新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

ハロウィンが嫌いな理由【日本人にはなじまない?】仮装やかぼちゃが嫌い!

スポンサーリンク
 

2016/07/19

日本にはあまり馴染みのなかったハロウィンですが、ここ最近では、徐々に浸透してきている様子も見られます。

特に子どもの間では、クリスマス前にあるイベントと言うことで、保育園や小学校でもちょっとした催しをしたり、友達同士でパーティーを開いたりすることも少なくありません。

けれど、いまだにハロウィンに馴染みが無く、そういった賑やかなイベントは好きではないと言う、昔からの日本人も世の中にはいるものです。

他にも、ハロウィンなどはあまり興味が無いと言う人には、こんな理由もあるようです。



仮装しないと参加出来ないようなパーティーには行きたくないっ!

大学や専門学校など、若い人が集まるようなところでは、仲の良い友人同士でハロウィンパーティーを開いたりするような場合もあります

この際に、仮装することが参加条件となり、絶対に仮装しないとダメなどとルールを作られてしまうと、やはり面倒なものでもあります。

そのため、いちいち仮装衣装などを買わない、作らないといけなくなったりして、出費が掛かってしまうこともあり、苦学生やあまり収入が無いような人では、負担になってしまうこともあります。

子どもが集まってパーティーを開くと準備が面倒くさいっ!

また、学生以外でも、保育園や幼稚園など、仲の良い子ども同士が集まって、家でハロウィンパーティーをする機会も少なくありません。

子どものパーティーとは言え、ケーキや手巻きずしなど、ちょっとした食事を用意しないといけない場合もあり、招いた家のお母さんも、準備が厄介だと思うこともあるでしょう。(それもハロウィンにちなんだ料理だとなおさら面倒ですよね・・・・)

子どもの数が多いほど、用意するものも多くなりますし、ハロウィンと言うことで、子ども同士でも仮装をするかも知れません。

ハロウィンのカボチャ

そうなると、食事以外にも、仮装代が掛かったり、準備に時間を割いたりしますので、働いているお母さんなどの場合には、せっかくの休日がつぶれてしまう・・・なんて悩みもあるようです。

ハロウィンだからと言って食事にカボチャばかり使われるが嫌だっ!

これら以外にも、ハロウィンが苦手、あまり興味ないと言う人の中には、カボチャが嫌いで、食べたくないと言う理由もあります。

特に男性の場合は、カボチャやサツマイモなどの甘い野菜が嫌いな人もいるようです。

そのため、カボチャでジャックオーランタンなどを作ると、中身が勿体ないと言うことで、カボチャの料理がしばらくは続き、カボチャをみるのも嫌になると言うケースも少なくありません。

そのため、ハロウィンパーティーなんかやめてくれ~と言う人もいるようです。

年齢的に馴染めないっ!!!

私の場合、年齢的に小さいころにはハロウィンがなかったので、いまいち馴染めません。だから嫌いなのかも?

なんか抵抗あるんですよね・・・・・ああいうコスプレみたいな格好をするのも恥ずかしいし、だいたい似合わないし。

今の小さい子供はまだ小さいうちからすでにハロウィンがあるから、大人になっても抵抗なくパーティーを開いたりするんでしょうね。(^_^;)

-イベント