新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

初詣の意味と由来【子供でも分かる】神社に行く理由とは?

スポンサーリンク
 

家族みんなで新年のご挨拶を済ませて、おせち料理を食べた後に初詣にいくという人は多いのではないでしょうか?

または普段は夜更かしして怒られるのに、除夜の鐘を聞いてから、両親に夜明け前から初詣に連れて行ってもらってドキドキした記憶がある人もいらっしゃるかもしれませんね☆

初詣。毎年行っているから…と何気なく足を運びますが、この風習っていつから始まったものなのでしょうか?

今回はこの初詣の意味と由来についてお子様にも分かりやすく説明していきたいと思います☆



初詣ってなに?いつから行くようになったの?お寺か神社、どっち?

初詣の起源は「年籠り(としごもり)」と言う古い行事です。

「年籠り」とは、一族の長(おさ)が大晦日の夜から、元旦の朝まで、その地域の神様が祀られている神社やお寺に籠り、一族の繁栄を願うという行事です。

この行事は平安時代の文献にも残っているほど歴史のある行事で、昔は大晦日の夜に参拝する「除夜詣」と元旦に参拝する「初詣」の二つに分かれていたんですよ。

このように初詣という行事自体はかなり古くから行われていたんですが、その初詣はその土地の神様である氏神様にお参りするというシンプルな行事でした。

また初詣と言えば神社でしょ、と思われがちですがその人が信仰しているものによって変わるんですよ。

信仰しているものが

・神様なら神社へ
・仏様ならお寺

を参拝するんです。

特に信仰している宗教が無いのであれば、どちらに初詣に行っても問題ないんです☆

初詣の参拝者と神社

私達の初詣は似ているようでちょっと違います

初詣といえば、大きな有名な神社やお寺に出向いてお参りをして、出店で遊んで…というイメージですね〜

実は私達がイメージしている初詣という行事は明治時代以降からの行事なんです。

ちょうど明治時代は日本に鉄道が普及しだしたころです。

鉄道にたくさん乗ってもらおう!という鉄道会社のキャンペーンの一貫で初詣という行事を取り上げたことで一般の人々に浸透したそうなんですよ!

もちろん、昔ながらのその地域の氏神様を参る初詣をされている方もいらっしゃいますが、その初詣と大きな神社に出向く初詣は少し意味合いが違うんですね。

※初詣に行くタイミングについては初詣はいつまで行けばいい?「何時まで」と時間も決まりがある?を御覧ください。

【珍しい沖縄県阿嘉島の水中初詣】

初詣といえば…お賽銭とおみくじのあれこれ

ちなみに初詣に欠かせないお賽銭とおみくじの豆知識を…

■お賽銭
よく力一杯お金を投げ込んでいる人を見かけますが、神様に「お供え」する気持ちで投げ込んでくださいね。
ちなみにお札を入れる際は新札を白い封筒(裏に住所を記入して)に入れて投げ入れることがマナーです。

ご縁がたくさんあるように、5円玉を入れることが多いですが、これにも意味があるんですよ。

・5円玉×2枚→重ね重ねご縁がありますように
・5円玉×3枚→十分ご縁がありますように

などなど!

ちなみに10円玉は「遠縁」といわれ、縁から遠ざかるため避けた方がいいそうですよ。

■おみくじ
おみくじは引いたその瞬間から1週間ほどの運勢を記しているそうです。
ですので凶を引いても落ち込まないでくださいね☆必ず運気UPするという兆しですから!

ちなみに

大吉→吉→中吉→小吉→末吉→凶

の順番で吉凶を占います。

初詣の意味と由来の簡単まとめ☆

・初詣の起源は平安時代ごろから続く「年籠り」という行事から
・一般に広がったのは明治時代の鉄道会社のキャンペーン
・お賽銭は丁寧に投げ入れる
・おみくじの運勢の効力は1週間ほど

毎年恒例の初詣。

意味が分かれば初詣に行くときの気持ちも変わってくるのではないでしょうか?

次の初詣では意味を思い出しながらお参りしてみてくださいね☆

-年中行事