新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

ハイボールのカロリー(ジョッキ一杯分)をビールと比較してみた!

スポンサーリンク
 

居酒屋で最初の一杯は何を頼みますか?

「とりあえずビール」かと思いきや、最近は「ハイボール!」という人が増えている気がします。

先日の飲み会で、ビール党と思い込んでいた友人がハイボールを注文しているのを見て

「いつからハイボール党に変わったの?」

と聞いたら

「ハイボールはビールのカロリー3分の1って聞いてから」

とのこと。

「本当?」と興味を持った声が男女関係なくあがり、ハイボールのカロリーの真実を調査することになったんです!

ここでは、ハイボールの居酒屋のジョッキ1杯と缶とのカロリー比較や、ビールとの比較を通して、ダイエットにふさわしいのかどうかまで教えちゃいます。



ハイボールのカロリー【居酒屋のジョッキ1杯分】

ジョッキのハイボール
まず居酒屋のジョッキ1杯(380ml)のハイボールのカロリーからチェックしていきます。

居酒屋でハイボールを頼んだときに出てくるジョッキ一杯の中身の内訳は、ウイスキーが30~45ml、あとは炭酸水と氷です。

この炭酸水はプレーンでレモンなどは入れないと仮定します。

ジョッキには氷をがっちり詰めますので、液体は約180mlと想定します。

するとジョッキ一杯分のカロリーは

【居酒屋ジョッキ1杯(380ml)のカロリー】

約75kcal~110kcalです。

約100kcalぐらいと思っていれば良いでしょう。

缶のハイボールのカロリーはどれくらい?


次に各社から販売されている缶のハイボールのカロリーを調べてみました。

合わせてハイボールに含まれる糖質もチエックしていきましょう。

ウイスキーはもちろん、バーボンや焼酎のハイボールも含めて一覧にしたのがこちら。

【ハイボール缶(350ml)のカロリー】

■サントリー「角ハイボール缶(7%)」→171.5kcal

■サントリー「角ハイボール缶 贅沢レモン(5%)」→140kcal

■トリス「ハイボール缶(7%)」 →175kcal    ※糖質3.5g未満

■ジムビーム「ハイボール缶(7%)」→171.5kcal ※糖質5.25g未満

■ジムビーム「シトラスハイボール缶(6%)」→154kcal ※糖質 約6.1g

■タカラ「焼酎ハイボール ドライ・レモン・グレープフルーツ(7%)」→147kcal

以上の結果から、居酒屋のジョッキ1杯と1缶で比べると居酒屋のカロリーの方が少ないと言えます。

但し、ジョッキは氷の分量が多いので、当然といえば当然の結果です。

ビールのカロリーと、ハイボールを比較してみた

ジョッキのビール
では、ビールのカロリーと糖質はどれくらいでしょうか?

【ビール(350ml換算)のカロリー】

■キリン「ラガービール」→147kcal ※糖質11.2g

■サントリー「モルツ」 →164.5kcal ※糖質13.3g

■アサヒ「スーパードライ」→147kcal ※糖質10.5g

■サッポロ「生ビール黒ラベル」→140kcal ※糖質10.1g

350mlで比較するとビールは大体150kcal前後になることがわかります。

つまりハイボールとビールのカロリーを比較すると、ややもすればビールの方のカロリーが低いということになります。

ハイボールがビールのカロリーの3分の1というのは間違えった情報だったわけです。

実は、今回の調査でハイボールのカロリーが50kcalくらいと書かれているサイトがかなりありました。

メーカーの商品情報は100mlで表示されているのですが、誰かがそれを1本分と勘違いして誤った情報が拡散したようですね。

それでは、ハイボールの方が太りやすいということなのでしょうか?

ハイボールはダイエットに向いている!?

体重計に載る女性
実は、太る原因はカロリーよりも「糖質にある」と言われています。

ここで上にあげたハイボールとビールの糖質をもう一度見てください。

ハイボールは糖質が「ゼロ」の商品が多く、最も糖質が多い商品でも約6gしかなく、ビールの約半分なんです!!

理由は、ハイボールに使われているウイスキーや焼酎は「蒸留酒」で、糖質・脂質はなのに対し、ビールは「発酵酒」で、使用原料の糖質・脂質が全て積み重なり、カロリーの3分の1が糖質になります。

つまり、ビール1本でハイボール2本飲んだことになるんですね。

結論としてハイボールの方がダイエットに向いていると言えます。

お酒を飲むときはおつまみを工夫して!

ここまでの調査から、同じ量を飲むならハイボールの方が太らないとわかりました。

でもお酒を飲んで太る原因は、アルコールだけでなくおつまみ飲み方にもあるそうです。

お酒で食欲がすすんだり自制できなかったりするのに加え、夜飲むとカロリーが消化されずに蓄積されてしまいます。

ですから、カロリーが低く塩分控えめ(濃いと食欲がすすみます)の、サラダや豆腐などのおつまみや、お酒を飲んだ後に水やウーロン茶などで水分補給をすると良いのだとか。

友人の一人は飲み会の帰りにいつもヘルシアウォーターを買って飲んでいますが、彼女は賢い!と改めて感心しました~。

これって薄いグレープフルーツ味で飲みやすいし、カロリーも1本(500ml)で17kcalしかないから、いいんですよね。

-フード・ドリンク