新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

柚子湯のやり方※柚子はいつ入れる?赤ちゃんは入れて平気?

スポンサーリンク
 

寒くなってくると、一日の終わりに温かいお風呂に入ってリラックスする時間がほっとしますよね!

先日、友人に柚子をたくさん貰ったんですが、柚子湯にするといいよと教えてくれました。

でも柚子湯なんてしたことないし…、赤ちゃんがいるけどお風呂に入ってもいいのかな?ということで、今回は、柚子湯のやり方と、赤ちゃんは入れても平気なのかについて調べてみました!



柚子湯の基本的なやり方

大まかに言うと、【丸ごとお風呂に入れる】、【カットしてそのままお風呂に入れる】、【カットして袋に入れてからお風呂に入れる】方法があります。

ではそれぞれ詳しく説明していきますね!

1.丸ごとお風呂へ入れる
丸ごとお風呂へ入れる際ですが、1個や2個しか入れないとそれほど香りを感じられません。多めにお湯に浮かべると柚子の香りをより楽しむことができます!
2.カットしてそのままお風呂へ入れる
輪切りにしたり、半分にカットしてお風呂へ入れると、柚子の果汁がお湯に広がるので、香りもよく柚子の成分をより引き出すことができます。ただ、だんだん形が崩れてしまい、果肉や種でお湯が濁ったり浴槽に張り付くので、後片付けはちょっと大変かもしれません。
3.カットして袋に入れてからお風呂へ入れる
ハンカチやガーゼなどで袋を作り、輪切りや半分にカットした柚子を入れてからお風呂へ入れます。

3番目のカットして袋に入れる方法がもっとも一般的ですね(我が家でもそうしています)。

柚子の鮮やかな黄色が見えないのは残念ですが、カットしてそのまま浮かべるより香りも成分もお湯に溶け出しますし、お湯がきれいなまま柚子湯を楽しめます。

袋は、ストッキングを切ったり、洗濯ネットや、キッチンの三角コーナーのネット等を使うと手軽にできて便利です。

柚子と手ぬぐいと風呂桶

さらにもうひと手間!

この基本的な3つの方法の他に、もうひと手間で柚子湯を楽しむ方法を幾つかあげておきますね!

・丸ごと入れるとき、包丁で皮をいくつか削いでおく。

・少し切り込みを入れてから、丸ごと入れる。

・皮だけを入れる。

・果汁を搾って入れる。

・半分や輪切りにしたあと、熱湯でよく蒸らして温めてからお風呂へ入れる。

などがありますので、ぜひお好みで試してみてください!

【この温泉ではネットに入れて浮かべていますね】


大量に入れると壮観です☆

※この柚子湯にどんな効果や効能があるかについては、柚子湯の効能・効果:肌がピリピリしたり痒みは大丈夫?を読んでみてください。

赤ちゃんは柚子湯に入っても大丈夫なの?

柚子の皮には、良い香りのする精油の成分であるリモネンが含まれていますが、赤ちゃんが大人と同じ柚子湯に入ると、皮膚のバリア機能を壊してしまい、肌を痛めてしまう心配があります。

赤ちゃんの肌は大人の肌より皮膚が薄いため、柔らかくとてもデリケートなんです。

個人差はありますが、柚子の成分が刺激になって湿疹や痒み、時には痛みが出てしまうこともあるので、気をつけてあげてください。

柚子を切ってしまうと精油の成分が溶け出してしまうので、必ず丸ごと使ってください。また、皮に農薬が付着していることもあるので、しっかり洗ってから使用しましょう。

肌に負担のかからない方法としては、赤ちゃんがお風呂で十分身体が温まってから最後に柚子をお湯に浮かべて、柚子湯に入る時間を短くするのがベストです!

一番安心なのは、風呂のお湯には柚子は入れず、洗面器等にお湯を張ってアロマオイルのように、柚子を浮かべる方法です。こうすると、香りだけを赤ちゃんと楽しむことができるのでおすすめです!

おうちで温泉気分を味わって

赤ちゃんがいるご家庭では、温泉に行きたくてもなかなか行けなかったりしますよね。

市販の入浴剤で温泉気分を味わうのもいいですが、自然のものを使ってゆっくりお風呂に入ると、やっぱりほっとできる気がします。

【鍋物にちょっと入れると美味しい柚子胡椒】

一人で入るときはもちろん、赤ちゃんのいるご家庭でも、柚子の自然の香りを味わいながら、この季節だけの特別なお風呂で、リラックスタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

-風習・習慣