても、専門の「切手」があるとは、ほとんど聞いたことないはずです。

喪中はがきに貼るための「切手」を購入する場所について、また、どんな種類があるのかなどを調べてみました!

スポンサーリンク


喪中はがきの「切手」が買える場所は?

喪中はがきの「切手」はどこで買えるのでしょうか?

答えは、もちろん

郵便局

なんですが、じつは「喪中専用」の切手は存在しません。

喪中用の切手

ただ「弔事用(ちょうじよう)切手」と言われる種類があるんです。

※コンビニエンスストアにある場合もありますが、まれなので、確実に買うには郵便局に足を運んで購入するのががいいでしょう。

喪中はがきの切手は、ネットでも買える?

喪中はがきの「切手」は、ネットで買えるかどうかですが、調べてみると日本郵便のネットショップである

切手SHOP

で購入可能だということです。

ただ、ネットで購入の際は「100枚単位」からの購入になるため、人数の計算をしてからの購入しないといけないですし、少数の人に出す場合は多すぎてしまいます。

枚数がたくさん欲しい場合や、買いに行く時間が無い場合は、ネットからの購入が便利ですね。

ただ、単位が少ない場合や、種類(切手の柄・デザイン)を直接見て選んで購入したい場合などは、郵便局がベストといえます。

一般的(ベター)な切手の種類(柄)は?

喪中はがきの「切手」の種類(柄)はどんなものを選ぶべきなのか知っておきましょう。

基本的に決まりはないですが

「胡蝶蘭(こちょうらん)」の模様

はベーシックで向いているとされています。

故人が好きだった派手ではない模様の大人しい切手なども種類は少ないと思いますが郵便局にはいくつかあります。

控えめな柄、たとえば「葦に流水模様」などの種類などを選ぶ人が多いらしいので、迷ったらそうしたものを選ぶといいと思います。

※喪中ハガキの切手の柄は「胡蝶蘭」が基本と言われていますが「葦に流水模様」なども郵便局では一般的とされています。

※喪中はがきを出すタイミングとマナーについては喪中ハガキはいつ出すか?最適な時期と送るときのマナーをご覧ください。

【あたらしく「喪中見舞い」という習慣が生まれているそうです】

故人にちなんだ柄の切手を選んでみては?

初めからハガキに切手も印刷された「喪中はがき」もあります。こちらのほうが楽と言えば楽かもしれません。

切手が貼られていない喪中ハガキを使う場合は、慎重に切手を選んで感謝を込めて貼りましょう。

この切手選びは各家の宗教(宗派)にも左右されますし、故人の人柄にも影響されますよね。

極端な常識外れの「切手」でなければ、故人にちなんだ柄(デザイン)の切手を選ぶのが良いと思います。

たかが切手ですが、何でもいいという気持ちではなく、お世話になった方々への感謝の気持ちが表れるものですから。

私の場合、喪中はがきを作るとき、多くのお世話になった方々への、お礼と感謝としての意味を込め「切手」選びも慎重になりました。

花の好きだった家族だったので、親しい方やお世話になった方には、亡くなった家族の好きな「大人しい白い花」の柄の切手を選び、今までの感謝を表しました。

-常識・マナー