新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

金木犀の花言葉※香りからは想像できない意外な秘密とは?

「金木犀(きんもくせい)」の花は、小ぶりながらも香りは強いですね?

香りは知っていても、花の名は知らない。花の名は知っていても香りと一致しない方もいるのでは?

秋に咲くオレンジ色の強い香りの小柄な花を見たら、それが金木犀です!

昔からトイレの芳香剤に金木犀の香りが使われる事が多いので、あの匂いをかいだら「=トイレの匂い」を連想する人もいるかもしれません(^_^;)

そんな金木犀ですが、花言葉は意外にも素晴らしい意味をもつものばかりなんです。

金木犀の花言葉や、香りからは想像できない意外な秘密を知ってください。

スポンサーリンク


金木犀の花言葉は?

それではさっそく金木犀の花言葉から紹介していきます。

・謙虚・謙遜  
印象的な強い香りを持ちつつ、反面で小さくつつましい様子からとされています。

・気高い人   
9月の季節の変わり目の秋雨の中、全ての花を潔く散らすことからが由来とされています。     

・陶酔     
強い香りから、一瞬どこにいるかを忘れてしまう程の香りを放つことからとされています。

・初恋     
一瞬のことのようなのに、いつまでも記憶に残ることからとされています。

真実や真実の愛という花言葉もあるとのことですが、素敵ですね(*^-^*)

金木犀の花

金木犀の香りの意外な効果とは?

金木犀の香りには意外な効果があるんです。

あの強い香りは、虫たちが寄せつけそうですが、実は

虫に対する忌避効果(きひこうか)

があるのです!(「忌避」とは、嫌って避けることの意味です)

なかでもアブラムシ、モンシロチョウ、ダニ類、コナジラミなどを寄せ付けないことで知られます。

金木犀の香りに含まれるγ-Decalactone(ガンマー-デカラクトン)という成分が、寄せ付けない効果があるとのことです。

ただ、不思議とハナアブだけは、寄ってくるのです。ハナアブだけ好かれているのですね(^^;

香りからは連想できない意外な秘密とは?

金木犀の香りには、その可憐な香りからは連想できない意外な秘密があるんです。

それが食欲を抑える効果なんです!

実際に金木犀の香りをかがせて実験すると食事の量が減り、ダイエット効果が得られたとのことです。

金木犀の香りには、脳内で食欲を増進させる「オレキシン」分泌を抑える効果があるのでダイエットに繋がるそうです。

姿や香りからは、ダイエット効果があるとはまったく想像が出来ませんよね?

最近は金木犀の木が減りました

金木犀の香りがアロマや芳香剤に使われることが多いのは、リラックス効果があるからではないでしょうか(^^)

最近では少なくなっていますが、公園や道路のわきにはよく金木犀の花がありました。また、昔はよくあった芳香剤でも今ではそんなに種類はないようです。

【サワデーはいまでもキンモクセイの香りがあります】

9月に主に咲く花ですが、10月初めに見られることもあります!

見かけたら、その花の香りを楽しんでみて、リラックスしてみませんか?

そして、小さな花だからこそ強い香り、つまり小さな姿でも大きな「真実の愛」なのかもしれませんね(*^-^*)

-自然・科学