新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

十和田湖湖水まつり2017年の日程:混雑具合と遊覧船のスケジュール

先日、姪っ子から久しぶりのメールが届きました。

なんと結婚して青森県に引っ越すのだとか。

「国立公園の十和田湖に近いところです。こっちに来ることがあったら、ぜひ寄ってください」

温泉やスノーボードで東北方面には度々遊びに行きますが、まだ十和田湖には行ったことがありません。

「もうすぐ夏なので、十和田湖湖水まつりもありますから」

何?、そんなお祭りがあるの?これは是非遊びに行かなくては!

正直、寒いのは苦手だから冬の季節に行くのは嫌だけど、夏ならちょうど季節的に絶好の時期でしょう。

そこで夏の十和田湖湖水まつりはどんなものなのか、予習しておきます♪

スポンサーリンク


2017年の十和田湖湖水まつりはいつ?

十和田湖
では、まず2017年の開催日程と時間を調べて見ました。

この『十和田湖湖水まつり』は、夏の訪れを告げる十和田湖三大祭りの一つで、

毎年7月の第3土曜日・第3日曜日

の2日間に渡って開催されます。

で、2017年のくわしい日時がこちら。

もう50回以上続いている、この歴史あるお祭りには毎年3万人前後が来場します。

お祭りでは、よさこい、フリーマーケット、花火などのイベントがいろいろあって、お子さんから大人まで楽しめます。

混雑は花火に向けて!交通規制には早めの行動がオススメ

夕暮れ時の渋滞
さて、いろいろイベントが行われる十和田湖湖水まつりですが、やはりメインは花火!

なので、花火の始まる時間に合わせ夕方頃から渋滞が始まります。

気になる駐車場ですが、台数的にはそれほど余裕がありません。

【十和田湖湖水まつりの会場にある駐車場】

混雑しだすと、花火の会場である休屋に着いても、駐車スペースを探して1時間もうろつくはめになったり、花火開始の時間ぎりぎりには空きがなくなってしまったり、ということもあります。

また、例年19:30ぐらいから会場周辺の交通規制が始まりますので、そちらの時間にもご注意ください。

せっかくなので、早めに来て、お祭りの他のイベントを楽しんで花火を待つのも良いですね。

帰りの道路状況は、花火大会が終わって1時間くらいは大渋滞するようですが、22時を過ぎると車の動きも良くなります。

花火とか夜景ってスマホの動画だと上手く撮れませんよね?そんなときはやっぱり専用のビデオカメラの出番です♪

いまって3万以下で買えてしまうんです。スマホより安いってどういうこと?(^_^;)

花火が見られる特別遊覧船のスケジュール

十和田湖の遊覧船
さて、メインイベントの花火の開催は、もし雨が降ったらどうなるか気になる所ですが、

小雨なら決行(荒天なら順延)

です。

※順延は花火のみ。イベントは開催されます。

スターマインや水中花火など迫力満点の花火を楽しめます。

十和田湖ならではのお勧めは、なんといっても遊覧船からの眺めです。

通常は夕方までの運航ですが(コース毎に時刻表が異なりますので要確認!)、花火のときには特別に花火遊覧船が出ます。

【花火遊覧船のスケジュール】

※定員になり次第、出航します。

現時点で2017年の遊覧船の料金・時間は詳細未定です。

【遊覧船から眺める花火はこんな感じですよ】

夕方から乙女の像がライトアップされますが、ここは花火をゆっくり見る隠れスポットですよ。

花火を見に行くときに是非持って行ってほしいのは上着

十和田湖は夜になると気温がぐっと下がることがあります。

一枚羽織る物があると安心ですね。

花火の真横は果てしなく遠い!

「花火を真横から見てみたい」小学校の3年のときふと思い立ったわたしは、花火を横から見ようとひたすら道を歩き始めました。

え、どういう意味?あなたのその疑問、そっくりそのまま一つ下の弟から言われました。

「お姉ちゃんは花火が線になる瞬間を見たいの!」

「でも、花火はどこから見ても丸だよ?」

まだ2年生の弟のボキャブラリーでは、わたしに間違いを説明することができません。

30分歩き続けた後、横に到達することはできないと判断したわたしは家に帰り、あきれ顔の母からボールを使って説明してもらいました。

花火の玉は球体なので360度どこから見てみても「丸い」のは当たり前なんですね(汗)

でもそんな簡単なことを納得できたのは、それから何年も経ってから。

花火を見るたび、花火の真横を目指して歩いたあの時のことが、懐かしく思い出してしまう私でした。

-イベント