新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

六月を水無月と呼ぶ由来と意味※京都の和菓子「水無月」の由来も知りたい!

スポンサーリンク
 

六月をなぜ「水無月」と呼ぶか、知っていますか?

6月って梅雨の時期なのに「水が無い月」と表記することに疑問をもちますよね。

今回はこの水無月について疑問をもったので由来などまとめてみました!

また同じ名前が付いた京都の和菓子「水無月」の由来もまとめてみたのでご覧ください!



【水が無い時期?】六月を水無月と呼ぶ由来とは?

田んぼと農家の人々
「水無月」の意味というのは

田んぼに水を引く時期

とされています。

どうして水を引くのに「無」の文字が使われているのか不思議ですよね。

実は、この「無」は「無い」という意味ではありません。

名詞と名詞をつなぐ連帯助詞である「の」の意味なんです。

つまり水無月というのは「水が無い月」ではなく「水の月」ということになります。

パッと見の漢字とは真逆の意味があり、この時期に「田んぼに水を引く」=「水がある月」という様子が由来になっているわけですね。

これは知ってる人がほとんどいない事実ですよね?

【別の説も存在!?】その他いろいろな説

棚田
先ほど紹介した由来は一般的に正しいとされる有力説なのですが、昔に決められたことなので今となっては確証はありません。

そんなわけで水無月の由来というのは他にもいくつかあるんです。

そんな他にも存在する説をご紹介していきます。

【その他の水無月の由来説】

・田植えの大仕事を皆で協力して終わらせたことから「皆尽月」で「みなづき」となった説

・田んぼに水を張ることから「水張り月」で「みなづき」となった説

・暑い真夏の時期に突入し梅雨の時期が終わったことから漢字の意味通り「水が無い月」で「みずなしづき(みなづき)」になった説
(旧暦の6月は現在でいう7月上旬~8月上旬にあたります)

このようにいくつか由来や意味があって正しい由来はハッキリしていないんですよ。

せっかく調べたのにすっきりしない結論です・・・・・(泣)

【京都の定番】6月になると出回る和菓子「水無月」とは?

京都では有名な「水無月」と呼ばれる和菓子があります。

白色のういろうの上に小豆を乗せて三角形に切り分けられた和菓子で、京都ではすごく人気がある商品です。

何故、水無月という名前なのか?この水無月の由来をご紹介していきます。

旧暦では6月1日に氷を口にすると夏バテしないといわれており、室町時代の宮中では氷を取り寄せて夏バテ対策をしていました。

しかし当時の庶民には氷が貴重なもので手に入れることが困難でした。

そこで氷に似せて作られたのが水無月になります。

水無月が三角形にカットされているのは氷がイメージされていて、小豆は悪魔祓いの意味があるそうです。

【美味しそうですが、さすがにこんなに食べられない(笑)】

この水無月を京都では6月30日に食べる風習があります。

6月30日は1年間を前半と後半に分けると前半の終わりの日にあたります。

前半の半年間にあった悪い出来事や身の汚れを取り払い、新しく半年間を過ごそうと祈願される行事が行われていました。

京都ではこの風習を取り入れて6月30日に水無月を食べることで、半年間の悪い出来事や夏バテをしないように願掛けされています。

【まとめ】自分の「陰暦」の由来を知っていますか?

「陰暦」とは1月の睦月(むつき)~12月の師走(しわす)まで1年間で訪れる12カ月のひとつひとつに付けられた呼称のことです。(太陰暦とも呼ばれます)

国語の授業でも習うこの陰暦は日本ぽさを感じることはできますが、昔に命名されたこともあってどういう意味なのか知っている方は少ないかと思います。

私は国語のテストのために名前を覚えるのに必死で由来なんてまったく興味がありませんでしたね(笑)

実は私の誕生月は6月なので今回紹介した水無月なんです(笑)

意味なんてまったく知りませんでしたが、今回まとめてみて由来は田んぼに関係ある月なんだなと勉強になりました!

昔に決められた由来は結構おもしろいので興味がある方はご自分の誕生月の陰暦をチェックしてみてはいかがですか?♪

-