新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

5月病対策部@まず症状チェック⇒原因を探す⇒治し方をレクチャー

新生活が始まり、ゴールデンウィークでちょっと一息つけるかな?という時期になると、「五月病」という言葉をよく聞くようになりますよね?

何となく、環境の変化によって起こるものだったよね?くらいの知識はあっても、それがどんなものなのかを説明しろと言われると、難しいという人も多いはずです。

しかし、誰にでも起こりうることなので、この機会にしっかりと五月病について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク


5月病って何?どんな症状なの?

塞ぎ込む男性
五月病という言葉はよく聞きますが、どんな症状が出るのかなどの細かいことは意外と知らないものです。

五月病というのは、実は正式な病名ではありません。

【五月病とは?】

【症状が現れる時期は?】

5月病の症状としては

・不眠
・疲労
・めまい

などの具体的な体の不調・変調を感じたり

・やる気が出ない
・人と接することが億劫に感じる
・気持ちがふさぎこんでしまう
・不安感
・焦りを感じる
・苛立ちがある

などが一般的な症状です。

この他にも、珍しいところでは

・食欲不振
・胃痛
・動悸
・息苦しさ

などを感じる場合もあります。

五月病は病気ではありませんが、病院で診断を受けると「うつ病」や「適応障害」と診断されることが多いそうです。

5月病チェックテスト

チェックを付ける白衣の人
では、自分が5月病かもしれないと思った時に、どのような方法で診断をすればいいのでしょうか?

5月病の可能性を診断するには、「5月病チェックテスト」を利用するのがおすすめです。

もしこれで4~6個当てはまる項目があった人は、軽い抑うつ状態、もしくはストレスを抱えている可能性があります。

7個以上当てはまる方は、5月病の可能性が大いに考えられますので、一度医療機関を受診してみてください。

【5月病チェックテスト】

* 他人と会うのが面倒くさい。ドタキャンを繰り返してしまう。

* 服装に気を使うのが面倒になった。身だしなみを気を使わず出かける事も多い。

* ネガティブな考え方をしてしまう。クヨクヨと悩み続ける。

* 寝付けない。目が覚めても起き上がれない。睡眠不足が続いている。

* 通勤通学をする前後や最中に動悸や腹痛、吐き気など、体調が悪くなる。

* 何をやるにもやる気が出ず、好きだった趣味をやるのもおっくうだ。

* 朝になると仕事や学校に行きたくなくなり、遅刻や欠勤が増える。

* 「おはよう」「ありがとう」など、以前は当たり前に言っていた言葉を言い忘れる。

* 仕事のミスが増える。仕事の効率が落ちてしまう。

* いつも読んでいる雑誌やテレビ番組を見たくなくなった。

* 頻繁に頭痛や肩こり、吐き気などが起こるようになった。

* イライラしたり焦ったりするようになった。

いかがですか?7個以上当てはまったら5月病かもしれません。

【疲れたらちょっと可愛いワンコの動画を見て癒やされませんか?】

5月病だと分かったら?原因と正しい治し方!

アロマキャンドルを浮かべた風呂
先程も書きましたが、5月病だと分かったら、医療機関を受診するのが一番です。

「何となくやる気が出ない」・「体がだるい」・「行きたくない」という気持ちだけを見ると、自分自身でも「怠けている」・「心が弱い」と思いがちですが、そうではありません。

5月病になるまでには、ストレスや疲れを溜め込んでいたり、環境に馴染めなかったり、人間関係が上手く作れないなど、心に大きな負担を与え続けている場合がほとんどです。

特に、仕事や学校に対するやる気のある人が、環境に馴染めない場合は、より5月病になりやすいと言われています。

つまり、頑張っているからこそ、5月病になってしまう人がたくさんいるんです。

だからこそ、自分を責めたり、失望することはせず、医師の診断を受けて、適切な治療をうけてください。

それと並行して、自分でできる5月病の原因となる「ストレス」の解消法を行うと、より効果的だと思います。

【5月病を治すために心がけたいこと】

* 軽い運動を行う

* 睡眠時間を普段よりも1~2時間多く取る

* ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かって、リラックスする

* アロマやお香など、リラックス効果のある香りを使ってみる

* 暗いニュースが多いネットやニュース番組は見ないようにする

* 可能ならば、友人や先輩、家族などに話を聞いて貰う

* 規則正しい生活を送る。特に睡眠は毎日同じ時間に寝起きするようにする。

一つ一つを見ると意外と簡単なものばかりです。

一気にしようとすると長続きしないので、できる事から徐々に試していってみてください(^-^)

【まとめ】立派な病気だから一人で抱え込まない!

五月病は正式な病名ではありませんし、周りから見れば怠けている、やる気がないと捉えられがちですが、そんなことはありませんよね?

先程も書きましたが、五月病になりやすい人は、真面目な人や几帳面な人、周りに気を使いすぎる人など、頑張りすぎてしまうタイプの人が多いんです。

もし、体の不調や、精神的な変化を感じたら、「これくらいで・・・」と思わずに、すぐに医療機関へ相談をするようにしましょう!

早期の受診で、重症化することを防げますし、何よりも苦しむ時間を減らすことができます。

受診まではしたくないという人も、今の状況を一人で抱え込まずに、医師に相談したり、家族・友人に相談をしてみてくださいね!

あなたの周りにも、必ず分かってくれる人がいるはずですよ(^-^)

-健康