新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

鞍馬の火祭り2017【日程と時間】混雑具合は?宿泊場所は?

京都三大祭をご存知ですか?

そうです!葵祭、祇園祭、時代祭です(*^_^*)

私は京都に住んでいたことがあるのですが、このお祭のときはいつも以上に観光客が増え…交通渋滞…。

では!京都三大奇祭をご存知ですか??

今回ご紹介するお祭は「京都三大奇祭」の1つで、とても有名なお祭です。

それが「鞍馬の火祭り」です!

同じく京都のお祭ですが、聞きなれませんか?

今回は京都の秋の風物詩ともされている、鞍馬の火祭りを徹底的にご紹介します!

日程やスケジュールはじめ、京都の祭定番ともいえる混雑状況などもまとめました。

おすすめの宿泊場所もあるので、ぜひチェックして京都旅行を楽しんでください!

スポンサーリンク


2017年の鞍馬の火祭りはいつ?

松明
鞍馬の火祭りの日程、時間、場所をご紹介します(^O^)

アクセス方法は、のちほど詳しくまとめてありますのでご参照くださいね。

■2017年の鞍馬の火祭りの日程

【日程】2017年10月22日(日)
【時間】18:00ごろから
【場所】由岐神社(京都市左京区鞍馬本町1073)
 
 
■主なスケジュール

・10月22日の9:00ごろから、由岐神社で祭事が始まります。

・18:00ごろから、それぞれの家にかがり火がたかれ、子供が小さい松明とともに練り歩き、つづいて大人が大きな松明を持ち練り歩く。

・20:00ごろ、松明が石段(山門前)に集まる。←ここを見逃さないようにしたいですね(^O^)
※神輿がおろされ、チョッペンの儀(男性の成人の儀式)がおこなわれる。

・0:00ごろ、神楽の奉納と境内を神楽松明がまわる。

・2:00ごろに、還幸祭がおこなわれ、祭事が終わる。

奇祭っていうけど、どこらへんが変わってるの?

京都の奇祭としても知られている、鞍馬の火祭りですが、始まりは平安末期といわれています。

鞍馬の世情不安を鎮めるために当時の天皇(朱雀天皇)の命によって京都御所から由岐明神が還されたのが始まりと言われています。

鞍馬に住まう人たちは、その時の「約1キロ」にもおよんだ行列に感激し、儀式として今でも守られています。

この動画で分かるように巨大な松明が何個も掲げられる様は壮観ですし、ほかでは見られない光景です。

大人だけではなく、子供も松明を持つことからも珍しい祭りといえるでしょう。

鞍馬の火祭りって、やっぱり混雑する?

結論からお伝えします…混みます!!!

京都のお祭を経験された方なら、ご想像いただくのも難しくないですよね(-_-;)

どこからこんなに人が?!という状態になります…。

天候にも若干左右されるでしょうが、鞍馬の火祭りは悪天候が少ないようで…覚悟していってください(汗)

また、鞍馬は道も狭いうえに、火祭りの名の通り「火」がメインのお祭です。

ケガなどをさけるためにも、おしゃれさよりも動きやすさを重視した服装にしましょう!

アクセス情報、駐車場についてご紹介!

鞍馬の火祭りへの最寄り駅は一つです。

交通規制もありますので、余裕を持って出かけましょう!

【アクセス情報】

叡山電鉄の鞍馬駅で下車し、約400メートルほどで由岐神社に到着

【駐車場・交通規制】

駐車場は「ない」です。

叡山電鉄の出町柳駅(鞍馬駅まで約30分)周辺に車をとめてくるか、はじめから公共交通機関を利用した方がいいです。

10月22日の15:00ごろから深夜まで、鞍馬街道の約2キロが通行止めになります。

詳細は京都府警察のホームページをご確認ください!!

ここがおすすめ!厳選した宿泊場所を紹介します

鞍馬の火祭りは、有名なイベントです!

宿泊予約はお早めに(^O^)

【くらま温泉】

鞍馬駅から無料シャトルバスが運行しています。※火祭り当日については、宿にご確認ください。

住所:京都市左京区鞍馬本町520

電話:075-741-2131
 
 
【貴船口駅周辺の宿】

叡山電鉄の貴船口駅は、鞍馬駅最寄りの駅です。

何軒か宿泊施設があるのでチェックしてみてくださいね!

1
アピカルイン京都
レビュー(336)
料金:3,672円~
2
京都“元祖川床”発祥の老舗料理旅館 貴船ふじや
レビュー(58)
料金:19,440円~
3
京・貴船 ひろや
レビュー(0)
料金:33,000円~

楽天ウェブサービスセンター

 
【京都市内の宿】

叡山電鉄鞍馬線は、鞍馬⇔出町柳間を運行しています。

京都市内は多くの宿があるので、選択肢が広がります!

ただし、10月22日は時代祭(京都三大祭)と同じ日程なので、早めの予約がかかせません(-_-;)

京都三大奇祭って何?

京都三大奇祭のうち、鞍馬の火祭り以外の残り2つをご紹介します。

伝統的な文化を、末永く続けていけるようにしたいものですね。

【今宮やすらい祭】

花笠と鬼の行列が印象的なお祭です。

国指定の重要無形民俗文化財です。

日程:4月第2日曜

問い合わせ:今宮神社
 
 
【太秦の牛祭】

牛にまたがったまだら神と、四天王が松明を持ち歩きます。

寺院なのに、祭があることも珍しいです。

日程:10月(現在は諸事情により未定)

問い合わせ:広隆寺

歴史を知って、お祭を存分に!!

小さい時には「お祭」という雰囲気が楽しくて、いつもと違う活気にウキウキしたものでした。

最近では、そのお祭がどういった経緯でおこなわれるようになったのか、などを知ることにも楽しみを見出せるようになってきました。

京都のお祭は特に混雑することが多いですが、伝統や文化にふれられるいい機会なので、どうぞお出かけくださいね!

鞍馬周辺は、火祭り以外の観光にも最適です。

紅葉なども素晴らしいですよ(^O^)

みなさまの観光が、いい思い出になりますように!

-イベント